IT業務効率 コラム記事一覧

売上1億円のカベ、10億円のカベってなに?(続編) 画像
IT業務効率

売上1億円のカベ、10億円のカベってなに?(続編)

プロフェッショナル・コラムの新しい寄稿者は、7月に新書『忙しい社長を救う経理改革の教科書』を上梓した会計士兼経営者の李 日生(り はるき)さんです。第二回目は、売上10億円のカベを突破するための分業のススメです。

外食産業の生産性向上~エヴァンジェリストからの提言(後編) 画像
IT業務効率

外食産業の生産性向上~エヴァンジェリストからの提言(後編)

人口増加、経済成長を前提とした発想では、もはや立ち行かない外食産業。今求められているのは「ホスピタリティー産業」への変革だ。どうすればその目的に到達することができるのか? 前編に引き続きホットペッパーグルメ外食総研エヴァンジェリスト、竹田クニ氏に聞く

外食産業の生産性向上~エヴァンジェリストからの提言(前編) 画像
IT業務効率

外食産業の生産性向上~エヴァンジェリストからの提言(前編)

31兆円とも言われる市場規模の外食産業。この巨大産業が生産性について積極的に取り組まなければ、日本全体の生産性向上にはつながらない。ではどうすればその目的に到達することができるのか? ホットペッパーグルメ外食総研エヴァンジェリスト、竹田クニ氏に聞く。

外食産業の生産性向上~テクノロジーを付加価値へとつなげるために 画像
IT業務効率

外食産業の生産性向上~テクノロジーを付加価値へとつなげるために

国内の消費低迷とともに伸び悩んでいる外食産業に求められている生産性向上。それを達成するためには何をすればよいのか? その答えのひとつである「テクノロジー活用」について、ホットペッパーグルメ外食総研主催の「外食総研セミナー」が開催された。

飲食店の皆さん、棚卸しをしていますか? 棚卸しをする大事な3つの理由 画像
IT業務効率

飲食店の皆さん、棚卸しをしていますか? 棚卸しをする大事な3つの理由

飲食店で「棚卸し」というのを聞いたことありますでしょうか? 物を動かすことではなく、経理・会計上、大事な作業です。何をすることなのか? なぜ大事なのか? どうすれば楽にできるかを書きます。

サービス業のIT利用最前線!13 アプリで伝える、老舗の伝統と革新/ニユートーキヨー 画像
IT業務効率

サービス業のIT利用最前線!13 アプリで伝える、老舗の伝統と革新/ニユートーキヨー

ビヤホール・ビヤレストランを中心に和洋中の飲食業を展開している(株)ニユートーキヨー。創立80周年となる今年6月にスマホアプリをリリースした。店舗のチェックイン機能などをはじめ、顧客がアプリを使用することによってカスタマーサービスの向上を目指している

サービス業のIT利用最前線!12 24時間スマホで把握、進化する介護付きホーム/アズパートナーズ 画像
IT業務効率

サービス業のIT利用最前線!12 24時間スマホで把握、進化する介護付きホーム/アズパートナーズ

「EGAO link」は、介護付きホーム入居者の状況を集中把握・記録し、手元のスマートフォンでいつでも確認可能にする、業界初のシステムだ。ナースコールにも対応し、24時間態勢で大幅な業務効率化を実現できる

「コーヒー界のグーグル」が起こす、IT目線の生産性革命(後編)/ABC 画像
IT業務効率

「コーヒー界のグーグル」が起こす、IT目線の生産性革命(後編)/ABC

世界的に低いと言われる日本の生産性。日本で初店舗を構えた、コーヒー界のグーグル「アルファベータコーヒークラブ」はこの状況をどう見ているのだろうか? 日本の生産性向上のヒントを語ってもらった

サービス業のIT利用最前線!11 「落とし物」をこの世界からなくすために/MAMORIO 画像
IT業務効率

サービス業のIT利用最前線!11 「落とし物」をこの世界からなくすために/MAMORIO

紛失防止デバイス「MAMORIO」は世界最小クラスの「落し物防止タグ」。カギやバッグなど、日常生活で忘れ物になりがちなアイテムに取り付けておくことで、紛失を防止できる。「Amazonランキング大賞2017上半期」Launchpad部門では、1位を獲得するなど、好調に推移している

「コーヒー界のグーグル」が起こす、IT目線の生産性革命(中編)/ABC 画像
IT業務効率

「コーヒー界のグーグル」が起こす、IT目線の生産性革命(中編)/ABC

コーヒー界のグーグル、「アルファベータコーヒークラブ」。ITを駆使した生産、顧客管理のほかに「月額制のカフェ」という新しい方式を導入している。カリフォルニアでは主流となっているこのモデル、日本でどう受け止められるのか?

RPA(Robotic Process Automation)をご存知でしょうか? 画像
IT業務効率

RPA(Robotic Process Automation)をご存知でしょうか?

日本では人工知能・AI(Artificial Intelligence)がもてはやされていますが、実際にビジネスで活用されているのはごく僅かです。今回紹介する「RPA」は、ホワイトカラーを中心に事務作業等のルーチン業務を自動化する仕組み等を指します。

「コーヒー界のグーグル」が起こす、IT目線の生産性革命(前編)/ABC 画像
IT業務効率

「コーヒー界のグーグル」が起こす、IT目線の生産性革命(前編)/ABC

先ごろ、東京の自由が丘に気になるコーヒーショップができた。そのコーヒーショップの名前は「ALPHA BETA COFFEE CLUB」、キャッチコピーは「ITの目線」「コーヒー界のグーグル」だ。「ITによる生産性向上」というビジネス文脈からも極めて示唆的な内容をもっている

サービス業のIT利用最前線!10 異文化を乗り越えるインバウンド民泊力/チャプターエイト 画像
IT業務効率

サービス業のIT利用最前線!10 異文化を乗り越えるインバウンド民泊力/チャプターエイト

訪日観光客向けインバウンドアプリ「Air Buy & Check」の運営を行っているのが(株)チャプターエイト。民泊総合ポータルサイト「民泊大学」も開設している。代表取締役社長CEOである高野勇斗氏に、インバウンド民泊向けの最先端アプリについて話を聞く

サービス業のIT利用最前線!9  20万円以下で賃貸住宅のIoT化/ロボットホーム 画像
IT業務効率

サービス業のIT利用最前線!9 20万円以下で賃貸住宅のIoT化/ロボットホーム

インベスターズクラウドは子会社のロボットホームを2016年4月に設立。IoTに注力したサービス開発を進めてきた。そして今回、賃貸住宅を手軽にIoT化し、居住者に提供可能にする「賃貸住宅キット」の販売およびOEM提供を開始した。

2018年の診療報酬改定、生き残りのカギはICT活用/国際モダンホスピタルショウ 画像
IT業務効率

2018年の診療報酬改定、生き残りのカギはICT活用/国際モダンホスピタルショウ

病院をはじめ、保健・医療・福祉分野における最新の機器、製品、システム、サービスなどを展示する最大級のイベント「国際モダンホスピタルショウ2017」。特にIT・ICTの利用で効率的な業務遂行を可能にする施策について2回に分けて関連するセミナーを紹介する。

サービス業のIT利用最前線!8 子どもの表現をITで助ける/あすみ福祉会 画像
IT業務効率

サービス業のIT利用最前線!8 子どもの表現をITで助ける/あすみ福祉会

“日本初の公園内保育所”として開園した「茶々そしがやこうえん保育園」。「クリエイティブ教育」をテーマに、最新のデジタルデバイスやインターネットテクノロジーを積極的に導入し、子ども達の知性や感性・積極性を刺激する教育を行っている。

サービス業のIT利用最前線!6 チャットボットで現場情報を共有、効率化 画像
IT業務効率

サービス業のIT利用最前線!6 チャットボットで現場情報を共有、効率化

連載「サービス業のIT利用最前線」今回は水道インフラの管理を行う「箱根水道パートナーズ」に焦点をあてる。業務のひとつに地域にはりめぐらされている水道管の管理がある。業務のシステム化にあたって「InCircle」というチャットツールを利用する方向になった。

「食」のプレゼンテーションは物産展からITの世界へ 画像
IT業務効率

「食」のプレゼンテーションは物産展からITの世界へ

「食で地域活性」と言えば、 百貨店や展示場を利用したイベントの形で開催されることが多かった。しかしそれでは継続的に地方の特産物の消費を実現するまではなかなか発展しない。そこでさらなる動きとして、バーチャルの世界やITを使った動きが出て来た。

サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:4 画像
IT業務効率

サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:4

観光庁が2016年度に実施した「宿泊業の生産性向上推進事業」。その内容について詳細に紹介する連載の最終回は、IT機器の導入や作業効率などに焦点をあてた改善の取り組みを中心に、日本生産性本部の二人のコンサルタントに今後の展望について語ってもらう。

サービス業のIT利用最前線!4 利用者、事業者ともにハッピーな予約台帳 画像
IT業務効率

サービス業のIT利用最前線!4 利用者、事業者ともにハッピーな予約台帳

今回とりあげるのは、予約・顧客管理システム「TableSolution(テーブルソリューション)」。ユーザが、情報検索、比較、決定、予約のアクションまで、スマホで行えるのに、お店側がアナログのままで分断されていた状況が、サービス開発の出発点だ。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
Page 1 of 6
page top