飲食店に関するニュースまとめ一覧

外食産業の生産性向上~エヴァンジェリストからの提言(後編) 画像
IT業務効率

外食産業の生産性向上~エヴァンジェリストからの提言(後編)

人口増加、経済成長を前提とした発想では、もはや立ち行かない外食産業。今求められているのは「ホスピタリティー産業」への変革だ。どうすればその目的に到達することができるのか? 前編に引き続きホットペッパーグルメ外食総研エヴァンジェリスト、竹田クニ氏に聞く

外食産業の生産性向上~エヴァンジェリストからの提言(前編) 画像
IT業務効率

外食産業の生産性向上~エヴァンジェリストからの提言(前編)

31兆円とも言われる市場規模の外食産業。この巨大産業が生産性について積極的に取り組まなければ、日本全体の生産性向上にはつながらない。ではどうすればその目的に到達することができるのか? ホットペッパーグルメ外食総研エヴァンジェリスト、竹田クニ氏に聞く。

外食産業の生産性向上~テクノロジーを付加価値へとつなげるために 画像
IT業務効率

外食産業の生産性向上~テクノロジーを付加価値へとつなげるために

国内の消費低迷とともに伸び悩んでいる外食産業に求められている生産性向上。それを達成するためには何をすればよいのか? その答えのひとつである「テクノロジー活用」について、ホットペッパーグルメ外食総研主催の「外食総研セミナー」が開催された。

国産小麦が用途を拡大、麺用→菓子向けにして成功! 画像
制度・ビジネスチャンス

国産小麦が用途を拡大、麺用→菓子向けにして成功!

 製粉メーカーが国産小麦粉の用途拡大に取り組んでいる。麺用に開発されたタンパク含量の多い品種も、製粉度合いを細かく調整して菓子向けに仕上げ、商品化に成功している。国産小麦の引き合いの強さを追い風に販路

お好み焼き「千房」、インバウンド成功の決め手とは?/外食ビジネスウィーク 画像
イベント

お好み焼き「千房」、インバウンド成功の決め手とは?/外食ビジネスウィーク

「外食ビジネスウィーク2017」のセミナーより、今回の記事では「千房の海外進出と、台湾からのインバウンドプロモーション事例」から、飲食業によるインバウンドの取り組みとその具体的なプロモーション事例のためのポイントを抽出する。

飲食店の皆さん、棚卸しをしていますか? 棚卸しをする大事な3つの理由 画像
IT業務効率

飲食店の皆さん、棚卸しをしていますか? 棚卸しをする大事な3つの理由

飲食店で「棚卸し」というのを聞いたことありますでしょうか? 物を動かすことではなく、経理・会計上、大事な作業です。何をすることなのか? なぜ大事なのか? どうすれば楽にできるかを書きます。

居酒屋が成長し続けるためには何が必要か?/外食ビジネスウィーク 画像
イベント

居酒屋が成長し続けるためには何が必要か?/外食ビジネスウィーク

他の外食業界に比べ低調が続いている居酒屋業界。「ブラック企業」という言葉とともに増加したチェーン店の大量閉店に加え、個人経営店を好む客層の増加、またSNSやWebサイト、グルメ番組による飲食店情報の急増など、顧客心理や取り巻く環境の変化によるものと見られている

飲食業の人材不足、最新の対策は?/外食ビジネスウィーク 画像
イベント

飲食業の人材不足、最新の対策は?/外食ビジネスウィーク

8月29日~31日に開催された「外食ビジネスウィーク2017」。飲食物や調理用設備がメインの展示会だが、人材不足やインバウンドなどの出展にも来場者の関心が集まっていた。特に飲食業で深刻となっている人材不足の解決の一助となりそうなサービスを紹介

話題のジビエがラーメンにも! 鹿骨をスープにすると甘味が増える 画像
インバウンド・地域活性

話題のジビエがラーメンにも! 鹿骨をスープにすると甘味が増える

 日本ジビエ振興協会(ジビエ協)は、鹿骨をラーメンのスープへ活用しようとPRに乗り出した。鹿肉はジビエ(野生鳥獣の肉)として外食店で取り扱いが増える一方、骨はこれまで用途がほとんどなく、廃棄されている

野菜と海鮮でスイーツ! サービスエリアの『スイーツコンテスト』、最優秀賞は有磯海SA 画像
インバウンド・地域活性

野菜と海鮮でスイーツ! サービスエリアの『スイーツコンテスト』、最優秀賞は有磯海SA

NEXCO中日本が、サービスエリアのレストランに参加を呼びかけ、今年で6回めとなる『スイーツコンテスト』を開催。各地区の予選を勝ち抜いた11店舗で本戦が29日東京都内で行われた。

サービス業のIT利用最前線!13 アプリで伝える、老舗の伝統と革新/ニユートーキヨー 画像
IT業務効率

サービス業のIT利用最前線!13 アプリで伝える、老舗の伝統と革新/ニユートーキヨー

ビヤホール・ビヤレストランを中心に和洋中の飲食業を展開している(株)ニユートーキヨー。創立80周年となる今年6月にスマホアプリをリリースした。店舗のチェックイン機能などをはじめ、顧客がアプリを使用することによってカスタマーサービスの向上を目指している

東京駅丸の内地下エリア、グランドオープン! 改札外に飲食店 画像
インバウンド・地域活性

東京駅丸の内地下エリア、グランドオープン! 改札外に飲食店

 JR東日本グループの鉄道会館がJR東京駅丸の内地下エリアで進めている商業施設整備事業(計55店舗、店舗面積約3600平方メートル)で、第4期エリア(約1250平方メートル)の9店舗が30日にオープンする。  同事業では […]

「野菜の日」で提供したのはお酒!? エダマメがカクテルに 画像
インバウンド・地域活性

「野菜の日」で提供したのはお酒!? エダマメがカクテルに

 国産野菜でほろ酔いに――。JAグループは30日、東京・銀座のレストラン「ビストロバーンヤード」で国産野菜を使ったカクテルの提供を始めた。8月31日の「野菜の日」イベントで、食の専門誌「dancyu」

三代目社長のHANJO記:第3話――職人バカになるな! 客にとっての便利を考える/矢場とん 画像
人材

三代目社長のHANJO記:第3話――職人バカになるな! 客にとっての便利を考える/矢場とん

連載「三代目社長のHANJO記」では、新たな発想やマネージメントで歴史をつなぐ中小企業経営者の姿を伝える。第3話は、名古屋で有名な「矢場とん」三代目 代表取締役社長 鈴木拓将氏に話を聞く

「日本人は寿司でしょう!」宅配ロボットによる宅配実証実験へ 画像
IT業務効率

「日本人は寿司でしょう!」宅配ロボットによる宅配実証実験へ

ZMPとライドオン・エクスプレスは7月13日、小型の自動走行宅配ロボット『CarriRo Delivery(キャリロデリバリー』を利用した寿司の宅配サービスの実証実験を実施することを発表した。

そうめん、贈答品から日常食へ/パクチーやツナ缶など食べ方提案 画像
制度・ビジネスチャンス

そうめん、贈答品から日常食へ/パクチーやツナ缶など食べ方提案

 7月7日は「そうめんの日」。夏の食卓を彩るそうめんの需要は近年、中元など高額な贈答品から、手頃な価格の日常食へと変化している。製造や小売り、外食は底堅い日常食としての需要に商機を見いだし、コリアンダ

食べログラーメン部門1位の「麺屋一燈」、バンコク都心にタイ1号店 画像
海外進出

食べログラーメン部門1位の「麺屋一燈」、バンコク都心にタイ1号店

【タイ】ラーメン店「麺屋一燈」のタイ1号店が5日、バンコク都心の高架電車BTSチッロム駅前のショッピングセンター、エラワン・バンコクでグランドオープンする。

サービス業のIT利用最前線!7  “相席”したロボットの「居酒屋のおもてなし」 画像
IT業務効率

サービス業のIT利用最前線!7 “相席”したロボットの「居酒屋のおもてなし」

東京都内を中心に「居酒屋くろきん」など飲食チェーンを運営する株式会社ゲイトに焦点を当てる。同社はIT/IoT活用に積極的で、全社員にiPhoneを支給しているほか、業務システム、情報共有・社内マニュアル、店舗のセキュリティなど他方面でデジタル化に注力している。

ヤギ乳のソフトクリームが好評!放棄地解消にも 画像
インバウンド・地域活性

ヤギ乳のソフトクリームが好評!放棄地解消にも

 長野県売木村の公共牧場「ブナの嶺牧場」でヤギを飼育する後藤宝さん(55)は、ヤギ乳のソフトクリームを販売している。さっぱりと食べやすい味が好評で、瓶入りミルクも販売。耕作放棄地にヤギを運ぶ出張放牧に

米が主食の食事回数が過去5年で最多!既婚男女や単身女性の中食で増加 画像
制度・ビジネスチャンス

米が主食の食事回数が過去5年で最多!既婚男女や単身女性の中食で増加

 1週間(21食)のうち米を主食とする食事の回数が2017年は前年より0.08食増の13.76食となり、過去5年で最多となったことがJC総研の調査で分かった。既婚男女を中心に加工・調理済み食品の中食が

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 最後
Page 1 of 7
page top