インバウンド・地域活性ニュース記事一覧(2ページ目)

栃木県の総合スポーツゾーン新武道館整備、壁に益子焼など「栃木らしさ」を演出 画像
インバウンド・地域活性

栃木県の総合スポーツゾーン新武道館整備、壁に益子焼など「栃木らしさ」を演出

 栃木県は、総合スポーツゾーン(宇都宮市西川田)内に整備する新武道館の基本・実施設計を完了した。工事は2期に分け、17年度に武道場と近的弓道場工事を発注。20年度の供用開始を目指す。遠的弓道場の予定地には現在、県内唯一の […]

「原宿駅前プロジェクト」で、竹下通り周辺はどう変わる? 画像
インバウンド・地域活性

「原宿駅前プロジェクト」で、竹下通り周辺はどう変わる?

 NTT都市開発は6日、東京都渋谷区で計画している商業・住宅系の複合開発事業「原宿駅前プロジェクト」の詳細を公表した。総事業費約550億円を投じ、総延べ約2・7万平方メートル規模の建物2棟を建設する。設計は竹中工務店と伊 […]

【那覇型ビジネス成功の理由:1】インバウンド交流型ホテル、集客の秘訣は? 画像
インバウンド・地域活性

【那覇型ビジネス成功の理由:1】インバウンド交流型ホテル、集客の秘訣は?

沖縄に2015年にオープンした“交流型滞在ホテル”が、インバウンド比率8割と訪日観光客に人気だ。なぜ、ホステルやゲストハウスではないのか? そこには住人交流型“ソーシャルアパートメント”で培ってきた、独自の経営戦略があるという。

地方空港へのLCC国際線就航を支援、「訪日誘客支援空港」認定制度を導入…着陸料割引など 画像
インバウンド・地域活性

地方空港へのLCC国際線就航を支援、「訪日誘客支援空港」認定制度を導入…着陸料割引など

国土交通省は、地方空港の国際航空ネットワーク充実とインバウンド増加に向けて、LCC(格安航空会社)などの国際線の就航を推進する地方空港を「訪日誘客支援空港」に認定する。

京都伏見のお酒を飲み比べ…叡山電鉄『日本酒電車』3回目の運行 画像
インバウンド・地域活性

京都伏見のお酒を飲み比べ…叡山電鉄『日本酒電車』3回目の運行

叡山電鉄(京都市左京区)は4月1日、貸切列車『えいでん日本酒電車』を運行する。2015年3月に初めて運行し、今年で3回目。京都伏見の老舗蔵元の日本酒を車内で味わう。

廃校を地方創生の拠点に! 新しい福祉・交流・農業生産が生まれる! 画像
インバウンド・地域活性

廃校を地方創生の拠点に! 新しい福祉・交流・農業生産が生まれる!

 少子化などを背景に毎年約500校の小・中高校が廃校となる中で、施設を活用する動きが広がっている。全国4000以上の廃校が、体験交流や福祉施設、工場に生まれ変わり、農産物の栽培施設や食品工場としての活

お茶産地PR、体験型「お茶ツーリズム」など注目のインバウンド策! 画像
インバウンド・地域活性

お茶産地PR、体験型「お茶ツーリズム」など注目のインバウンド策!

 茶生産量1位を誇る静岡県で、新茶の季節を前に国内外に茶をアピールしようと、自治体があの手この手の戦略を打ち出している。緑茶を市のブランドとして位置付ける島田市は緑茶色の郵便ポストを設置した他、フラン

地酒や麦とろご飯も…岐阜・明知鉄道の「食堂列車」に乗ってみた 画像
インバウンド・地域活性

地酒や麦とろご飯も…岐阜・明知鉄道の「食堂列車」に乗ってみた

鉄道は学校や会社、あるいは観光地への移動という「目的」を実現するための「手段」だが、近年は鉄道の利用自体を「目的」にした観光列車が各地で増えている。その形態はさまざまだが、とくに多いのが、車内で沿線の食や酒を楽しめる「食堂列車」だ。

魚肉も美味! キャビアだけじゃない、チョウザメの新ビジネス! 画像
インバウンド・地域活性

魚肉も美味! キャビアだけじゃない、チョウザメの新ビジネス!

キャビアの生産量で日本一を誇る宮崎県。その生産現場には、新たなビジネスのチャンスがあった。かつては廃棄されていたシロチョウザメの肉をレストランに売り込む。養殖業者の女社長が考えた、そのビジネス戦略とは?

桜美林学園が新宿区に新キャンパス整備。財務省から土地と建物を取得 画像
インバウンド・地域活性

桜美林学園が新宿区に新キャンパス整備。財務省から土地と建物を取得

 桜美林学園(佐藤東洋士理事長)は、東京都新宿区に新キャンパスを整備する。延べ約1・7万平方メートル規模の施設を設ける。施設は桜美林大学の校舎として使う計画。建設地では既存施設の解体工事を戸田建設の施工で進めており、5月 […]

2025年の大阪万博誘致はオールジャパン体制! 有名人も起用 画像
インバウンド・地域活性

2025年の大阪万博誘致はオールジャパン体制! 有名人も起用

 大阪湾の人工島・夢洲(大阪市)を会場とする2025年日本国万国博覧会を誘致する活動が本格的に始まる。3月下旬に榊原定征経団連会長を会長に発足する官民共同の全国組織となる誘致委員会の設立総会を開催することが、15日に東京 […]

東京都東村山市、市役所を中心とした「市センター地区」構想策定へ 画像
インバウンド・地域活性

東京都東村山市、市役所を中心とした「市センター地区」構想策定へ

 東京都東村山市は、将来的な市役所の建て替えを含めた公共施設の再編を見据え、市役所を中心とした「市センター地区」を対象とする整備構想の検討に乗りだす。構想策定に向け、17年度から地区内の基礎調査を始める。渡部尚市長は15 […]

閉館した「グランベリーモール」(町田市)の再整備、新たなにぎわい拠点へ 画像
インバウンド・地域活性

閉館した「グランベリーモール」(町田市)の再整備、新たなにぎわい拠点へ

 東京急行電鉄は、12日に閉館した商業施設「グランベリーモール」(東京都町田市)の再整備計画を公表した。再整備後の商業施設は延べ約15万平方メートルの規模を想定。3月には東急建設の施工で既存施設の解体工事に着手し、5月に […]

東京圏国家戦略特区の追加へ。提案されたのは歌舞伎町のほかどのエリア? 画像
インバウンド・地域活性

東京圏国家戦略特区の追加へ。提案されたのは歌舞伎町のほかどのエリア?

 内閣府の東京圏国家戦略特別区域会議が10日に開かれ、都内で計画されている4地区の大規模開発プロジェクトが特区認定に向けて追加提案された。「歌舞伎町一丁目地区」(新宿区)、「赤坂二丁目地区」(港区)、「南池袋二丁目C地区 […]

富裕層インバウンドの法則その5 画像
インバウンド・地域活性

富裕層インバウンドの法則その5

最近購読しているメールマガジンに見入ってしまった言葉があったので今号でぜひ考え方として紹介してみたい。曰く、「顧客を創る顧客」を創るのが顧客視点の経営の本質である、と。

兵庫県の2号加古川橋架替、18年度事業認可をめざし都市計画変更へ 画像
インバウンド・地域活性

兵庫県の2号加古川橋架替、18年度事業認可をめざし都市計画変更へ

 兵庫県は、1925(大正14)年の完成から90年以上が経過し、川の流れの阻害要因になっている国道2号加古川橋(加古川市)の架け替え事業に18年度着手する。昨年12月に地元住民らでつくる加古川市国道2号等整備促進協議会が […]

新橋・田村町地区の再開発、高さ150メートルの超高層ビルも 画像
インバウンド・地域活性

新橋・田村町地区の再開発、高さ150メートルの超高層ビルも

 東京都港区西新橋1丁目で延べ10万平方メートル超の複合施設の整備を計画している新橋田村町地区市街地再開発準備組合は、導入機能など施設計画の詳細を固めた。高さ約150メートルの超高層ビルに事務所や店舗、駐車場のほか、保育 […]

「品川新駅」本格着工。日本のグローバルなゲートウエーに! 画像
インバウンド・地域活性

「品川新駅」本格着工。日本のグローバルなゲートウエーに!

 東京のJR品川駅と田町駅の中間付近に新設される山手線・京浜東北線の「品川新駅(仮称)」が本格着工した。JR東日本が整備する新駅の駅舎本体工事と、都市再生機構が新駅周辺で進める土地区画整理事業の合同安全祈願祭が10日、現 […]

首都高速3号線/池尻~三軒茶屋間を大規模更新、地下構造物補強へ 画像
インバウンド・地域活性

首都高速3号線/池尻~三軒茶屋間を大規模更新、地下構造物補強へ

 ◇地下構造物の補強実施  首都高速道路会社は首都高速3号線池尻~三軒茶屋区間(東京都世田谷区~目黒区、延長約1・5キロ)の大規模更新事業で、東京急行電鉄と地下構造物の補強工事の施工委託協定を今春をめどに締結する。既に事 […]

青函トンネルの大規模修繕、トンネルの延命化へ 画像
インバウンド・地域活性

青函トンネルの大規模修繕、トンネルの延命化へ

 鉄道建設・運輸施設整備支援機構とJR北海道は、津軽海峡線開業から約30年が経過した青函トンネルの大規模修繕事業に本格着手する。構造物の維持管理を共同で実施している両者は盤ぶくれや内空断面の縮小などの変状が確認された「吉 […]

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 10
  9. 20
  10. 30
  11. 40
  12. 50
  13. 最後
Page 2 of 154
page top