人材 コラム記事一覧

ロバート・デ・ニーロの“老人力”に学ぶ、高齢者雇用/HR EXPO 画像
人材

ロバート・デ・ニーロの“老人力”に学ぶ、高齢者雇用/HR EXPO

「HR(人事労務・教育・採用)EXPO」で開催された、法政大学経営大学院 イノベーション・マネジメント研究科教授である藤村博之氏によるセミナー「安定経営とイノベーションのキーパーソン! 高齢者雇用は企業を強くする」の要約をお届けする

三代目社長のHANJO記:第3話――職人バカになるな! 客にとっての便利を考える/矢場とん 画像
人材

三代目社長のHANJO記:第3話――職人バカになるな! 客にとっての便利を考える/矢場とん

連載「三代目社長のHANJO記」では、新たな発想やマネージメントで歴史をつなぐ中小企業経営者の姿を伝える。第3話は、名古屋で有名な「矢場とん」三代目 代表取締役社長 鈴木拓将氏に話を聞く

~社内コミュニケーションの秘訣~すべてはカンナがけから始まった/アキュラホーム 画像
人材

~社内コミュニケーションの秘訣~すべてはカンナがけから始まった/アキュラホーム

連載第六回は、住宅会社の「株式会社アキュラホーム」の宮沢俊哉社長です。三代続いた大工の家系出身。2016年には第1回ホワイト企業アワードで「CSR部門賞」「女性活躍部門賞」をダブル受賞するなど、“働き方改革”に力を注いでいます

事業承継の2017年問題:3 50代のうちに考えておかないと間に合わない 画像
人材

事業承継の2017年問題:3 50代のうちに考えておかないと間に合わない

「事業承継の2017年問題」第3回はHANJO HANJOの人気連載コラムニスト、北岡修一税理士に話を聞く。息子や娘と事業承継について話をしていない。会社をたたむにしても従業員へ責任もある。そんな悩みを抱えている経営者が、事業承継で考えるべきポイントとは?

ドラマ「ゆとりですがなにか 純米吟醸純情編」骨太に描かれる若者の“労働観” 画像
人材

ドラマ「ゆとりですがなにか 純米吟醸純情編」骨太に描かれる若者の“労働観”

本作の面白味は、年長者達と若者の対立ではなく、入社2年目の社員や就活に悩む女子大生といったゆとり世代最後尾にあたる若者世代同士の衝突を中心に描いていることだ。近年のTVドラマでは描かれない「若者にとっての『働く』とはどういうことか」がしっかりと描かれている

~社内コミュニケーションの秘訣~初めは遊びでも出口が仕事につながればいい/BFT 画像
人材

~社内コミュニケーションの秘訣~初めは遊びでも出口が仕事につながればいい/BFT

連載第五回は、IT企業「株式会社BFT」の小林道寛社長です。ワークライフバランスの向上のためのプロジェクトを実施、社員同士のコミュニケーションの確保や金銭面での不安を払拭するいくつもの制度を導入しています

ドラマ「架空OL日記」を見て、OLの日常をしみじみ味わう 画像
人材

ドラマ「架空OL日記」を見て、OLの日常をしみじみ味わう

「会社のOLが何を考えているのか、イマイチよくわからないんだよね」ーーそんな悩みを抱えている管理職の男性に是非見てほしいのが、ドラマ『架空OL日記』だ。本作は、お笑い芸人のバカリズム(升野英知)が原作・脚本を手がける連続ドラマだ

銀行が変われば、地域も変わるーー持続可能な信金を目指して/横浜信金 画像
人材

銀行が変われば、地域も変わるーー持続可能な信金を目指して/横浜信金

横浜信用金庫はインターネット人材サービスのビズリーチと業務連携して、無料の採用ホームページを作るシステムを紹介するなどして、中小企業の人材確保を支援することになった。「地域にとっていま金融機関はどんな存在であるべきか?」を包含する意味のあるプランだ

事業承継の2017年問題:2 経営改善に取り組むのが先決 画像
人材

事業承継の2017年問題:2 経営改善に取り組むのが先決

いま60歳以上の経営者の50%が廃業を予定しているという。あと10年で日本の企業の1/4が廃業することになるのだ。中小企業の継続性を考える時、本当に必要な対応策は何なのか? 板橋区立企業活性化センター長の中嶋修さんに話を聞く。

~社内コミュニケーションの秘訣~驚異の社員定着率78%はなぜできたのか? 画像
人材

~社内コミュニケーションの秘訣~驚異の社員定着率78%はなぜできたのか?

連載第四回は、飲食店や結婚式場を運営するサービス・飲食業「一家ダイニングプロジェクト」の武長太郎社長です。近代的な合理経営では否定されがちな家族的経営で、結束で理念や文化を社員全員と共有しています。

事業承継の2017年問題:1  M&A成功のポイントはどこにある? 画像
人材

事業承継の2017年問題:1  M&A成功のポイントはどこにある?

2017年は団塊の世代が70歳を迎え、事業承継問題の象徴的な年になる。多くの経営者は65歳くらいには経営からリタイヤしたいと思っているが、実際には平均で67歳、小規模事業者で70歳という統計がある。

地方と企業の悩み交換、引き受けます 画像
人材

地方と企業の悩み交換、引き受けます

都会も田舎も共に良いところがあり、都会も田舎も共に課題を抱えているだけで、問題はミスマッチということに尽きる。双方が持つ課題を交換しあえれば、双方にベネフィットがあるのではないか。強くそう思う。

レゴで学べる!? 中小モノづくり企業の効果的な人材育成術 画像
人材

レゴで学べる!? 中小モノづくり企業の効果的な人材育成術

 東京都が例年、技能者の育成と技能継承について大きな成果を挙げた中小企業を表彰している「東京都中小企業技能人材育成大賞知事賞」。

■ニュース深堀り!■変わる制度と環境、シニア人材雇用の企業事情 画像
人材

■ニュース深堀り!■変わる制度と環境、シニア人材雇用の企業事情

年金の支給年齢を引き上げるため、収入の空白期間をなくしたい国と、人手不足に悩む企業。両者の意向がかみ合って、近年ではシニア人材の雇用が進んでいる。高齢者雇用安定法の改正などの法整備も進む中、その最新事情を人事戦略研究所所長の山口俊一さんが解説する。

社歌コンテスト大賞授賞式、AKB48 Team 8が会いに来た! 画像
人材

社歌コンテスト大賞授賞式、AKB48 Team 8が会いに来た!

「中小企業 社歌コンテスト」の一般投票でもっとも多くの票を集めたクラブン株式会社で、2017年3月8日に授賞式を開催。会場では審査員を務めたAKB48 Team8の香川県代表・行天優莉奈さんよりトロフィーが贈られました。

社歌コンテスト、大賞発表! 激戦を勝ち抜いたのはこの動画 画像
人材

社歌コンテスト、大賞発表! 激戦を勝ち抜いたのはこの動画

HANJO HANJO「中小企業 社歌コンテスト」では、このたび大賞が決定しました。大賞に輝いたのは、クラブン株式会社(岡山県)の「クラブン(株)社歌ラップ」です。

~社歌コン 応募社の横顔:29~社内ライブから心一つに-北海道の石油販売 画像
人材

~社歌コン 応募社の横顔:29~社内ライブから心一つに-北海道の石油販売

199カ所の「ENEOSサービスステーション」を運営する北海道エネルギー株式会社では、社員による部活動が盛んです。2013年のCM制作で、同社の音楽部はその歌を作成しました。それはメンバーの結束を高めるだけでなく、従業員全体のモチベーション向上にもつながったようです。

~社歌コン 応募社の横顔:28~従業員の絆、幸せを運ぶ-福岡の農機開発 画像
人材

~社歌コン 応募社の横顔:28~従業員の絆、幸せを運ぶ-福岡の農機開発

運搬用機械を手掛ける筑水キャニコムでは、1989年に社歌「みんなの幸せ」を発表しました。それから約29年にわたって、この歌は月に一度の朝礼などに、従業員の間で歌われてきました。そこに生まれた結束が、同社のオープンイノベーションを後押ししています。

事業承継と親族後継者の「学び」 画像
人材

事業承継と親族後継者の「学び」

今日の中小企業の最大の問題でもある、円滑な事業承継による存続と発展。問題は、「うまく受け継ぐ」ことだけにあるのではない。広い意味での「学び」をどう位置づけ、実行するかにより、事業承継と世代交代の「成否」も相当に左右されると痛感する。

~社歌コン 応募社の横顔:27~ラッパー社員、社訓を歌う-東京のIT企業 画像
人材

~社歌コン 応募社の横顔:27~ラッパー社員、社訓を歌う-東京のIT企業

デジタルコンテンツを運営・制作する株式会社ポッケには、ラッパーとして音楽活動をする一人の社員がいました。ある日、社長が彼に言います、「そろそろポッケの歌を作ってよ」と。こうして行動指針をラップで歌いあげる、ユニークな社歌が完成しました。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
Page 1 of 6
page top