記事アクセスランキング

デイリーランキング1〜10位

  1. 大宮駅グランドセントラルステーション化構想/東西通路や重層的交通広場も 画像
    1

    大宮駅グランドセントラルステーション化構想/東西通路や重層的交通広場も

    インバウンド・地域活性

     さいたま市は、「大宮駅グランドセントラルステーション(GCS)化構想(案)」をまとめた。都市再生特別地区などを活用した街づくりの推進をはじめ、東西自由通路整備を含めた大宮駅の機能高度化や重層的な駅前広場、道路ネットワー […]

  2. 北海道と札幌市、新幹線札幌駅の「大東案」に難色か/札幌市長「一度消した話」 画像
    2

    北海道と札幌市、新幹線札幌駅の「大東案」に難色か/札幌市長「一度消した話」

    インバウンド・地域活性

    北海道の高橋はるみ知事は、2月7日に開催された定例記者会見で、JR北海道から提案された、北海道新幹線札幌駅ホーム設置案の新案に対する見解を示した。

  3. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く 画像
    3

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    インバウンド・地域活性

     2020年東京五輪終了後も建設業界が成長を続けていくには、ビジネスモデルの転換や海外市場の開拓が不可欠になりそうだ。シンクタンク各社の建設関係担当者へのインタビューから市場動向と業界の将来像を読み解く。

  4. 羽田空港第2旅客ターミナル国際線対応施設、南側増築で機能強化 画像
    4

    羽田空港第2旅客ターミナル国際線対応施設、南側増築で機能強化

    インバウンド・地域活性

     日本空港ビルデングは、羽田空港第2旅客ターミナルで計画している国際線対応施設の建設工事の安全祈願祭を26日に現地で行った。10月6日に本格着工する。設計・監理は梓設計・安井建築設計事務所・ペリクラークペリアーキテクツジ […]

  5. 札幌駅北口周辺で再開発計画、50階建てビルは道内最高層! 画像
    5

    札幌駅北口周辺で再開発計画、50階建てビルは道内最高層!

    インバウンド・地域活性

     札幌市の札幌駅北口周辺で再開発事業を計画している「札幌駅北口8・1地区市街地再開発準備組合」は、本年度に本組合へ移行し、18年度に権利変換計画の認可を取得、工事着手を目指す。再開発ビルは50階建てなど4棟総延べ12万2 […]

  6. 羽田空港跡地開発、2020年の新しい街づくりへ 画像
    6

    羽田空港跡地開発、2020年の新しい街づくりへ

    インバウンド・地域活性

     東京都大田区の「羽田空港跡地第1ゾーン」(約16・5ヘクタール)の開発が始まった。都市再生機構が施行する「羽田空港跡地地区土地区画整理事業」の初弾工事がスタートし、24日に現地で起工式が開かれた。造成工事の施工は森本組 […]

  7. サービス業のIT利用最前線!1  老舗旅館がタブレットで変革 画像
    7

    サービス業のIT利用最前線!1  老舗旅館がタブレットで変革

    IT業務効率

    連載「サービス業のIT利用最前線!」、第1回は株式会社龍名館で取り入れられた宿泊台帳のデジタル化にフォーカス。「龍名館」は、1899年創業の老舗旅館。幸田文や伊東深水など、画家・作家・芸術家など文化人が愛用したことで名を知られている。

  8. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層! 画像
    8

    世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

    インバウンド・地域活性

     東京都港区のJR浜松町駅西口で計画されている世界貿易センタービルの建て替えを中心とする大規模開発「浜松町二丁目4地区A街区」=完成イメージ=が本格的に動きだした。計画を推進する世界貿易センタービルディング、鹿島、東京モ […]

  9. 事業承継税制が大幅に改正される 画像
    9

    事業承継税制が大幅に改正される

    制度・ビジネスチャンス

    平成30年度税制改正では、事業承継税制が10年間の集中期間を設けて、大幅な緩和措置を取っています。この10年間で集中的に事業承継をして欲しい、ということです。今回は、平成30年改正の事業承継税制を取り上げます。

  10. 三菱地所がホテルと空港事業を強化/専門事業グループ新設 画像
    10

    三菱地所がホテルと空港事業を強化/専門事業グループ新設

    インバウンド・地域活性

     三菱地所はホテル開発・運営事業と空港運営事業を強化する。社内に分散していた担当部署を集約し、4月1日付で「ホテル・空港事業グループ」を新設。親和性の高いホテルと空港の統合によって、事業拡大のシナジー(相乗効果)を狙う。 […]

デイリーランキング11〜20位

  1. みなとみらい21の「横浜グローバルMICE」、国際競争力強化へ 画像
    11

    みなとみらい21の「横浜グローバルMICE」、国際競争力強化へ

    インバウンド・地域活性

     横浜グローバルMICE(藤田保夫代表)は7月31日、横浜市西区のみなとみらい21(MM21)中央地区20街区でMICE(国際的イベント)施設の起工式を行った。横浜市が発注したPFI事業で、PFI事業者の横浜グローバルM […]

  2. 「Maisart~コンパクトなAI技術を推進」三菱電機 柵山社長 画像
    12

    「Maisart~コンパクトなAI技術を推進」三菱電機 柵山社長

    IT業務効率

    三菱電機は2月14日、研究開発成果披露会を開催した。コンパクトなAI技術『Maisart』を中心とした研究成果をアピールした。

  3. 那覇空港中長期構想、滑走路間にターミナルビル移設/旅客需要増加に対応 画像
    13

    那覇空港中長期構想、滑走路間にターミナルビル移設/旅客需要増加に対応

    インバウンド・地域活性

     沖縄県内の経済団体で構成する那覇空港拡張整備促進連盟(会長・石嶺伝一郎県商工会議所連合会会長)は、那覇空港の将来の旅客需要増加に対応するための施設整備の提案を盛り込んだ「那覇空港中長期構想」=イメージ図=をまとめた。沖 […]

  4. サービス業のIT利用最前線!2 話題の“IoTホテル”が東京進出 画像
    14

    サービス業のIT利用最前線!2 話題の“IoTホテル”が東京進出

    IT業務効率

    今回は、最先端IoTデバイスを駆使したスマートホステル「&AND HOSTEL ASAKUSA NORTH」に焦点を当てる。「宿泊体験そのもの」が、観光目的にもなるような先進的なサービス空間を提供しているのが特徴だ

  5. 位置情報ビッグデータを活用し自社の戦略を強化する/Japan IT WEEK 画像
    15

    位置情報ビッグデータを活用し自社の戦略を強化する/Japan IT WEEK

    イベント

    AI・業務自動化、モバイル活用など全10部門のIT専門展からなる『Japan IT Week 秋』。今回はセミナーから『位置情報ビッグデータの効果的な活用方法』をセレクト。KDDI×コロプラによる位置情報ビッグデータの利用事例と活用のためのポイントが考える

  6. 取手駅西口A街区再開発、「ウェルネス・タウン取手」創造へ 画像
    16

    取手駅西口A街区再開発、「ウェルネス・タウン取手」創造へ

    インバウンド・地域活性

     茨城県取手市は26日、「取手駅西口A街区市街地再開発事業」の事業協力者を決める手続きで、大京・戸田建設JVを最優秀提案者に選定したと公表した。2棟構成による建物を提案。低層のA棟には駐車場やサテライト図書館などを配置。 […]

  7. マレーシアの今昔~めざましい経済成長とジレンマ~ 画像
    17

    マレーシアの今昔~めざましい経済成長とジレンマ~

    海外進出

    マレーシアを何度か訪れている。今年は、マレーシアに展開する日本企業の最新動向を見に、首都クアラルンプールを訪れた。最初に訪れたのは20年以上も前のことであり、この間の発展と変貌ぶりは著しいものがある。

  8. レゴで学べる!? 中小モノづくり企業の効果的な人材育成術 画像
    18

    レゴで学べる!? 中小モノづくり企業の効果的な人材育成術

    人材

     東京都が例年、技能者の育成と技能継承について大きな成果を挙げた中小企業を表彰している「東京都中小企業技能人材育成大賞知事賞」。

  9. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発、各社の戦略は? 画像
    19

    「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発、各社の戦略は?

    インバウンド・地域活性

    今年に入り、高速バスに「超豪華車両」の登場が続いている。先陣を切ったのは「ドリーム・スリーパー2」。超豪華車両は、主に東京~大阪間に投入される。東京~大阪というといかにも大動脈だが、実は高速バスにとって開拓が遅れていた市場だ。

  10. 建設コンサル大手14社/18年春採用は新卒、中途とも横ばい/19年春は9社が増員 画像
    20

    建設コンサル大手14社/18年春採用は新卒、中途とも横ばい/19年春は9社が増員

    人材

     大手建設コンサルタント14社の18年4月の新卒採用人数が、前年並みとなることが日刊建設工業新聞の調査で分かった。総数は前年からほぼ横ばいの566人。前年比で増加が9社、減少が5社となり、減少5社のうち2社は4人以内の微 […]

デイリーランキング21〜30位

  1. 21

    20政令指定都市、18年度予算案/街づくりなど戦略的投資に積極的

    インバウンド・地域活性

     20政令指定都市の18年度予算案が19日、出そろった。一般会計は総額14兆0350億27百万円と、前年度に比べて1・4%増加。税収増のほか、道府県教職員給与費の移管などの要因も加わり、過去最大規模の予算編成となる市が相 […]

  2. 22

    ~劇場型で魅せる飲食店:2~製造工程の見える化&カルチャー化

    インバウンド・地域活性

     カカオ豆の選別から製造までの全工程を、ショコラトリーが単独で手がける「Bean to bar」。別名クラフトチョコレートとも呼ばれる、このムーブメントはアメリカで生まれ、日本でも一躍注目を集めている。

  3. 23

    新さっぽろ駅周辺地区開発/大学や商業施設を開発

    インバウンド・地域活性

     札幌市厚別区の市営地下鉄東西線新さっぽろ駅周辺地区の市営団地跡地開発計画で、事業主体である大和ハウス工業を代表とするグループは、19年にも大学などの建設に先行着手する。計画地は「G街区」と「I街区」の二つの街区からなり […]

  4. 24

    成田空港会社がC滑走路新設、B滑走路延伸計画

    制度・ビジネスチャンス

     成田国際空港会社は、成田空港の機能強化に向けた計画段階環境配慮書をまとめ、13日に縦覧を開始した。第3滑走路(C滑走路)を新設し、既存のB滑走路(延長2500メートル)を1000メートル延伸する計画。これまで優位性が高 […]

  5. 25

    神戸市の新港突堤西地区都市計画案/ウオーターフロントの魅力を発信へ

    インバウンド・地域活性

     神戸市は、都心・ウオーターフロントの魅力を高めるため再開発計画を進めている新港突堤西地区(第1突堤基部)の都市計画素案を公表した。場所は中央区新港町の約3・4ヘクタール。複合利用地区をA地区(北側、約2・3ヘクタール) […]

  6. 26

    広がる宇宙ビジネスは中小企業のフロンティア…グローバル・ブレイン

    インバウンド・地域活性

    小説・ドラマでヒットした「下町ロケット」では、町工場の部品が国産ロケット開発の要のひとつなっていた。このような話は、決してフィクションの夢物語ではない。

  7. 27

    旅行、観光に特化!通信不要の音声翻訳機「ili(イリー)」/表参道ストアで体験も

    IT業務効率

     オフライン音声翻訳機「ili」(イリー)を展開するログバーでは、2月3日から2月28日までの期間限定で「ili表参道 期間限定ストア」をオープンする。店内ではiliの使い勝手を試せるほか、ili本体や海外旅行が当たるイベントもおこなう。

  8. 28

    殿町「羽田連絡道路」が起工、国際競争力の強化に期待

    インバウンド・地域活性

     東京都大田区の羽田空港と多摩川を挟んで対岸の川崎市川崎区殿町を結ぶ「(仮称)羽田連絡道路」の起工式が9月30日、川崎市側の建設地で行われた。事業主体は川崎市と東京都で、施行主体は川崎市。設計・施工一括発注方式で五洋建設 […]

  9. 29

    米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

    IT業務効率

    先日、家族で4年ぶりに帰省した。地元大阪に帰って、私の父(子どもたちの祖父)と一緒に行ったのが回転ずしの「くら寿司」。子どもたちからのリクエストである。親も子どもたちの注文を訊いたり考えたりする手間がなく非常に便利である。

  10. 30

    奈良県のコンベンション施設事業、ホテルとNHK新放送会館も

    インバウンド・地域活性

     奈良県は15日、奈良市の奈良春日野国際フォーラム甍で、県営プール等跡地を対象とした「大宮通り新ホテル・交流拠点事業」のうち、PFIを導入する「コンベンション施設等整備運営事業」の起工記念式典を開いた。大林組を代表とする […]

page top