飲食店に関するニュースまとめ一覧

フジオフードシステム、ベトナムで「串家物語」などFC展開  画像
海外進出

フジオフードシステム、ベトナムで「串家物語」などFC展開 

【ベトナム】外食チェーンのフジオフードシステム(大阪市北区)は27日、ベトナムのメサ・アジア・パシフィック・トレーディング・サービス社と、同国でのマスターフランチャイズ(FC)契約を結んだと発表した。

唐揚げ専門店「天下鳥ます」バンコクに出店、ブノンペンに続く2店目 画像
海外進出

唐揚げ専門店「天下鳥ます」バンコクに出店、ブノンペンに続く2店目

【タイ】唐揚げ専門店「天下鳥ます」を運営するアジアンアキンド(東京都豊島区)は26日、タイ1号店をバンコクのソイ・スクムビット33通りに出店したと発表した。「天下鳥ます」の海外店はプノンペンに続く2店目。

~HCJ2017:1~生産性とおもてなしを両立するICTとは? 画像
イベント

~HCJ2017:1~生産性とおもてなしを両立するICTとは?

ホスピタリティとフードサービスの商談専門展示会「HCJ2017」では、ICTを題材にさまざまなセミナーが行われた。そのうちの一つ、「店舗の“生産性向上”と“おもてなし”へのICT活用」では、セルフオーダーシステムにフォーカスした講演が行われている。

【実践ソリューションフェア:2】最新事例に見るIoT導入のヒント 画像
イベント

【実践ソリューションフェア:2】最新事例に見るIoT導入のヒント

小売から運送、農業まで、さまざまな事業に広がりつつあるIoT。その最新導入事例をインテル株式会社の井田晶也セールス・チャネル事業本部本部長が紹介。販売ロスから担い手不足まで、事業者が抱えるさまざまな課題はIoTでどう解決されたのか? その裏側を解き明かす。

ラーメン「一風堂」、シンガポール「マリーナベイサンズ」に出店 画像
海外進出

ラーメン「一風堂」、シンガポール「マリーナベイサンズ」に出店

【シンガポール】ラーメン店「一風堂」を展開する力の源ホールディングス(福岡市)は31日、シンガポールの複合リゾート施設「マリーナベイサンズ」に、ラーメンのほか、一品料理やドリンク、デザートを提供する店舗を13日に出店したと発表した。

外国人観光客が集まる街づくり。HANJO HANJO、町田でセミナー開催 画像
インバウンド・地域活性

外国人観光客が集まる街づくり。HANJO HANJO、町田でセミナー開催

HANJO HANJOは東京の町田商工会議所で、セミナー「全国のインバウンド成功事例から学ぶ外国人観光客が集まる街の作り方」を開催。これまで記事で紹介してきた事例などから、インバウンド消費を取り込むための方法論について解説しました。

神田はドイツだ!? 居酒屋の街にビアダイニングがオープン! 画像
インバウンド・地域活性

神田はドイツだ!? 居酒屋の街にビアダイニングがオープン!

蕎麦、焼き鳥、もつ煮…。居酒屋ひしめく神田に、ドイツを体感できる空間が誕生した。SCHMATZ BEER DINING 神田(シュマッツ ビアダイニング カンダ)だ。1月20日オープンし、「神田駅西口から歩いて2分のドイツ」が始まる。

成功する新業態:01|月2000円で飲み放題のコーヒースタンド 画像
制度・ビジネスチャンス

成功する新業態:01|月2000円で飲み放題のコーヒースタンド

 少子化によってマーケットが縮小する中では、寡占状態の事業に新規参入しても成果は見込めない。今ビジネスを大きく成功させるために必要なのは、パイを奪い合うことではなく、新たなパイを生み出す「新業態」の開発だろう。

~劇場型で魅せる飲食店:3~ビール愛好家を惹きつけるブルーパブとは? 画像
インバウンド・地域活性

~劇場型で魅せる飲食店:3~ビール愛好家を惹きつけるブルーパブとは?

 大量生産による大衆的な売れ筋商品よりも、少量多品種の個性あるモノづくりが注目される時代である。このような時流に乗ってブームを呼んだものの一つが、小規模醸造によるクラフトビールだろう。

「しゃぶしゃぶ温野菜」がハノイにベトナム1号店 画像
海外進出

「しゃぶしゃぶ温野菜」がハノイにベトナム1号店

【ベトナム】外食チェーンのコロワイド(横浜市)は14日、しゃぶしゃぶ店「しゃぶしゃぶ温野菜」のベトナム1号店をハノイのショッピングセンター「ビンコムメガモール・ロイヤルシティ」に出店した。

HJHJアーカイブス:04「新宿つな八に、なんで外国人の行列が?」 画像
インバウンド・地域活性

HJHJアーカイブス:04「新宿つな八に、なんで外国人の行列が?」

 HJHJアーカイブスでは、年末にもう一度振り返りたい記事をピックアップしてお届けします。第四回目はインバウンドが集まる東京・新宿の中でも、その行列が一際目立つあの飲食店についての話題です。

大阪城パークセンター、旧第四師団司令部庁舎はどう変わるのか? 画像
インバウンド・地域活性

大阪城パークセンター、旧第四師団司令部庁舎はどう変わるのか?

 大阪城パークマネジメント共同事業体(大阪城パークセンター)は9日、大阪城公園(大阪市中央区)の魅力向上に向け、新たに整備する2施設の計画概要を発表した。JR大阪城公園駅前に複合施設「JO-TERRACE OSAKA(ジ […]

~劇場型で魅せる飲食店:2~製造工程の見える化&カルチャー化 画像
インバウンド・地域活性

~劇場型で魅せる飲食店:2~製造工程の見える化&カルチャー化

 カカオ豆の選別から製造までの全工程を、ショコラトリーが単独で手がける「Bean to bar」。別名クラフトチョコレートとも呼ばれる、このムーブメントはアメリカで生まれ、日本でも一躍注目を集めている。

「タイの日本食」2、タイの寿司では定番のサーモン 画像
海外進出

「タイの日本食」2、タイの寿司では定番のサーモン

サーモンの寿司や刺し身というのは昔、欧米諸国の日本食レストランでは普通に見かけたが、日本にはなかったと記憶している。タイでは、日本食がブームになるころにはすでにあり、今や寿司や刺し身のメインはサーモン、と思うぐらいに一般的だ。

「日本の洋食」ならぬ「タイの日本食」、程よいわさび味の手羽先揚げ 画像
海外進出

「日本の洋食」ならぬ「タイの日本食」、程よいわさび味の手羽先揚げ

洋食が日本で独自の変化を遂げて「日本の洋食」になっていったように、タイでも日本食がタイ人のし好に合った「タイの日本食」に変化している。

株式会社グローバルウェイ、ミャンマー飲食店向けのクラウドサービスへ出資 画像
海外進出

株式会社グローバルウェイ、ミャンマー飲食店向けのクラウドサービスへ出資

アジア市場におけるインターネット投資事業、第1号 11月10日、株式会社グローバルウェイは、シンガポールを拠点とするcode2LABへ出資を行い、ミャンマー国内で…

タイのコーヒーチェーン、福島県に日本1号店 画像
インバウンド・地域活性

タイのコーヒーチェーン、福島県に日本1号店

【日本】タイ国営石油会社PTTが展開するコーヒーショップ「カフェアマゾン」の日本1号店が13日、福島県双葉郡川内村に出店した。

シンガポールでインバウンド観光アピール。「JAPAN RAIL CAFE」開設 画像
インバウンド・地域活性

シンガポールでインバウンド観光アピール。「JAPAN RAIL CAFE」開設

東日本旅客鉄道(JR東日本)は、シンガポールに、訪日旅行に関する情報発信と日本に関心の高い現地の人と交流の場となることを目指す「JAPAN RAIL CAFE」を、12月4日に開業する。

~劇場型で魅せる飲食店:1~下町ワイナリーが生む“コト消費” 画像
インバウンド・地域活性

~劇場型で魅せる飲食店:1~下町ワイナリーが生む“コト消費”

 近年では消費者がマスの価値観に浸るより、ニッチな個性を求める傾向にある。購買の指針として背景にあるストーリー性への共感が重要視され、その中で“作り手の見えるモノづくり”への評価が高まってきた。

【新ものづくり・新サービス展:2】新業態を成功させるツボ 画像
イベント

【新ものづくり・新サービス展:2】新業態を成功させるツボ

 近年では中小企業に向けて、展示会やウェブなどでマッチングの機会が増えている。11月30日より東京ビッグサイトで開催されている、「ものづくり補助事業」の成果を集めた「中小企業 新ものづくり・新サービス展」もその一つだ。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
Page 1 of 6
page top