制度・ビジネスチャンス

トップ記事

HOT TOPICS

制度・ビジネスチャンス

制度・ビジネスチャンス 最新記事

もっと見る
売上1億円のカベ、10億円のカベってなに? 画像
制度・ビジネスチャンス

売上1億円のカベ、10億円のカベってなに?

プロフェッショナル・コラムの新しい寄稿者は、7月に新書『忙しい社長を救う経理改革の教科書』を上梓した会計士兼経営者の李 日生(り はるき)さんです。第一回目は、中小企業が成長過程で陥る売上鈍化について。その原因と解決法をすっきりと説明してくれます。

首都高速会社、大規模更新事業インフォセンター開設/東品川の現場事務所に 画像
制度・ビジネスチャンス

首都高速会社、大規模更新事業インフォセンター開設/東品川の現場事務所に

 首都高速道路会社は、老朽化が進む首都高速道路で進める大規模更新事業をPRする一環で、東京都品川区内の現場事務所に「東品川桟橋・鮫洲埋立部更新事業インフォメーションセンター」を開設した。現時点で、現場見学会の参加者などを […]

国産小麦が用途を拡大、麺用→菓子向けにして成功! 画像
制度・ビジネスチャンス

国産小麦が用途を拡大、麺用→菓子向けにして成功!

 製粉メーカーが国産小麦粉の用途拡大に取り組んでいる。麺用に開発されたタンパク含量の多い品種も、製粉度合いを細かく調整して菓子向けに仕上げ、商品化に成功している。国産小麦の引き合いの強さを追い風に販路

空き駐車場をネットで貸し借りできる! 駐車場シェアサービス「akippa」とは? 画像
制度・ビジネスチャンス

空き駐車場をネットで貸し借りできる! 駐車場シェアサービス「akippa」とは?

 借り手のいない月極駐車場、利用者のいないマンションの駐車場から、果ては空きスペースになっている個人宅の駐車場まで、あらゆる駐車場をネット経由で貸し借りできる駐車場シェアサービス「akippa」(アキッパ)が注目を集めている。

経営戦略としての健康管理 画像
もっと知りたい「健康経営」

経営戦略としての健康管理

消耗型経営はもう古い。社員の健康が生産性・効率アップを継続させる。そんな企業が注目されています。

次世代自動車の普及に8億3200万円、過去最大/地域交通のグリーン化へ 画像
制度・ビジネスチャンス

次世代自動車の普及に8億3200万円、過去最大/地域交通のグリーン化へ

国土交通省が示した自動車局の2018年度予算の概算要求総額は589億1300万円。17年度比では、国交省全体の概算要求額の増加率より低い1.08倍に留まった。

「建設産業政策2017+10」着々と具体化、10年後の建設業はどう変わる? 画像
制度・ビジネスチャンス

「建設産業政策2017+10」着々と具体化、10年後の建設業はどう変わる?

 10年後を見据えて建設産業政策の方向性を示した提言「建設産業政策2017+10」が策定され、4日で2カ月が経過した。この間、国土交通省は社会保険加入促進の対策強化や適正な工期設定に向けたガイドラインの策定など、提言され […]

佐賀県でカーシェアリング「タイムズカープラス」開始/初の全都道府県展開 画像
制度・ビジネスチャンス

佐賀県でカーシェアリング「タイムズカープラス」開始/初の全都道府県展開

タイムズ24は2017年9月7日から佐賀県でカーシェアリングサービス「タイムズカープラス」の提供を開始する。

国交省/民間施設同居で老朽公共施設の建替促進/民都機構の融資拡充、返済負担も軽減 画像
制度・ビジネスチャンス

国交省/民間施設同居で老朽公共施設の建替促進/民都機構の融資拡充、返済負担も軽減

 国土交通省は18年度から、老朽化した地方自治体の公共公益施設を対象に、官民連携建て替えを後押しする。マンションやホテルなどの大規模民間施設と同居する一つの建物として建てることを条件に、自治体の初期負担をゼロにできる民間 […]

【対談】広島県知事vsアスカネット社長…広島にはイノベーターを生み出すDNAがある 画像
特集:地方創生

【対談】広島県知事vsアスカネット社長…広島にはイノベーターを生み出すDNAがある

各地の取り組み、施策、その背景などを自治体首長にインタビューしました。

清水建設、経年ビルの取得再生事業に進出/最新性能付加し物件価値を最大化 画像
制度・ビジネスチャンス

清水建設、経年ビルの取得再生事業に進出/最新性能付加し物件価値を最大化

 清水建設は経年ビルに最新性能の設備を導入し、価値を高めながら再生する「サステナビリティ・リノベーション事業」に乗り出した。設備更新期を迎えた既存建物を取得した上で、最新の環境性能やBCP(事業継続計画)対応、健康・快適 […]

成功する新業態:03|建物価格1億円以上の「社長の邸宅」/フリーダムアーキテクツデザイン 画像
制度・ビジネスチャンス

成功する新業態:03|建物価格1億円以上の「社長の邸宅」/フリーダムアーキテクツデザイン

フリーダムアーキテクツデザインが今年7月より開始した、建物価格が1億円以上の富裕層向け家づくりプロジェクト「社長の邸宅」。なぜ「社長」なのか? 「社長の邸宅」とはどんなサービスなのか? 日本の富裕層はどんなライフスタイルを思い描いているのであろうか?

首都直下地震想定し道路啓開訓練実施/被害状況確認にドローン活用 画像
制度・ビジネスチャンス

首都直下地震想定し道路啓開訓練実施/被害状況確認にドローン活用

 首都高速道路会社は8月30日、東京都内で首都直下地震に備えた道路啓開訓練を実施した。訓練場所は首都高速中央環状線の大井北換気所の敷地内(東京都品川区八潮1)。高速道路の高架橋上に大型車など複数の車両が停留している状況を […]

国交省・伊藤明子住宅局長が就任会見/急増する空き家などストック対策重視 画像
制度・ビジネスチャンス

国交省・伊藤明子住宅局長が就任会見/急増する空き家などストック対策重視

 国土交通省の伊藤明子住宅局長は1日、日刊建設工業新聞など専門紙各社と就任会見し、既存住宅の流通促進などストック対策の観点を今後の住宅政策で重視する考えを表明した。人口減少に伴い住宅や建築の市場も変化している中、「人に寄 […]

生活の向上感、8割近くが「前年と同じようなもの」/内閣府世論調査 画像
制度・ビジネスチャンス

生活の向上感、8割近くが「前年と同じようなもの」/内閣府世論調査

 内閣府は8月28日、平成29年度の国民生活に関する世論調査の結果を公表した。前年と比べた生活の向上感は8割近くが「同じようなもの」と回答。今後の生活の見通しでも65.2%が「同じようなもの」と答え、いずれも前回調査時より上昇した。

関東整備局長 泊宏氏が就任会見/基幹事業を強力推進 画像
制度・ビジネスチャンス

関東整備局長 泊宏氏が就任会見/基幹事業を強力推進

 7月7日に就任した関東地方整備局の泊宏局長が29日、日刊建設工業新聞社など報道各社の取材に応じ、今後の方針を語った。首都圏3環状道路や八ツ場ダムなどの事業を強力に進める方針を表明。建設業への支援が必要との認識を示し、建 […]

コンビニや専門業者がサラダ&総菜類をオフィスでも販売へ! 画像
制度・ビジネスチャンス

コンビニや専門業者がサラダ&総菜類をオフィスでも販売へ!

 コンビニエンスストアや専門業者がオフィスで、サラダや機能性食品を販売する動きを強めている。無人販売スペースを設置し、人件費を掛けずに売り先を広げられるのが強み。受け入れ企業は従業員の健康改善策と期待

国交省・青木由行建設流通政策審議官が就任会見/一人一人の働き方改革実現を 画像
制度・ビジネスチャンス

国交省・青木由行建設流通政策審議官が就任会見/一人一人の働き方改革実現を

 国土交通省の青木由行建設流通政策審議官は24日、日刊建設工業新聞など専門紙各社と就任会見し、建設従事者一人一人の働き方改革の実現に向け、生産性向上の取り組みを加速させる考えを表明した。その成果を担い手、発注者、日本経済 […]

神奈川県「CHO構想推進事業所」と、「企業対抗ウォーキングイベント」参加企業を募集! 画像
制度・ビジネスチャンス

神奈川県「CHO構想推進事業所」と、「企業対抗ウォーキングイベント」参加企業を募集!

神奈川県では、「CHO(健康管理最高責任者)構想」を前進させるために、「CHO構想推進事業所」の登録を募集することとした。CHOを設置して健康経営に取り組む企業や団体の事業所を、「CHO構想推進事業所」として登録するという内容だ。

不況のときには経費を押さえ、好景気に備える 画像
制度・ビジネスチャンス

不況のときには経費を押さえ、好景気に備える

人件費の削減は、リストラよりも全員の給与の一律カットのほうがいい。そして、全社一丸で頑張るというほうが、会社の力になるはずである。リーマンショックのときは、そのような対応を行った会社が多かった。その際に特に印象に残ったのは、日本電産の永守重信社長である。

日建連/建設業ハンドブック2017作成/売上高営業利益率が4年連続上昇 画像
制度・ビジネスチャンス

日建連/建設業ハンドブック2017作成/売上高営業利益率が4年連続上昇

 日本建設業連合会(日建連)は、会員企業などの2016年度までの現状をまとめた「建設業ハンドブック2017」を作成した。受注の内容や経営状況の推移などを収録。受注額が15兆円台(会員企業97社)で推移する中、売上高営業利 […]

主要ゼネコン26社4~6月期決算/受注高は15社増加、手持ち工事消化を優先 画像
制度・ビジネスチャンス

主要ゼネコン26社4~6月期決算/受注高は15社増加、手持ち工事消化を優先

 ◇通期は全社が増収見込む  主要ゼネコン26社の17年4~6月期決算が出そろった。前年同期と比べ、増収が18社、本業のもうけを示す営業損益は17社が増益となった。業績の先行指標となる単体受注高は15社が増加した。「手持 […]

最新記事をもっと見る

page top