インバウンド・地域活性 コラム記事一覧

最新のIT機器活用で訪日リピーターを生み出す/インバウンドマーケットEXPO 画像
インバウンド・地域活性

最新のIT機器活用で訪日リピーターを生み出す/インバウンドマーケットEXPO

『インバウンドマーケットEXPO2018』から気になるブースをピックアップ。ITを使った最新機器に注目し、特に訪日外国人を相手にした宿泊業や飲食業などで活躍しそうな製品やサービスを紹介する

海外富裕層の受け入れ体制とベジ対応が急務/インバウンドマーケットEXPO 画像
インバウンド・地域活性

海外富裕層の受け入れ体制とベジ対応が急務/インバウンドマーケットEXPO

『インバウンドマーケットEXPO2018』より気になるセミナーのピックアップ。海外観光客の多様な食文化(ベジタリアンやハラルフードなど)への理解とその対応は、これからのインバウンド対応として大きな課題だ

年間赤字1億の宿を90日で再生! 大手も手つかずの小規模宿再生術/ワールドリゾートオペレーション 画像
インバウンド・地域活性

年間赤字1億の宿を90日で再生! 大手も手つかずの小規模宿再生術/ワールドリゾートオペレーション

インバウンドブームですが、リゾートホテルや旅館の客室稼働率は低く、旅館は平均で37.1%と低迷。リゾートホテルや旅館の再生を手掛けるワールドリゾートオペレーションの宿再生の取組から地域がこうした状況を打破するには何が必要かを考えます

相次ぐ新設バスターミナル。FIT化進展への対応は十分か? 画像
インバウンド・地域活性

相次ぐ新設バスターミナル。FIT化進展への対応は十分か?

新宿の新しい高速バスターミナル「バスタ新宿」が2016年4月に開業してから間もなく2年を迎える。新宿地区では高速バスの停留所が19カ所にも分散していた。それらの全てが「バスタ新宿」に集約されたのであるから大変便利になった。一方で課題もある。

地方創生のカギをにぎる「プロ人材マッチング」/第3回 成功へのシナリオ(事例編) 画像
インバウンド・地域活性

地方創生のカギをにぎる「プロ人材マッチング」/第3回 成功へのシナリオ(事例編)

首都圏の大企業で管理職や専門職を経験した「プロフェッショナル人材」を地方の中小企業で採用する動きが注目を集めている。ビズリーチ加瀬澤良年さんに話を聞く第3回、各地での成功事例とともに最近話題の副業・兼業と地方企業との関係についても紹介する

2018 観光産業の潮流、押さえておきたい4つの波 画像
インバウンド・地域活性

2018 観光産業の潮流、押さえておきたい4つの波

2017年は数字の上ではいざなぎ景気を超える好景気となりました。2018年はどんな年になるのか。今回は、インバウンドをはじめ観光産業において、今年押さえておきたい4つのトレンドをピックアップ。その変化と進化、そして今年起こる新たな波を紹介します

金融機関による「地域商社」は地域経済の起爆剤となるか?/地域商社やまぐち(株)の挑戦 画像
インバウンド・地域活性

金融機関による「地域商社」は地域経済の起爆剤となるか?/地域商社やまぐち(株)の挑戦

地方の金融機関による「地域商社」事業に参入するが事例が増えている。地銀や信用金庫にとって、自らが地域商社事業に参入することは地域経済の起爆剤となるのだろうか? 「地域商社やまぐち株式会社」を通じて、金融機関による地域商社事業について紐解きたい

急速にFIT化するインバウンド市場。新しいタイプのバス商品が登場 画像
インバウンド・地域活性

急速にFIT化するインバウンド市場。新しいタイプのバス商品が登場

第5回「高速バス・マネジメント・フォーラム」では、「自動運転バス」「個人旅行化が進む観光」「バス事業者の広報」という3つのテーマに沿って、多くの講師が登壇。興味深かったセミナーを紹介しよう

農村の空き家を宿泊施設に! 観光客目線で農泊を/兵庫県篠山市 画像
インバウンド・地域活性

農村の空き家を宿泊施設に! 観光客目線で農泊を/兵庫県篠山市

 農村の空き家を宿泊施設として活用し、集落の維持と活性化につなげる動きが出てきた。観光名所でなくても、農村風景や古民家のたたずまい、地域に根付いた食文化や風習などが来訪者を引き寄せる。集落側は、空き家

地域を“アゲる”観光行政、“サゲる”観光行政 画像
インバウンド・地域活性

地域を“アゲる”観光行政、“サゲる”観光行政

様々な場面で地域間の格差が拡大しています。自治体の規模や財政もさることながら、地域の活性・不活性に直結する地域間競争を勝ち抜く力の差、その基礎となる意識や意欲の面でも差は目に見えるかたちで表れてきています。今回はこの地域観光行政の格差について考えます。

どこかおかしい「バス」への期待 ~観光産業、行政の皆さんへ~ 画像
インバウンド・地域活性

どこかおかしい「バス」への期待 ~観光産業、行政の皆さんへ~

「高速バス事業者向けのコンサルティング会社です」と名刺を出すと、相手の表示が突然パッと輝くことがある。自治体で観光行政に関わる方や、旅館の経営者の方が多い。「ぜひ、ウチの街、宿まで高速バスを走らせてください」という話になる。

東京下町の上野観光連盟が、AI自動翻訳サービス導入を決めた理由とは? 画像
インバウンド・地域活性

東京下町の上野観光連盟が、AI自動翻訳サービス導入を決めた理由とは?

「アメ横」に代表される商店街が加盟する上野観光連盟。年間自主予算は約5,000万円の小所帯。低コストで商店街やホテル・旅館に推奨できる翻訳サービスを探していた中、文化観光業界特化型AI翻訳を活用した、観光事業者向け翻訳サービス「ジャパリンガル」の導入を決めた

<シリーズ> 陶磁器産業復活のシナリオ(事例・常滑編) 画像
インバウンド・地域活性

<シリーズ> 陶磁器産業復活のシナリオ(事例・常滑編)

水津陽子さんがひとつの業界にしぼって徹底取材。その現在と展望を、課題分析編、解決戦略編、具体事例編のパートにわたり深い視点で切り込んでいきます。第1回で取り上げるのは落ち込みの激しい「陶磁器産業」です。Vol.3では常滑の成功事例から復活の道のりを探ります。

8兆円のインバウンド市場を獲得せよ!~地域観光商品とB2B商談会~ 画像
インバウンド・地域活性

8兆円のインバウンド市場を獲得せよ!~地域観光商品とB2B商談会~

今、日本中の観光事業者たちは、外国人観光客を地域に呼び込むPRを行い、外国人が好む観光商品やサービスに挑んでいる。消費総額において外国人比率は年々増加しているのに対して日本人はここ数年、ほぼ横ばい。これがインバウンド消費を狙いに行くべき理由である。

「インバウンドというだけでは儲からない」/インバウンド・観光ビジネス総合展 画像
インバウンド・地域活性

「インバウンドというだけでは儲からない」/インバウンド・観光ビジネス総合展

「インバウンド・観光ビジネス総合展」セミナーリポート、第五回は『「インバウンドベンチャー最前線!」第4部 進化する日本のおもてなし!訪日外国人の満足度とは』から、ベンチャー企業から見たインバウンドビジネスの未来を考える。

知られざる“爆売れ”、その理由は?/インバウンド・観光ビジネス総合展 画像
インバウンド・地域活性

知られざる“爆売れ”、その理由は?/インバウンド・観光ビジネス総合展

「インバウンド・観光ビジネス総合展」セミナーリポート、第四回は『「インバウンドベンチャー最前線!」第3部『爆売れ』を実現したブランディング事例を大公開!』から、中国人に対する“爆売れ”の事例をベースに外需獲得のためのブランディングについて。

訪日客の “悩みごと”を見つけサービスに変える!/インバウンド・観光ビジネス総合展 画像
インバウンド・地域活性

訪日客の “悩みごと”を見つけサービスに変える!/インバウンド・観光ビジネス総合展

「インバウンド・観光ビジネス総合展」セミナーリポート、第三回は『「インバウンドベンチャー最前線!導入急増中!訪日外国人であふれる街での課題に応える新サービス』から、訪日外国人が来日時に抱える課題とそれを解決するためのサービス事例を紹介する。

インバウンド、いますぐおさえるべきポイントは何か?/インバウンド・観光ビジネス総合展 画像
インバウンド・地域活性

インバウンド、いますぐおさえるべきポイントは何か?/インバウンド・観光ビジネス総合展

「インバウンド・観光ビジネス総合展」が、「ツーリズムEXPOジャパン2017」内のフェアinフェアとして初開催された。今後のインバウンドビジネスや地域創生プロジェクトに向けての課題や問題解決の手がかりをリポート。第一回は「やまとごころ」村山慶輔氏のセミナー要約

新たな「フェニックス族」――都市と地方の新たな関係 画像
インバウンド・地域活性

新たな「フェニックス族」――都市と地方の新たな関係

高速バスの歴史を考える際のキーワードの一つに「フェニックス族」という言葉がある。鉄道だと大回りで相当時間がかかる宮崎~福岡間で、宮崎交通と西鉄らが、共同運行の高速バスを運行開始したのは1988年だ。次々に増便を繰り返し現在では29往復という人気路線に成長した

<シリーズ> 陶磁器産業復活のシナリオ (解決戦略編) 画像
インバウンド・地域活性

<シリーズ> 陶磁器産業復活のシナリオ (解決戦略編)

シリーズ「十年で6割超の市場を失った陶磁器産業」。Vol.2ではその復活のシナリオを描きます。輸出やインバウンドという千載一遇の好機を目の前にしながら、傍観する姿が目立つ産地や事業者。そこに踏み出せない理由とその突破口は?

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 最後
Page 1 of 8
page top