IT業務効率

トップ記事

HOT TOPICS

IT業務効率

IT業務効率 最新記事

もっと見る
「Suicaとはここが違う」単なる決済手段ではないWeChatPayの強さ 画像
IT業務効率

「Suicaとはここが違う」単なる決済手段ではないWeChatPayの強さ

いまや中国人の社会インフラともいわれるWeChatPay。アクティブユーザーは8億人にも達するという。なぜWeChatPayがこれだけ支持されているのか。テンセント社の日本展開をサポートする株式会社ネットスターズ 執行役員の大竹口隆氏に聞いた。

どこを“流せば”儲かるの?これからはAIが走行ルートを推薦し客をつかむ!! 画像
IT業務効率

どこを“流せば”儲かるの?これからはAIが走行ルートを推薦し客をつかむ!!

 DeNAでは「AI」を活用した次世代のタクシーサービスの実現を目指している。その特徴は、AIが周辺の需要予測をおこない、近くを走るタクシーそれぞれに最適な「流し走行のルート」を提案すること。

パイオニア、クラウド型運行管理サービスがスマホ/タブレットに対応 画像
IT業務効率

パイオニア、クラウド型運行管理サービスがスマホ/タブレットに対応

パイオニアは、クラウド型運行管理サービス「ビークルアシスト」の対応端末にスマートフォン/タブレットを追加、専用無料アプリ「コース業務管理」の提供を5月下旬より開始する。

AI活用の次世代タクシー配車アプリ「タクベル」、DeNAがリリース 画像
IT業務効率

AI活用の次世代タクシー配車アプリ「タクベル」、DeNAがリリース

DeNAと神奈川県タクシー協会は、AIを活用する次世代タクシー配車アプリ「タクベル」をリリース、横浜・川崎エリアにて4月19日より正式サービスを開始した。

経営戦略としての健康管理 画像
もっと知りたい「健康経営」

経営戦略としての健康管理

消耗型経営はもう古い。社員の健康が生産性・効率アップを継続させる。そんな企業が注目されています。

ヴァレオとNTTドコモが協業で合意/次世代コネクトカーやモビリティサービス開発へ 画像
IT業務効率

ヴァレオとNTTドコモが協業で合意/次世代コネクトカーやモビリティサービス開発へ

ヴァレオグループは4月12日、NTTドコモと次世代コネクテッドカーおよびモビリティサービスの開発における協業に向けた取り組みで合意した、と発表した。

「トイレの空き状況」がスマホでわかる!百貨店のIoTトイレにかかる期待 画像
IT業務効率

「トイレの空き状況」がスマホでわかる!百貨店のIoTトイレにかかる期待

有楽町マルイでは2018年の3月23日から5月21日まで、IoTとAIの技術を活用しながら「トイレの空き状況」をモバイル端末、または店舗に設置されているデジタルサイネージに配信するユニークな実証実験を行っている。

LINE対抗と騒がれるも実際は?キャリア3社が共同開発した「+メッセージ」とは? 画像
IT業務効率

LINE対抗と騒がれるも実際は?キャリア3社が共同開発した「+メッセージ」とは?

NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの3社が、SMS(ショートメール)のサービスを進化させて、チャット形式でメッセージに動画・写真などを加えたコミュニケーションを楽しめるアプリ「+メッセージ(プラスメッセージ)」を5月9日から提供する。

逃すな国産ポテチ需要!北海道 、加工用ジャガ増産へ  画像
IT業務効率

逃すな国産ポテチ需要!北海道 、加工用ジャガ増産へ 

 国産ポテトチップスの消費者ニーズの高まりを受けて、加工用ジャガイモの全国一の産地、北海道で増産の動きが活発化してきた。JAグループは加工用の生産を拡大、メーカーも品種改良で後押しする。昨年、米国・ア

【対談】広島県知事vsアスカネット社長…広島にはイノベーターを生み出すDNAがある 画像
特集:地方創生

【対談】広島県知事vsアスカネット社長…広島にはイノベーターを生み出すDNAがある

各地の取り組み、施策、その背景などを自治体首長にインタビューしました。

「翻訳」「交通」「テロ対策」、東京五輪で活躍しそうなAIテクノロジーは? 画像
IT業務効率

「翻訳」「交通」「テロ対策」、東京五輪で活躍しそうなAIテクノロジーは?

東京ビッグサイトで4月4日から6日まで開催されている「第2回 AI・人工知能EXPO」。本稿では300社におよぶ出展社のブースのなかから、東京オリンピック期間に活躍しそうな3つのソリューションをピックアップしてみた。

AIが自動応答するコールセンター 損保ジャパン日本興亜が展開 画像
IT業務効率

AIが自動応答するコールセンター 損保ジャパン日本興亜が展開

損害保険ジャパン日本興亜は全国のコールセンターに音声認識AI(人工知能)を活用した「アドバイザー自動知識支援システム」を3月から本格導入する。19日に発表した。

鹿島、コマツ/建機自動化システム開発体制強化/理研とAI導入促進チーム発足 画像
IT業務効率

鹿島、コマツ/建機自動化システム開発体制強化/理研とAI導入促進チーム発足

 鹿島は、コマツと共同で進める建設機械の自動化システム「クワッドアクセル」の研究開発体制を強化する。両社の取り組みに理化学研究所(理研)の革新知能統合研究センターが加わり、3者による連携チームを発足。人工知能(AI)によ […]

五洋建設、港湾工事で国内初のCIM導入/干渉チェックなど業務を効率化 画像
IT業務効率

五洋建設、港湾工事で国内初のCIM導入/干渉チェックなど業務を効率化

 五洋建設は27日、国内で初めて港湾工事にCIM(コンストラクション・インフォメーション・モデリング)を導入したと発表した。桟橋と付帯施設の築造で設計図面から作成した3次元(3D)モデルを活用。工事着手前に構造物の位置関 […]

新時代の交通の実現を目指し「AI運行バス」実証実験を実施/会津若松 画像
IT業務効率

新時代の交通の実現を目指し「AI運行バス」実証実験を実施/会津若松

JTBと会津電力株式会社、NTTドコモの3社は、 AI運行バスを活用した「モビリティ・シェア事業」の実証実験を3月19~25日に会津若松市内で実施した。

バスタ新宿で、高速バスロケシステムの実証実験/ETC2.0を活用 画像
IT業務効率

バスタ新宿で、高速バスロケシステムの実証実験/ETC2.0を活用

国土交通省は、バスタ新宿で高速バスの運行情報のリアルタイム提供に向けてETC2.0を共通プラットフォームとする高速バスロケシステムの実証実験を3月28日から開始する。

JR西日本の新幹線公衆無線LANサービスは今夏から/北陸新幹線も同時期に前倒し 画像
IT業務効率

JR西日本の新幹線公衆無線LANサービスは今夏から/北陸新幹線も同時期に前倒し

JR西日本は3月20日、同社が保有するN700系7000番台、700系、500系の各新幹線車両で、今夏から公衆無線LANサービスを開始すると発表した。

IoTの普及を加速させるか?フランス発の通信技術「Sigfox」とは 画像
IT業務効率

IoTの普及を加速させるか?フランス発の通信技術「Sigfox」とは

京セラコミュニケーションシステムが日本国内で専属契約を結ぶSigfox(シグフォックス)のIoT向けソリューションを紹介するセミナー形式のイベント「KCCS IoT Conference 2018」を開催した。

コミュニケーション宅配ロボット「CarrioTiCA」、品川でコーヒーをデリバリー 画像
IT業務効率

コミュニケーション宅配ロボット「CarrioTiCA」、品川でコーヒーをデリバリー

コミュニケーション宅配ロボット「CarrioTiCA」の社会実験が20日、東京品川のオフィス街で実施された。荷物を宅配するだけでなく、人とコミュニケーションがとれ、時には人の助けをかりて目的を達成するロボットビークルがびるの谷間を走った。

国交省が「AIセンター」構想を提唱、インフラ点検の効率化へ/インキュベーション機能として 画像
IT業務効率

国交省が「AIセンター」構想を提唱、インフラ点検の効率化へ/インキュベーション機能として

 国土交通省は、インフラ点検の効率化を目指した「人工知能(AI)センター」構想を打ち出した。13年度から経済産業省と連携し進めてきた「次世代インフラ用ロボット」の開発・導入に向けた取り組みをさらに推進。インフラ点検に取り […]

自動運転時代、無人バスの運賃支払いはどうなる? 画像
IT業務効率

自動運転時代、無人バスの運賃支払いはどうなる?

【金】すいません。人道車医療をテーマに書く予定のコラムですが、今回は変化球でお金の話です。自動運転で無人のバスが走るようになったら、お金ってどうやって払うんだろう?と思っちゃいまして。

東洋建設、クレーンカメラ映像検知システム開発/作業員の接近検知し警告 画像
IT業務効率

東洋建設、クレーンカメラ映像検知システム開発/作業員の接近検知し警告

 東洋建設は13日、クレーンによるつり荷作業の安全性を高めるシステムを開発したと発表した。クレーンのブーム先端に設置するカメラの映像から画像認識技術で作業員を検出。つり荷付近に作業員が近づくと警告灯が点灯し、接近を知らせ […]

最新記事をもっと見る

page top