インバウンド・地域活性 その他記事一覧(4ページ目)

国交省が16~17年度で国債700億円確保。年度末の工期集中を回避 画像
インバウンド・地域活性

国交省が16~17年度で国債700億円確保。年度末の工期集中を回避

 国土交通省は9日、12カ月未満の比較的短い工期の直轄工事に設定する2カ年の国庫債務負担行為の規模を16~17年度分として約700億円確保したことを明らかにした。15~16年度の約200億円の3倍強の規模となる。3月に工 […]

【大震災5年-これまでとこれから・12】内閣府防災担当政策統括官・加藤久喜氏 画像
インバウンド・地域活性

【大震災5年-これまでとこれから・12】内閣府防災担当政策統括官・加藤久喜氏

 ◇防災・減災推進を国民運動に/全国規模の広域対応不可欠  東日本大震災では、従来の防災・減災の考え方に対して二つの大きな課題が浮き彫りになったといえる。  1点目は、防災・減災対策の前提となる災害時の被害想定の問題だ。 […]

【回転窓】震災5年の教訓 画像
インバウンド・地域活性

【回転窓】震災5年の教訓

 東京・西新宿の超高層ビルの最上階からは、周辺でいくつもの開発が進行しているのを見渡せる▼かつて再開発事業の専門家から「開発地の探し方は超高層ビルから眺めることだ」と教えられた。上から見れば老朽化したビル群、木造密集地が […]

大震災5年-これまでとこれから・11。NHK解説主幹 防災担当の山崎登氏 画像
インバウンド・地域活性

大震災5年-これまでとこれから・11。NHK解説主幹 防災担当の山崎登氏

 ◇防災文化を地域に根付かせよ/「正常化の偏見」克服する情報を  東日本大震災の被災地を見て回ると、復興がまだ形になっていないと感じる。これにはいくつかの理由が考えられる。一つは、再度の津波被害を避ける目的で高台移転や土 […]

三菱地所の大名古屋ビルヂングが全面開業、さらに愛されるビルに 画像
インバウンド・地域活性

三菱地所の大名古屋ビルヂングが全面開業、さらに愛されるビルに

 三菱地所が名古屋市中村区名駅3で建設を進めてきた「大名古屋ビルヂング」が9日、全面開業した。ビルは昨年10月に完成、オフィスなどが順次入居していた。今回、地下1階から地上5階などに入る店舗、7階から16階の情報発信・サ […]

石井啓一国交相会見/「実感できる復興」加速/東日本大震災から5年で 画像
インバウンド・地域活性

石井啓一国交相会見/「実感できる復興」加速/東日本大震災から5年で

 ◇常磐道4車線化へ近く具体策取りまとめ  石井啓一国土交通相は、8日の閣議後の記者会見で、11日で東日本大震災の発生から5年が経過することについて、今後も基幹インフラの復旧・復興を確実に進めるなど「実感できる復興」の加 […]

震災5年-これまでとこれから・10/土木研究所理事長・魚本健人氏 画像
インバウンド・地域活性

震災5年-これまでとこれから・10/土木研究所理事長・魚本健人氏

 ◇地域の将来計画に基づき対応/時間軸で説明できるメニューを  大きな災害があると、従来考えていたかもしれないがそれほど大事になるとは想像していなかったことが如実に表れる。そういうものの原因をはっきりさせ、これからの対策 […]

兵庫県/県立大学姫路工学キャンパス建替(姫路市)/16年度に新1号館建設着手 画像
インバウンド・地域活性

兵庫県/県立大学姫路工学キャンパス建替(姫路市)/16年度に新1号館建設着手

 兵庫県は、老朽・狭あい化が進んでいる県立大学姫路工学キャンパス(姫路市)の建て替え計画で、新1号館の建設に16年度着手する。最先端工学研究や人材育成の拠点として改築事業を進めており、着工は昨年11月の新本館に続いて2棟 […]

関東整備局/鬼怒川堤防決壊区間本復旧(茨城県常総市)/盛り土着工、5月末完了へ 画像
インバウンド・地域活性

関東整備局/鬼怒川堤防決壊区間本復旧(茨城県常総市)/盛り土着工、5月末完了へ

 関東地方整備局は8日、昨年9月の関東・東北豪雨で堤防が一部決壊した鬼怒川左岸(茨城県常総市三坂町、延長200メートル)の本復旧工事で、堤体の盛り土工事に着手した。上流側工区(延長100メートル)は鹿島、下流側工区(同) […]

広島県/建設産業ビジョン案作成/競争力発揮など3分野で具体策と検討項目明示 画像
インバウンド・地域活性

広島県/建設産業ビジョン案作成/競争力発揮など3分野で具体策と検討項目明示

 広島県は、「広島県建設産業ビジョン2016」(案)を作成した。15日までパブリックコメントを実施し本年度内に成案化する。案では、「地域における社会資本整備の担い手が確保され続けている状態」の実現に向け▽確かな競争力を発 […]

【回転窓】エスカレーターを歩くのは右か左か 画像
インバウンド・地域活性

【回転窓】エスカレーターを歩くのは右か左か

 よく聞く話に、駅などのエスカレーターで歩く人のために開けておくのは東京では右側、大阪では左側というのがある。なぜか。哲学者の鷲田清一さんが少し前にラジオ番組でこんな自説を披露していた▼東京と大阪ではエスカレーターという […]

【建設業「命」の現場で・23】第5章・希望をつくる/東北のこれからのために 画像
インバウンド・地域活性

【建設業「命」の現場で・23】第5章・希望をつくる/東北のこれからのために

 鹿島常任顧問の赤沼聖吾は、岩手県宮古市出身。東北で育ち、働いてきた。東日本大震災が起きた時は、同社東北支店長とともに日本土木工業協会(現日本建設業連合会)東北支部長も務めていた最前線を知る一人だ。制約条件の厳しい中に自 […]

政府と東京電力、福島第1原発廃炉へ凍土壁や敷地舗装など汚染水対策進展 画像
インバウンド・地域活性

政府と東京電力、福島第1原発廃炉へ凍土壁や敷地舗装など汚染水対策進展

 東日本大震災に伴う東京電力福島第1原子力発電所の事故を受けた政府や東電による対策が進展してきた。汚染源に水を近づけないようにする対策として、先月9日に凍土方式の陸側遮水壁の設置工事が完了。雨水の浸透を抑えるための敷地舗 […]

政投銀、東日本と阪神大震災を比較検証、プロジェクト誘導が不可欠 画像
インバウンド・地域活性

政投銀、東日本と阪神大震災を比較検証、プロジェクト誘導が不可欠

 日本政策投資銀行は、東日本大震災と阪神・淡路大震災(阪神大震災)を比較検証した報告書をまとめた。両震災とも復旧・復興需要の終息後が課題だと指摘し、東北地方での新たな産業の育成やプロジェクト誘導が欠かせないとの見方を示し […]

東京・京橋一丁目東地区ビル建替、A・B街区とも施工は戸田建設 画像
インバウンド・地域活性

東京・京橋一丁目東地区ビル建替、A・B街区とも施工は戸田建設

 戸田建設とブリヂストンの関連会社の永坂産業(東京都中央区、牛尾幸光代表取締役)が東京都中央区の「京橋一丁目東地区」でそれぞれ計画している所有ビル建て替え事業の設計者、施工者が明らかになった。ブリヂストン旧本社ビル「ブリ […]

もうすぐ東日本大震災から5年、関連倒産の件数はなんと! 画像
インバウンド・地域活性

もうすぐ東日本大震災から5年、関連倒産の件数はなんと!

 東日本大震災の発生から丸5年を迎える11日に先立ち、東京商工リサーチは、7日現在の震災関連倒産の件数を調査。その結果、5年間で累計1703件にのぼることがわかった。

移住者支援、空き家活用促す、不動産取得税を軽減、京都府が条例制定へ 画像
インバウンド・地域活性

移住者支援、空き家活用促す、不動産取得税を軽減、京都府が条例制定へ

 京都府は、農山村にある空き家や耕作放棄地などを活用し、移住を促すため、空き家などの不動産取得税を軽減する条例の制定に乗り出した。ローンなどの金利負担の一部も肩代わりする。府は条例案を2月の定例府議会

西知多道路整備、直轄調査結果を愛知県に送付、中部整備局 画像
インバウンド・地域活性

西知多道路整備、直轄調査結果を愛知県に送付、中部整備局

 ◇道路新設の必要性指摘  中部地方整備局は、伊勢湾岸自動車道と中部国際空港を直結する西知多道路に関する直轄調査の結果を愛知県に送付した。空港への直結道路は1路線しかないため、アクセス性や産業活動面からも新たな道路機能が […]

宮城県・名取駅前地区再開発、3月中にも業務代行者と契約 画像
インバウンド・地域活性

宮城県・名取駅前地区再開発、3月中にも業務代行者と契約

 名取駅前地区市街地再開発準備組合(大浦法彦理事長)は、同地区再開発事業の特定業務代行者を公募した結果、鹿島・橋本店JVを第1優先交渉権者に決めた。3月中に契約する見通し。鹿島・橋本店JVのほか保留床を取得する企業なども […]

【回転窓】地域の誇りが生み出すもの 画像
インバウンド・地域活性

【回転窓】地域の誇りが生み出すもの

 宮城県名取市に、「ナチュリノ」というジェラート店がある。こだわりは地元の食材を使うことで、お米やずんだ、メロン、カボチャなど季節に応じたメニューが並ぶ。一部では、生産者から朝仕入れた果物や野菜を使った「朝採りジェラート […]

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 20
  12. 30
  13. 40
  14. 50
  15. 最後
Page 4 of 64
page top