制度・ビジネスチャンス コラム記事一覧

売上1億円のカベ、10億円のカベってなに? 画像
制度・ビジネスチャンス

売上1億円のカベ、10億円のカベってなに?

プロフェッショナル・コラムの新しい寄稿者は、7月に新書『忙しい社長を救う経理改革の教科書』を上梓した会計士兼経営者の李 日生(り はるき)さんです。第一回目は、中小企業が成長過程で陥る売上鈍化について。その原因と解決法をすっきりと説明してくれます。

神奈川県「CHO構想推進事業所」と、「企業対抗ウォーキングイベント」参加企業を募集! 画像
制度・ビジネスチャンス

神奈川県「CHO構想推進事業所」と、「企業対抗ウォーキングイベント」参加企業を募集!

神奈川県では、「CHO(健康管理最高責任者)構想」を前進させるために、「CHO構想推進事業所」の登録を募集することとした。CHOを設置して健康経営に取り組む企業や団体の事業所を、「CHO構想推進事業所」として登録するという内容だ。

不況のときには経費を押さえ、好景気に備える 画像
制度・ビジネスチャンス

不況のときには経費を押さえ、好景気に備える

人件費の削減は、リストラよりも全員の給与の一律カットのほうがいい。そして、全社一丸で頑張るというほうが、会社の力になるはずである。リーマンショックのときは、そのような対応を行った会社が多かった。その際に特に印象に残ったのは、日本電産の永守重信社長である。

成功する新業態:02|胡蝶蘭と同価格でインパクトのある花を贈る/Sakaseru 画像
制度・ビジネスチャンス

成功する新業態:02|胡蝶蘭と同価格でインパクトのある花を贈る/Sakaseru

法人のお祝い事に贈られる花といえば胡蝶蘭が定番だが、そんな常識を覆し胡蝶蘭と同金額帯でより印象に残る花を贈ることのできるサービスで起業したのが、Sakaseru(サカセル)だ。定番に負けないための工夫は、トップフラワーデザイナーによるオリジナルなアレンジメントだ

利益は経営者の闘争心によって出していくもの 画像
制度・ビジネスチャンス

利益は経営者の闘争心によって出していくもの

中小企業、特に小さな会社は、経営者があきらめたときに赤字になる。したがって、経営者があきらめない限り、黒字になる可能性が残っている。その決め手になるのが、経営者の「闘争心」だ。

「SDGs」「サステナブル経営」をもっとよく知るために 画像
制度・ビジネスチャンス

「SDGs」「サステナブル経営」をもっとよく知るために

このところ「SDGs(エスディージーズ)」という言葉を耳や目にする機会が増えてきている。しかしそれが一体何なのか、今後、企業経営にどう影響してくるのか? 気になっているが理解に至らない「SDGs」や「サステナブル経営」について解説する

業績を上げたいのなら、まずは会計のしくみから作れ! 画像
制度・ビジネスチャンス

業績を上げたいのなら、まずは会計のしくみから作れ!

「会計なんて、過去の結果を表しているに過ぎない、そんなの見たって・・・」と思っている経営者が実はとても多い。「過去の数字を見てもしょうがない。大事なのはこれからどうするかだ」とか言って、会計を重視しない経営者が多過ぎるのだ。

「2017年版 中小企業白書」と、創業支援策の課題(後編) 画像
制度・ビジネスチャンス

「2017年版 中小企業白書」と、創業支援策の課題(後編)

よりよい仕事と収入の道を求めるなかに、自分たちで事業を起こし、稼いでやろうという考え方があってなんの不思議もない。「200万円以下」の収入に悩む人たちが新たな仕事のかたちを築く、それを当然国は支援すべきではないだろうか。

「2017年版 中小企業白書」と、創業支援策の課題(前編) 画像
制度・ビジネスチャンス

「2017年版 中小企業白書」と、創業支援策の課題(前編)

本年版の『中小企業白書』が4月21日に発表され、まもなく市販版も店頭に並ぶ。1200ページ余の大部ともなると、いささか読み通す気力も失せるが、近年は分かりやすい要約資料が公開されるうえ、特に今回は記述は狙いを絞られており、理解するのに困るといったことはない。

ドラマ「小さな巨人」 に見る、組織内派閥抗争の行方 画像
制度・ビジネスチャンス

ドラマ「小さな巨人」 に見る、組織内派閥抗争の行方

TBS系のドラマ『小さな巨人』が盛り上がってきた。物語は警察組織内での激しい派閥抗争が描かれていく。監修の福澤克雄を筆頭とする『半沢直樹』のチームが制作、ドラマ自体はオリジナルだが、警察版『半沢直樹』とでも言うような話となっている

好景気でも不景気でも、会社は赤字を出してはいけない 画像
制度・ビジネスチャンス

好景気でも不景気でも、会社は赤字を出してはいけない

経営者であれば「好景気であっても、不景気であっても、絶対に赤字は出さない。必ず利益を出す」という強い信念で経営をしなければならない。業績を景気のせいにしている経営者は自分の能力のなさを自らひけらかしているようなもので、情けない。

農商工連携と六次産業化、制度利用をビジネスに活かす/後編 画像
制度・ビジネスチャンス

農商工連携と六次産業化、制度利用をビジネスに活かす/後編

農家の課題は地域の課題ーー「農家から規格外レモンを相場より高く買取ることができれば、農家は安心・継続してレモンを栽培できるようになるはず。その仕組みがこの地域の課題解決となる」。レモン加工品の販売と飲食を併設した「とびしまcafe」の始まりである。

農商工連携と六次産業化、制度利用をビジネスに活かす/前編 画像
制度・ビジネスチャンス

農商工連携と六次産業化、制度利用をビジネスに活かす/前編

瀬戸内沿岸エリアの地域おこしグループ「瀬戸内ネロリウム協議会」では、地域の農商工連携事業の成功を目指して、柑橘類で作ったハーブティーやアロマオイルなどの製造・販売を行なっている。生産を増やして得た収益を雇用に再投資する好循環をいかに確立するか?を追う

筑波大学の産学連携、「世界初」の取り組みに注目! 画像
制度・ビジネスチャンス

筑波大学の産学連携、「世界初」の取り組みに注目!

大学と民間企業が連携して新しいイノベーションを創出する。そんな「産学連携」という動きが、日本の大学・研究機関で盛んに行われている。今回は産学連携を積極的に進めている筑波大学を訪問し、MAFの研究で有名な沼田治教授に話を聞く。

~あたらしい訪問型ビジネス:4~いつもと同じ環境の中での“アイケア” 画像
制度・ビジネスチャンス

~あたらしい訪問型ビジネス:4~いつもと同じ環境の中での“アイケア”

かつては「メガネチェーン御三家」として順調に成長を遂げてきたメガネスーパー。しかし安売り店との競合に競り負け、創業以来の危機に陥ってしまう。そんな逆風のなか、2016年には9年ぶりに黒字化を達成。このV字回復の秘訣のひとつが「訪問販売」であるという。

NHK大河「おんな城主 直虎」幻想的なおとぎ話のなかの生々しい経営ドラマ 画像
制度・ビジネスチャンス

NHK大河「おんな城主 直虎」幻想的なおとぎ話のなかの生々しい経営ドラマ

今年スタートしたNHK大河『おんな城主 直虎』。脚本は連続テレビ小説『ごちそうさん』(NHK)の森下佳子。主人公の井伊直虎を演じるのは柴咲コウ。井伊家という小さな家族をいかにして守るのか?というテーマが見えてきたことで現代的な会社経営の話となってきている。

利は仕入れにあり 画像
制度・ビジネスチャンス

利は仕入れにあり

「利は仕入にあり」という言葉がある。これは商売の鉄則を表す言葉だ。近江商人が最も活躍したのが、大阪の商人の町船場(せんば)である。この商人の町、船場では、「売りは番頭に任せてもいいが、仕入は旦那がする。」と言われている。

■ニュース深堀り!■融資で不足な資金を調達する活性化ファンド 画像
制度・ビジネスチャンス

■ニュース深堀り!■融資で不足な資金を調達する活性化ファンド

地方銀行や信用金庫などがファンドを組んで、地域活性化のために地元の中小企業に資金する事例が増えている。このような“地域活性化ファンド”は、企業にとって有力な資金調達元となりえるのか、株式会社地域経済活性化支援機構の中井一郎さんに話を伺った。

~健康経営が生む新ビジネス:3~オフィス訪問の野菜販売が好調! 画像
制度・ビジネスチャンス

~健康経営が生む新ビジネス:3~オフィス訪問の野菜販売が好調!

健康経営の一環として、社食や自動販売機のラインナップなどから、従業員の食生活を改善しようという動きが出ている。オフィスの自販機にスティック野菜などをストックする「OFFICE DE YASAI」も、このようなニーズから取引先を増やしているようだ。

【東京五輪でビジネスに勝つ】製造技術アピール、動くのは今 画像
制度・ビジネスチャンス

【東京五輪でビジネスに勝つ】製造技術アピール、動くのは今

東京五輪で金メダルのメッキ加工を受注する――そのビジョンに向けて、すでに動き始めている中小企業がある。埼玉県に工場を持つ、老舗メッキ企業の日本電鍍工業。その代表取締役を務める伊藤麻美氏が考えるオリンピックビジネスとは?

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
Page 1 of 6
page top