インバウンド・地域活性 ものづくり記事一覧

菅公学生服の社団法人、「教育ソリューション事業」を目指す 画像
IT業務効率

菅公学生服の社団法人、「教育ソリューション事業」を目指す

菅公学生服(岡山市北区)は、学校教育支援事業の本格化に合わせ、運営主体となる「一般社団法人 カンコー教育ソリューション研究協議会」を設立した。

佐賀発のプチプチ塩味がする野菜「バラフ」 画像
インバウンド・地域活性

佐賀発のプチプチ塩味がする野菜「バラフ」

 農研堂(佐賀県神埼市、永原辰哉社長、0952・20・1431)は、植物「アイスプラント」の生産や生産技術の研究を手がけている。野菜としての栽培に成功した佐賀大学の技術を事業化するため、2007年に設立した。 佐賀大のこうした植物に関する研究は長きにわ…

沖縄シークヮーサーが地域団体商標の取得へ。JAおきなわ、認知度向上めざす 画像
インバウンド・地域活性

沖縄シークヮーサーが地域団体商標の取得へ。JAおきなわ、認知度向上めざす

 JAおきなわは2016年度から、「沖縄シークヮーサー」などの地域団体商標取得に向け、JAのホームページにシークワーサー専用ページを立ち上げる。認知度をアップして早期の商標取得と消費拡大を図る。固定価

北海道産ダッタンソバの葉×鹿児島茶「べにふうき」、高機能性「北鹿茶」が誕生 画像
インバウンド・地域活性

北海道産ダッタンソバの葉×鹿児島茶「べにふうき」、高機能性「北鹿茶」が誕生

 3月26日の北海道新幹線の開通に合わせ、農研機構と民間企業が、北海道産ダッタンソバ「満天きらり」と、鹿児島県産「べにふうき」の緑茶をブレンドした高機能性茶「北鹿(きたしか)茶」を開発した。毛細血管を

米での返礼が1万3100トンで東北が最多、15年ふるさと納税で農水省が初の調査 画像
インバウンド・地域活性

米での返礼が1万3100トンで東北が最多、15年ふるさと納税で農水省が初の調査

 自治体向けの寄付金税制「ふるさと納税」の返礼品で提供された米が、2015年で1万3100トンに上ったことが、農水省の調査で明らかになった。全国の半数近くの市町村が取り組むなど、返礼品としての、米の流

東北整備局がICT導入現場で見学会、ロボスーツや自動制御を活用 画像
インバウンド・地域活性

東北整備局がICT導入現場で見学会、ロボスーツや自動制御を活用

 ◇連絡会議メンバーが2カ所視察  東北地方整備局は4日、ICT(情報通信技術)を先進的に取り入れた宮城県東松島市野蒜と仙台市宮城野区岡田の二つの工事現場を対象に見学会を行った。復興事業にICTの導入を広げるため同局が設 […]

国交省、インフラ用ロボ情報交換の場設置へ開発促進、新ビジネス形成 画像
インバウンド・地域活性

国交省、インフラ用ロボ情報交換の場設置へ開発促進、新ビジネス形成

 国土交通省は、インフラ用ロボットの開発者、製造者、保有者、利用者が情報を交換できるコミュニティーの場を16年度早々にも立ち上げる。関係者が一堂に会する場を提供することで、要素技術の組み合わせによる開発促進につなげるほか […]

清水建設、特定天井対応の耐震天井構工法開発、躯体と天井ボードを直結 画像
インバウンド・地域活性

清水建設、特定天井対応の耐震天井構工法開発、躯体と天井ボードを直結

 清水建設は7日、脱落防止対策が求められる特定天井を低コスト・短工期で構築する耐震天井構工法を開発したと発表した。斜め部材(ブレース)で躯体と天井ボードを直接連結するのが特徴。建物の揺れと共振しにくい剛性の高いつり天井を […]

2050年、FCバルセロナに勝てる自律型ロボットのチームを作る! 画像
インバウンド・地域活性

2050年、FCバルセロナに勝てる自律型ロボットのチームを作る!

 ロボカップの世界大会が、2017年に名古屋で行われる。ロボカップは、92年の構想から97年の第1回世界大会を経て、24年も継続して拡大し続けている競技大会である。 日本のロボット研究者が中心となって設立された、「西暦2050年にサッカーの世界チャンピ…

ロボット村に続き歴史館、安川電機のものづくりの原点とは 画像
インバウンド・地域活性

ロボット村に続き歴史館、安川電機のものづくりの原点とは

 安川電機は7日、旧本社事務所の講堂を改修して「安川電機歴史館」を開設すると発表した。4月1日からの一般公開に先立ち、開所式を行った。

泡盛を首都圏に速く、安く! 沖縄県酒造組合10社が共同物流構築 画像
インバウンド・地域活性

泡盛を首都圏に速く、安く! 沖縄県酒造組合10社が共同物流構築

 沖縄県酒造組合(那覇市、玉那覇美佐子会長、098・868・3727)は、泡盛の共同物流体制を構築、首都圏向けの競争力を高める。組合員10社による共同輸送と、東京都内の物流センターの運用を始めた。2018年までに首都圏向け出荷の6割を集約する。減少傾向…

男の加齢臭ケア、ロート製薬の男性用ボディソープはなぜ売れたのか 画像
インバウンド・地域活性

男の加齢臭ケア、ロート製薬の男性用ボディソープはなぜ売れたのか

 ロート製薬は2013年3月に男性用ボディーウォッシュ市場に「デ・オウ」シリーズを投入し、約3年で同市場のトップブランドに成長させた。男の加齢臭のニオイケアに正面から取り組む墨田康男商品企画部マネージャーに「デ・オウ」の成果について聞いた。 ―「デ・オ…

ものづくり日本大賞受賞技術がズラリ、上野博物館で特設展 画像
インバウンド・地域活性

ものづくり日本大賞受賞技術がズラリ、上野博物館で特設展

 上野公園の国立科学博物館で3月15日から4月3日にかけて、「ものづくり展 MONODZUKURI EXHIBITION」が開催される。第6回「ものづくり日本大賞」受賞案件の展示が中心となるイベントだ。

ふるさと名物発信の「NIPPON QUEST」、年間グランプリ決定 画像
インバウンド・地域活性

ふるさと名物発信の「NIPPON QUEST」、年間グランプリ決定

 日本の“ふるさと名物”を世界に発信するサイト「NIPPON QUEST」の年間グランプリを選ぶ「第1回 NIPPON QUEST AWARD」の結果が発表された。「食部門」「モノ部門」「アクティビティ部門」でそれぞれグランプリを選出している。

【東北の農林水産業は復活する!】最新設備で生まれ変わる水産加工ビジネス、気仙沼復興の今 画像
インバウンド・地域活性

【東北の農林水産業は復活する!】最新設備で生まれ変わる水産加工ビジネス、気仙沼復興の今

 東北の復興が新たなビジネスの芽を生んでいる。震災によって失われた工場設備、立地条件、マーケット。それらを、最新式で効率の良いものへと再建する中で、かつて無かった品質とコストを持つ商品が生まれつつある。

東洋建設、自航式多目的船のPR強化…洋上風力発電施設など狙い 画像
インバウンド・地域活性

東洋建設、自航式多目的船のPR強化…洋上風力発電施設など狙い

 東洋建設が、需要拡大が見込まれる洋上風力発電施設の建設などをターゲットに、建造中の自航式多目的船のPRを強化している。デッキスペースがフラットで広い利点を生かし、洋上に設置する風車のブレードなど重量物の運搬が可能として […]

民間発の職人育成塾、国交省が設立支援…人材育成や地方創生に 画像
インバウンド・地域活性

民間発の職人育成塾、国交省が設立支援…人材育成や地方創生に

 国土交通省は、専門工事職種を対象にした民間発意の「職人育成塾」の設立を支援する。児童数の減少で廃校となった小学校の施設などを拠点とする場合に、国交省が他省庁や関連機関を含めた事業支援・予算メニューを紹介したり、法規制や […]

保育園向け見守りロボット、普及期へ 画像
インバウンド・地域活性

保育園向け見守りロボット、普及期へ

 ユニファ(名古屋市中区、土岐泰之社長、052・212・5717)が2015年に開始した、コミュニケーションロボット「MEEBO(ミーボ)」を使った園児見守りサービスが普及期を迎えている。身長28センチメートルのミーボが保育園の園児とクイズなどで遊びつ…

インタビューや拡大表示できる作品写真掲載する伝統工芸サイト開設 画像
インバウンド・地域活性

インタビューや拡大表示できる作品写真掲載する伝統工芸サイト開設

 日本のものづくりの担い手の声を届け、作り手と使い手をつなげる……そんなコンセプトを掲げるサイト「JIZAI(ジザイ)」がオープンした。

研究と企業をマッチング…芝浦工大が産学交流イベント 画像
インバウンド・地域活性

研究と企業をマッチング…芝浦工大が産学交流イベント

 芝浦工業大学が企業との技術マッチングをめざしたイベント「産学官連携研究交流会」を3月17日に行う。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 10
  8. 20
  9. 30
  10. 40
  11. 最後
Page 1 of 49
page top