飲食店に関するニュースまとめ一覧

「おもてなし規格認証」で会社が変わる!地域が変わる!/北九州編 5~鉄板焼きバール ピアチェーレ~ 画像
おもてなし規格認証

「おもてなし規格認証」で会社が変わる!地域が変わる!/北九州編 5~鉄板焼きバール ピアチェーレ~PR

シリーズ「『おもてなし規格認証』で会社が変わる!地域が変わる!」。その「変わる」現場をリポートします。北九州編の第5回は理想のお店づくりのために、おもてなし規格認証取得を目指す飲食店をピックアップ。小倉の「鉄板焼きバール ピアチェーレ」を紹介します

串カツ田中、シンガポールに東南アジア1号店 画像
海外進出

串カツ田中、シンガポールに東南アジア1号店

【シンガポール】串かつ店「串カツ田中」を展開する串カツ田中(東京都品川区)はサントリーのシンガポールのグループ企業SFBI(アジアパシフィック)とフランチャイズ契約を結び、「串カツ田中」のシンガポール1号店を12月13日、繁華街のクラークキーに出店する。

ラーメン店「清六屋」、インドネシアでハラル認証取得 画像
海外進出

ラーメン店「清六屋」、インドネシアでハラル認証取得

【インドネシア】パチンコ店などを展開するジョイパック(茨城県つくば市)は24日、インドネシア子会社が運営するラーメン店「清六屋」がラーメン店として初めてインドネシアのハラル(イスラム法に則った商品、サービス)認証機関からハラル認証を取得したと発表した。

「タイ料理好き!」8割超、好きなタイ料理は?/日本の外食調査 画像
制度・ビジネスチャンス

「タイ料理好き!」8割超、好きなタイ料理は?/日本の外食調査

【日本】飲食店情報サイトのレッティがユーザーを対象に10月26―30日に実施したインターネット調査(回答者1684人)で、タイ料理が「すごく好き」は41%、「まあ好き」は42%に上った。

知らなかった! お客さまの心をつかむ有効なPRメディアとは? 画像
制度・ビジネスチャンス

知らなかった! お客さまの心をつかむ有効なPRメディアとは?PR

最近の調査によると「近所の飲食店を利用したことがない」人のうち「店舗に関する情報がない」と答えた人が7割を超えている。近所なのにお客さまの心を捉えていないのだ。そんな中、年賀はがきをDMに使う「年賀DM」をPRに活用することで売上げを向上させた例が多数見られる

ご飯の新しい食べ方、 新米を使ったパフェの味は? 画像
制度・ビジネスチャンス

ご飯の新しい食べ方、 新米を使ったパフェの味は?

 米の“甘くない”パフェはいかが――。 JA全農は24日、スイーツ食べ放題で人気のチェーン店「スイーツパラダイス」の運営会社と連携し、新米を使ったパフェの提供を始めた。スイーツではなく、若い女性を主な

「おもてなし規格認証」で会社が変わる!地域が変わる!/北九州編 2~林田酒店~ 画像
おもてなし規格認証

「おもてなし規格認証」で会社が変わる!地域が変わる!/北九州編 2~林田酒店~PR

シリーズ「『おもてなし規格認証』で会社が変わる!地域が変わる!」では、おもてなし規格認証で「変わる」地域と会社(事業所)をピックアップ。その「変わる」現場を、リポートします。北九州編の第2回は「角打ち」で有名な「林田酒店」さんにお話を聞きました。

お客さまとの距離が近い!年賀はがきのDMが支持される意外な理由 画像
制度・ビジネスチャンス

お客さまとの距離が近い!年賀はがきのDMが支持される意外な理由PR

今「年賀はがき」が中小事業者に人気上昇中だということをご存知でしたか? 忙しい経営者にとってPRにかかる手間やコストは何かと悩みの種です。しかし年賀はがきを使ったダイレクトメール(DM)、ズバリ「年賀DM」がこれまでのやり方を変えてくれたのです

2017年度上半期の企業倒産負債総額、タカタ破綻の影響で7年ぶりの2兆円超え 画像
制度・ビジネスチャンス

2017年度上半期の企業倒産負債総額、タカタ破綻の影響で7年ぶりの2兆円超え

東京商工リサーチが発表した2017年度上半期(4~9月)の全国企業倒産状況によると、倒産件数は前年同期比0.09%増の4220件と、過去20年間で2016年度に次ぐ低い水準ながら、9年ぶりに前年同期を上回った。

国境離島グルメフェア、地域活性化と消費拡大へ 画像
インバウンド・地域活性

国境離島グルメフェア、地域活性化と消費拡大へ

 離島産食材をメニューに用い、島の活性化につなげるキャンペーンが都内の飲食店で始まった。「国境離島グルメフェア」と銘打ち、東京都内の24飲食店が参加。全国11の離島地域の食材セットを用いた特別メニュー

新感覚の「フルーツ天ぷら」はいかが? 天丼てんやで期間限定発売 画像
インバウンド・地域活性

新感覚の「フルーツ天ぷら」はいかが? 天丼てんやで期間限定発売

 新感覚の「フルーツ天ぷら」はいかが――。福岡県のJA筑前あさくら産イチジク「とよみつひめ」の天ぷらが11日から、外食チェーン大手「天丼てんや」に期間限定で登場する。売り上げの一部は九州北部豪雨の被災

ジョナサンから洋梨や林檎を使った期間限定スイーツが登場! 画像
制度・ビジネスチャンス

ジョナサンから洋梨や林檎を使った期間限定スイーツが登場!

ジョナサンは、明日19日から季節の洋梨やりんごを使ったスイーツを期間限定で発売する。

全農の契約栽培ミニトマト「アンジェレ」拡大/機内食や飲食店へ 画像
制度・ビジネスチャンス

全農の契約栽培ミニトマト「アンジェレ」拡大/機内食や飲食店へ

 JA全農は契約栽培による買い取りで、全農オリジナルミニトマト「アンジェレ」の栽培面積を伸ばしている。2011年から始まった栽培は今年、23県域32ヘクタール(見込み)にまで広まった。生産者の所得増大

「おもてなし規格認証」で会社が変わる!地域が変わる!/北九州編 1~まちはチームだ~ 画像
おもてなし規格認証

「おもてなし規格認証」で会社が変わる!地域が変わる!/北九州編 1~まちはチームだ~PR

全国各地で「おもてなし規格認証」のムーブメントが始まっています。「サービスの品質」を「見える化」することで、サービスに関わる企業の活力に繋がっているのがその理由です。連載ではおもてなし規格認証で「変わる」地域と会社をピックアップ、第1回目は北九州です

トリドール、初めてのミャンマー進出!/ヌードルショップで世界展開へ 画像
海外進出

トリドール、初めてのミャンマー進出!/ヌードルショップで世界展開へ

【ミャンマー】焼鳥店「とりどーる」、讃岐うどん専門店「丸亀製麺」などを展開するトリドールホールディングス(神戸市)は16日、ミャンマーに合弁会社を設立し、10月下旬にヌードルショップ「ボートヌードル」のミャンマー1号店をヤンゴンに出店すると発表した。

外食産業の生産性向上~エヴァンジェリストからの提言(後編) 画像
IT業務効率

外食産業の生産性向上~エヴァンジェリストからの提言(後編)

人口増加、経済成長を前提とした発想では、もはや立ち行かない外食産業。今求められているのは「ホスピタリティー産業」への変革だ。どうすればその目的に到達することができるのか? 前編に引き続きホットペッパーグルメ外食総研エヴァンジェリスト、竹田クニ氏に聞く

外食産業の生産性向上~エヴァンジェリストからの提言(前編) 画像
IT業務効率

外食産業の生産性向上~エヴァンジェリストからの提言(前編)

31兆円とも言われる市場規模の外食産業。この巨大産業が生産性について積極的に取り組まなければ、日本全体の生産性向上にはつながらない。ではどうすればその目的に到達することができるのか? ホットペッパーグルメ外食総研エヴァンジェリスト、竹田クニ氏に聞く。

外食産業の生産性向上~テクノロジーを付加価値へとつなげるために 画像
IT業務効率

外食産業の生産性向上~テクノロジーを付加価値へとつなげるために

国内の消費低迷とともに伸び悩んでいる外食産業に求められている生産性向上。それを達成するためには何をすればよいのか? その答えのひとつである「テクノロジー活用」について、ホットペッパーグルメ外食総研主催の「外食総研セミナー」が開催された。

国産小麦が用途を拡大、麺用→菓子向けにして成功! 画像
制度・ビジネスチャンス

国産小麦が用途を拡大、麺用→菓子向けにして成功!

 製粉メーカーが国産小麦粉の用途拡大に取り組んでいる。麺用に開発されたタンパク含量の多い品種も、製粉度合いを細かく調整して菓子向けに仕上げ、商品化に成功している。国産小麦の引き合いの強さを追い風に販路

お好み焼き「千房」、インバウンド成功の決め手とは?/外食ビジネスウィーク 画像
イベント

お好み焼き「千房」、インバウンド成功の決め手とは?/外食ビジネスウィーク

「外食ビジネスウィーク2017」のセミナーより、今回の記事では「千房の海外進出と、台湾からのインバウンドプロモーション事例」から、飲食業によるインバウンドの取り組みとその具体的なプロモーション事例のためのポイントを抽出する。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 最後
Page 1 of 8
page top