飲食店に関するニュースまとめ一覧

成功する新業態:01|月2000円で飲み放題のコーヒースタンド 画像
制度・ビジネスチャンス

成功する新業態:01|月2000円で飲み放題のコーヒースタンド

 少子化によってマーケットが縮小する中では、寡占状態の事業に新規参入しても成果は見込めない。今ビジネスを大きく成功させるために必要なのは、パイを奪い合うことではなく、新たなパイを生み出す「新業態」の開発だろう。

【劇場型で魅せる飲食店:3】ビール愛好家を惹きつけるブルーパブとは? 画像
インバウンド・地域活性

【劇場型で魅せる飲食店:3】ビール愛好家を惹きつけるブルーパブとは?

 大量生産による大衆的な売れ筋商品よりも、少量多品種の個性あるモノづくりが注目される時代である。このような時流に乗ってブームを呼んだものの一つが、小規模醸造によるクラフトビールだろう。

「しゃぶしゃぶ温野菜」がハノイにベトナム1号店 画像
海外進出

「しゃぶしゃぶ温野菜」がハノイにベトナム1号店

【ベトナム】外食チェーンのコロワイド(横浜市)は14日、しゃぶしゃぶ店「しゃぶしゃぶ温野菜」のベトナム1号店をハノイのショッピングセンター「ビンコムメガモール・ロイヤルシティ」に出店した。

HJHJアーカイブス:04「新宿つな八に、なんで外国人の行列が?」 画像
インバウンド・地域活性

HJHJアーカイブス:04「新宿つな八に、なんで外国人の行列が?」

 HJHJアーカイブスでは、年末にもう一度振り返りたい記事をピックアップしてお届けします。第四回目はインバウンドが集まる東京・新宿の中でも、その行列が一際目立つあの飲食店についての話題です。

大阪城パークセンター、旧第四師団司令部庁舎はどう変わるのか? 画像
インバウンド・地域活性

大阪城パークセンター、旧第四師団司令部庁舎はどう変わるのか?

 大阪城パークマネジメント共同事業体(大阪城パークセンター)は9日、大阪城公園(大阪市中央区)の魅力向上に向け、新たに整備する2施設の計画概要を発表した。JR大阪城公園駅前に複合施設「JO-TERRACE OSAKA(ジ […]

【劇場型で魅せる飲食店:2】製造工程の見える化&カルチャー化 画像
インバウンド・地域活性

【劇場型で魅せる飲食店:2】製造工程の見える化&カルチャー化

 カカオ豆の選別から製造までの全工程を、ショコラトリーが単独で手がける「Bean to bar」。別名クラフトチョコレートとも呼ばれる、このムーブメントはアメリカで生まれ、日本でも一躍注目を集めている。

「タイの日本食」2、タイの寿司では定番のサーモン 画像
海外進出

「タイの日本食」2、タイの寿司では定番のサーモン

サーモンの寿司や刺し身というのは昔、欧米諸国の日本食レストランでは普通に見かけたが、日本にはなかったと記憶している。タイでは、日本食がブームになるころにはすでにあり、今や寿司や刺し身のメインはサーモン、と思うぐらいに一般的だ。

「日本の洋食」ならぬ「タイの日本食」、程よいわさび味の手羽先揚げ 画像
海外進出

「日本の洋食」ならぬ「タイの日本食」、程よいわさび味の手羽先揚げ

洋食が日本で独自の変化を遂げて「日本の洋食」になっていったように、タイでも日本食がタイ人のし好に合った「タイの日本食」に変化している。

株式会社グローバルウェイ、ミャンマー飲食店向けのクラウドサービスへ出資 画像
海外進出

株式会社グローバルウェイ、ミャンマー飲食店向けのクラウドサービスへ出資

アジア市場におけるインターネット投資事業、第1号 11月10日、株式会社グローバルウェイは、シンガポールを拠点とするcode2LABへ出資を行い、ミャンマー国内で…

タイのコーヒーチェーン、福島県に日本1号店 画像
インバウンド・地域活性

タイのコーヒーチェーン、福島県に日本1号店

【日本】タイ国営石油会社PTTが展開するコーヒーショップ「カフェアマゾン」の日本1号店が13日、福島県双葉郡川内村に出店した。

シンガポールでインバウンド観光アピール。「JAPAN RAIL CAFE」開設 画像
インバウンド・地域活性

シンガポールでインバウンド観光アピール。「JAPAN RAIL CAFE」開設

東日本旅客鉄道(JR東日本)は、シンガポールに、訪日旅行に関する情報発信と日本に関心の高い現地の人と交流の場となることを目指す「JAPAN RAIL CAFE」を、12月4日に開業する。

【劇場型で魅せる飲食店:1】下町ワイナリーが生む“コト消費” 画像
インバウンド・地域活性

【劇場型で魅せる飲食店:1】下町ワイナリーが生む“コト消費”

 近年では消費者がマスの価値観に浸るより、ニッチな個性を求める傾向にある。購買の指針として背景にあるストーリー性への共感が重要視され、その中で“作り手の見えるモノづくり”への評価が高まってきた。

【新ものづくり・新サービス展:2】新業態を成功させるツボ 画像
イベント

【新ものづくり・新サービス展:2】新業態を成功させるツボ

 近年では中小企業に向けて、展示会やウェブなどでマッチングの機会が増えている。11月30日より東京ビッグサイトで開催されている、「ものづくり補助事業」の成果を集めた「中小企業 新ものづくり・新サービス展」もその一つだ。

【オーガニックライフスタイルEXPO】広がる領域、独自性を前に 画像
イベント

【オーガニックライフスタイルEXPO】広がる領域、独自性を前に

 狭義においては農薬や化学肥料、添加物をといった人工物を使用しない野菜や食料品を指すオーガニック。その概念が美容やベビー用品などに受け入れられるとともに、伝統伝承やツーリズムといったライフスタイルへも広がりつつある。

ユーザーに利便性を、ECサイトに売上をもたらすフィンテック 画像
IT業務効率

ユーザーに利便性を、ECサイトに売上をもたらすフィンテック

 前回の記事では株式会社47CLUBによる全国の地方新聞社厳選お取り寄せサイト「47CLUB(よんななクラブ)」と、同社が運営するギフト贈答専門サイト「おくりものソムリエ」の取り組みに見た、ECサイトの新たな可能性について紹介した。

居酒屋「四十八漁場」、シンガポールに初の海外店 画像
海外進出

居酒屋「四十八漁場」、シンガポールに初の海外店

【シンガポール】地鶏料理店「塚田農場」、居酒屋「四十八漁場(よんぱちぎょじょう)」などを展開するエー・ピーカンパニー(東京都港区)は1日、「四十八漁場」の初の海外店をシンガポールに出店する。

タイで気軽に味わう「ちらし寿司」ランチ、かっこいい醤油のつけ方があるらしい? 画像
制度・ビジネスチャンス

タイで気軽に味わう「ちらし寿司」ランチ、かっこいい醤油のつけ方があるらしい?

シーロム界隈で創業36年の老舗「江戸屋」。ランチで気軽に「ちらし」(230B)を注文。付き出し&サラダ&味噌汁がセットだ。

【商工会議所の地方活性:2】地域ブランドを生むハブとして 画像
インバウンド・地域活性

【商工会議所の地方活性:2】地域ブランドを生むハブとして

 市や町といった地域内の事業者が集まり発足する商工会議所。事業者と地域の発展を目指し、ビジネス交流、地域振興、国際化支援、観光振興などさまざまな活動を展開している。

【水産流通革命:4】直営店経営で安定したビジネスを作る! 画像
インバウンド・地域活性

【水産流通革命:4】直営店経営で安定したビジネスを作る!

 漁師が獲れたての新鮮な魚をその場でさばいて食べるのを、テレビなどで見たことがある人は多いだろう。大変美味しそうである。その場にいたら絶対にお金を払ってでも食べたい。

【水産流通革命:3】食+情報で飲食店が産地PR拠点に 画像
インバウンド・地域活性

【水産流通革命:3】食+情報で飲食店が産地PR拠点に

 全国の第一次産業の現場には、まだまだ人に知られていない名品が埋もれている。人に知られれば売れるだろうが、流通や価格、情報発信力など、いくつもあるハードルをいち業者や地域の力だけで解決していくのは困難だ。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
Page 1 of 5
page top