医療・介護・医薬品に関するニュースまとめ一覧

前田道路が救急車の長距離搬送支援/スマホで路面状態監視、北海道で実証実験開始 画像
IT業務効率

前田道路が救急車の長距離搬送支援/スマホで路面状態監視、北海道で実証実験開始

 前田道路は、救急車の緊急搬送を支援する道路舗装の管理手法を構築する。救急車に搭載したスマートフォンで走行路面の状態を常時監視するモニタリングシステムを開発。円滑な搬送を阻害する箇所を特定し、路面の平たん性を確保する補修 […]

練馬光が丘病院移転改築/整備・運営は地域医療振興協会に 画像
インバウンド・地域活性

練馬光が丘病院移転改築/整備・運営は地域医療振興協会に

 東京・練馬区は、区が土地・建物を所有する「練馬光が丘病院」の移転改築事業で、新病院の整備・運営を現病院を運営している地域医療振興協会(東京都千代田区、高久史麿会長)に任せる方針を固めた。区と同協会は病院の体制強化と老朽 […]

八戸市立市民病院、緩和ケア病棟新築/在宅療養の後方支援に 画像
インバウンド・地域活性

八戸市立市民病院、緩和ケア病棟新築/在宅療養の後方支援に

 青森県の八戸市立市民病院は「緩和ケア病棟新築実施設計業務委託」の指名競争入札を実施した結果、5500万円で久米設計の落札を決めた。入札には5者が参加した。基本設計も同者が担当した。  建設地は八戸市田向毘沙門平1の現病 […]

熊谷組が屋内での自立歩行支援介護ロボットを開発 画像
IT業務効率

熊谷組が屋内での自立歩行支援介護ロボットを開発

 熊谷組は26日、屋内での自立歩行を支援する介護ロボットを開発したと発表した。車いすと同程度の幅(61センチ)のコンパクトな歩行器で、使用者の全体重を支え、転倒の心配がなく安心して歩くことができる。電動アシストで、立った […]

近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進 画像
インバウンド・地域活性

近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

 近畿大学が大阪府大阪狭山市の医学部と付属病院を堺市南区三原台1に移転する計画で、設計者を久米設計に決め基本設計を進めていることが明らかになった。新キャンパスの面積は約11・8ヘクタールで、大阪府と堺市は府営三原台第1住 […]

医療現場で活用されるVR、その最先端/国際モダンホスピタルショウ 画像
イベント

医療現場で活用されるVR、その最先端/国際モダンホスピタルショウ

「国際モダンホスピタルショウ2017」におけるセミナー解説、今回は『医療現場の意識改革をもたらすVRモバイルワークステーションとYOGA BOOK』(国際医療福祉大学大学院 杉本真樹氏)より、医療現場で今どのようにVRが活用されているかについての要約をお届けする

2018年の診療報酬改定、生き残りのカギはICT活用/国際モダンホスピタルショウ 画像
IT業務効率

2018年の診療報酬改定、生き残りのカギはICT活用/国際モダンホスピタルショウ

病院をはじめ、保健・医療・福祉分野における最新の機器、製品、システム、サービスなどを展示する最大級のイベント「国際モダンホスピタルショウ2017」。特にIT・ICTの利用で効率的な業務遂行を可能にする施策について2回に分けて関連するセミナーを紹介する。

「鳥取だから」できた医療シミュレーターロボット/テムザック技術研究所 画像
イベント

「鳥取だから」できた医療シミュレーターロボット/テムザック技術研究所

医療機器展示会「MEDTEC Japan 2017」で、ひときわ異彩を放っていたブースがあった。医療サポートシミュレーターロボット「mikoto」を展示していたテムザック技術研究所だ。この「mikoto」製作には、産学連携、地域創生など、さまざまなプロジェクトが関わっていた

~MEDTEC Japan 2017:1~ロボットから「見える手術室」まで 画像
イベント

~MEDTEC Japan 2017:1~ロボットから「見える手術室」まで

医療機器の製造・設計に関するアジア最大級の展示会・セミナー「MEDTEC Japan 2017」が、4月19~21日、東京江東区の東京ビッグサイトで開催された。医療補助ロボットや「スマート治療室」など、最先端の医療関連器具が展示され、医療現場のハイテク化の一端をうかがわせた。

~あたらしい訪問型ビジネス:4~いつもと同じ環境の中での“アイケア” 画像
制度・ビジネスチャンス

~あたらしい訪問型ビジネス:4~いつもと同じ環境の中での“アイケア”

かつては「メガネチェーン御三家」として順調に成長を遂げてきたメガネスーパー。しかし安売り店との競合に競り負け、創業以来の危機に陥ってしまう。そんな逆風のなか、2016年には9年ぶりに黒字化を達成。このV字回復の秘訣のひとつが「訪問販売」であるという。

東京女子医大の足立区移転、高度医療提供できる施設へ 画像
インバウンド・地域活性

東京女子医大の足立区移転、高度医療提供できる施設へ

 ◇想定規模は4・4万~5万平米  東京・足立区と東京女子医科大学(吉岡俊正理事長)は、区内への移転を検討する東京女子医大の「東医療センター」(東京都荒川区)の想定施設規模を公表した。建物は延べ床面積約4万4000~4万 […]

~健康経営が生む新ビジネス:2~トップ営業に意外なニーズが 画像
制度・ビジネスチャンス

~健康経営が生む新ビジネス:2~トップ営業に意外なニーズが

2016年にサービスを開始した、ビジネスパーソン向けのボディメイクサービスなどを手掛けるアリーザレクト株式会社。その企業のトップに狙いを定める営業手法で、当初想定していたIT企業以外にも、さまざまな顧客を新規開拓している。

~健康経営が生む新ビジネス:1~“チャットで健康相談”にニーズ 画像
制度・ビジネスチャンス

~健康経営が生む新ビジネス:1~“チャットで健康相談”にニーズ

2015年12月からスタートしたストレスチェック制度も追い風となり、企業の経営課題の1つとして健康経営の重要性が高まっている。この状況の中、法人向けヘルスケアプラットフォーム「Carely」はサービス開始後、わずか3カ月でユーザー数が3500を突破した。

【HANJO女子】現場で学んだ“瞬発力” 画像
人材

【HANJO女子】現場で学んだ“瞬発力”

 大学時代の専攻は分析化学。研究室の中で白衣を着ての化合物の生成、分析など建設とは全く無縁だった。就職活動時、同期がメーカーなどの研究者を目指す中、「大勢の人と協力しながら達成できる仕事に携わりたい」と思い、エンジニアリ […]

【新ものづくり・新サービス展:2】新業態を成功させるツボ 画像
イベント

【新ものづくり・新サービス展:2】新業態を成功させるツボ

 近年では中小企業に向けて、展示会やウェブなどでマッチングの機会が増えている。11月30日より東京ビッグサイトで開催されている、「ものづくり補助事業」の成果を集めた「中小企業 新ものづくり・新サービス展」もその一つだ。

ドローン+ウェアラブルデバイスで救急医療の迅速化へ 画像
IT業務効率

ドローン+ウェアラブルデバイスで救急医療の迅速化へ

 一般社団法人救急医療・災害対応無人機等自動支援システム活用推進協議会(EDAC)が主催する「救急医療・災害対応におけるIoT利活用推進コンソーシアム」は8日、「救急医療・災害対応におけるIoT利活用モデル実証事業」に関する実証実験を

ドローンで災害時に医薬品配送! 国家戦略特区・福岡で飛行試験 画像
IT業務効率

ドローンで災害時に医薬品配送! 国家戦略特区・福岡で飛行試験

 MSD、エアロセンス、アルフレッサの3社は1日、ドローンによる災害時医薬品配送の飛行試験を福岡市で実施したことを発表した。

~あたらしい訪問型ビジネス:1~老人ホームが薬局の“顧客”になる日 画像
制度・ビジネスチャンス

~あたらしい訪問型ビジネス:1~老人ホームが薬局の“顧客”になる日

 外出が困難な高齢者の増加にともない、彼らをターゲットとした訪問型のビジネスが急増している。訪問ビジネスといえば真っ先に思いつくのは介護業界だが、近年ではそのすそ野は他のサービス業まで広がりつつあるようだ。

伊勢総合病院・新病院建設、南海地震時の拠点機能も 画像
インバウンド・地域活性

伊勢総合病院・新病院建設、南海地震時の拠点機能も

 三重県伊勢市の市立伊勢総合病院は近く、新病院建設本体工事に着手する。24日に清水建設・吉川建設・伊藤工務店・山信工業・シンフォニアエンジニアリングJVと契約した。契約額は121億9968万円(税込み)。工期は18年9月 […]

日本レーベンが札幌市中央区にサ高住複合施設を計画。医療施設併設、11月着工めざす 画像
インバウンド・地域活性

日本レーベンが札幌市中央区にサ高住複合施設を計画。医療施設併設、11月着工めざす

 高齢者住宅事業などを手掛ける日本レーベン(札幌市)は、札幌市中央区で計画しているサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)を主体とする複合施設「ウィステリア南1条」=完成イメージ=の新築工事に11月着手する。設計は自社で行う […]

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 最後
Page 1 of 7
page top