IT業務効率 コラム記事一覧

【IoTツール最新事情:後編】中小経営者が今一番使いたいツール 画像
IT業務効率

【IoTツール最新事情:後編】中小経営者が今一番使いたいツール

「第1回 中堅・中小製造業向けIoTツール募集イベント」では、応募のあった106件のツールを審査員が評価しました。そこで、各審査員が挙げたイチオシツールは、中小製造業の業務改善や付加価値の創造に有用なものとなりそうです。

【IoTツール最新事情:前編】本音で語る、中小企業のイチオシとは? 画像
IT業務効率

【IoTツール最新事情:前編】本音で語る、中小企業のイチオシとは?

製造業の人手不足や生産性向上といった課題を解決する上で、IoTの導入が注目されている。そこで利用されているツールは、果たして中小企業にとっても使えるような状況にあるのか? ツールコンテストで審査員を務めた教授や経営者に、その現状について話を伺った。

【AIで変わる経営:2】明かされた潜在顧客と“客が集う棚” 画像
IT業務効率

【AIで変わる経営:2】明かされた潜在顧客と“客が集う棚”

当初把握していたよりも、来店者数が10倍多かった。メガネ小売チェーン「ビジョンメガネ」のアリオ亀有店が、それを知るきっかけになったのが人工知能。この情報を元に、潜在顧客の獲得へと動き出す。

VR/ARのトレンドとは? 未来を提示する展示会「CES2017」 画像
IT業務効率

VR/ARのトレンドとは? 未来を提示する展示会「CES2017」

ラスベガスで「CES2017」というイベントが開催されました。出展社数3,500以上、17万人以上が訪れる世界最大の家電見本市です。近年ではベンチャーやスタートアップも出展し注目を集めています。VRを取り巻く環境がどのように変化したのかをご紹介します。

【AIで変わる経営:1】分析による裏付け、サイト内の集客増に 画像
IT業務効率

【AIで変わる経営:1】分析による裏付け、サイト内の集客増に

 AI(人工知能)を業務効率化に役立てようという動きを、ここ最近よく耳にするようになった。ビジネスの現状分析をはじめ、生産計画や市場予測など、経営の意思決定にかかわる領域でAIの活用が進んでいるようだ。

【中小工場のIoT化最前線:3】稼働状況も職員の体調も見える化! 画像
IT業務効率

【中小工場のIoT化最前線:3】稼働状況も職員の体調も見える化!

 前回の記事では武州工業株式会社がIoT、そしてその背景にある生産管理システム「BIMMS」の活用で、自動車業界の生産コストでLCC(Low Cost Country:ローコストカントリー)に対抗。“一個流し生産方式”の生産性を徹底的に高めてきた姿を追った。

【中小工場のIoT化最前線:2】LCCを実現、武州工業の戦略とは? 画像
IT業務効率

【中小工場のIoT化最前線:2】LCCを実現、武州工業の戦略とは?

 IoTは関連技術の発達とともに、どのビジネス分野においても避けては通れない重要な課題になってきた。

【中小工場のIoT化最前線:1】見える化で生産性を向上! 画像
IT業務効率

【中小工場のIoT化最前線:1】見える化で生産性を向上!

 以前から家電の世界などで盛り上がっていたIoTが、インダストリー4.0という名前とともに、工場での利用が本格化しはじめている。元々これはドイツから始まったムーブメントで、語源としては“第四次産業革命”といった意味合いになるだろうか。

HJHJアーカイブス:07「老舗旅館を立て直した“ITのおもてなし”」 画像
IT業務効率

HJHJアーカイブス:07「老舗旅館を立て直した“ITのおもてなし”」

 HJHJアーカイブスでは、年末にもう一度振り返りたい記事をピックアップしてお届けします。第五回目は破たんしかけた経営を立て直し、その売り上げを6年間で6割向上させた、神奈川県鶴巻温泉にある老舗温泉旅館の物語です。

【定額制ビジネスに勝算あり:3】少子化の今こそ子どもにフォーカス! 画像
IT業務効率

【定額制ビジネスに勝算あり:3】少子化の今こそ子どもにフォーカス!

シェア経済の概念を取り入れた、BtoCの定額制のレンタルビジネスが次々と生まれている。子ども用玩具の定額制レンタルサービス「トイサブ!」もその一つ。3ヶ月から3歳の子供を対象に、毎回3~7点の1万5千円相当のおもちゃが届く。

【自社システムを外販する:2】開発費を2年で回収、その戦略は? 画像
IT業務効率

【自社システムを外販する:2】開発費を2年で回収、その戦略は?

 自社向けに開発したシステムの外販ビジネスが、中小企業にも広がりつつある。システムをパッケージ化して販売することで、開発コストの負担軽減に成功している企業もあるようだ。

【自社システムを外販する:1】VRギャラリーを不動産業に転用! 画像
IT業務効率

【自社システムを外販する:1】VRギャラリーを不動産業に転用!

 自社で構築したシステムやノウハウを、他社に販売するというビジネスモデルがある。かつては大手企業がIT部門の機能を子会社として独立させ、利用していた情報システムを販売するものが多かった。

VRによる未来のコミュニケーションとは? 画像
IT業務効率

VRによる未来のコミュニケーションとは?

VR空間の中だからこそ伝えられる3Dモデルの質感や雰囲気、そしてそれを目の前にしながらのクライアントや仕事仲間とのコミュニケーションといった利用は広がっていくと考えられます。

【定額制ビジネスに勝算あり:1】ワイシャツレンタル、会社員ニーズを掴む 画像
IT業務効率

【定額制ビジネスに勝算あり:1】ワイシャツレンタル、会社員ニーズを掴む

 定額制でユーザー同士がモノを貸し借りするような、シェアリングエコノミーサービスが日本でも広がりつつある。若い世代は物に困ることがないので、ものを所有することにあまり執着しないことも、この流れを後押ししているようだ。

【ITで攻めの農業:3】圃場のクラウド管理で一等米を増産! 画像
IT業務効率

【ITで攻めの農業:3】圃場のクラウド管理で一等米を増産!

 農業はIT化が遅れているといわれているが、その分だけ身近なところにICTを導入するだけでも効果は高い。新潟県の米農家「そうえん農場」では、タブレットを使って日々の作業、肥料や農薬の量、気温・湿度などをクラウドに記録。

ユーザーに利便性を、ECサイトに売上をもたらすフィンテック 画像
IT業務効率

ユーザーに利便性を、ECサイトに売上をもたらすフィンテック

 前回の記事では株式会社47CLUBによる全国の地方新聞社厳選お取り寄せサイト「47CLUB(よんななクラブ)」と、同社が運営するギフト贈答専門サイト「おくりものソムリエ」の取り組みに見た、ECサイトの新たな可能性について紹介した。

フィンテック連携がギフトを変える! 利便性で生まれる新たな需要 画像
IT業務効率

フィンテック連携がギフトを変える! 利便性で生まれる新たな需要

 ITの進化によって、様々なサービスの軸足がリアルからウェブへとシフトしている。さらに、シンプルかつコンパクトなインターフェイスのスマホが一般化したことで、オンラインサービスに対するユーザーの意識も大きく変わった。

【ITで攻めの農業:2】年間売上100万円超、農家の太陽光発電 画像
IT業務効率

【ITで攻めの農業:2】年間売上100万円超、農家の太陽光発電

 耕作地に支柱を立てて太陽光発電システムを設置し、農業と発電事業を同時に行う「ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)」。

【ITで攻めの農業:1】投資300万円でも儲かるトマト自動栽培 画像
IT業務効率

【ITで攻めの農業:1】投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

 就農人口の減少と担い手の高齢化が、農業における大きな問題となっている。農業従事者の負担を減らし、新規就農を促進するためには、生産性や収益の向上が不可欠。そのために注目されているのがITの導入だ。

3Dプリンターが物流を変える!? 画像
IT業務効率

3Dプリンターが物流を変える!?

産業用3Dプリンターなら、小ロットの製品を最適な個数で短時間で生産できます。回転率の低い部品の在庫を持っておく必要もなくなり、必要な製品を必要とする場所で作ることもできます。産業用3Dプリンターの普及はものづくりの地産地消をもたらすと言えるのです。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
Page 1 of 5
page top