記事アクセスランキング

デイリーランキング1〜10位

  1. トヨタの考える次世代タクシーとは? 今年発売予定 画像
    1

    トヨタの考える次世代タクシーとは? 今年発売予定

    IT業務効率

    セダン、ワゴン、ミニバンといった既存の車型の枠にはまらないまったく新しいユニバーサルデザインを取り入れたタクシー専用車を2017年に発売すべく、鋭意準備中のトヨタ自動車。このたび、その量産モデルのアウトラインについての情報をキャッチしたのでリポートする。

  2. 主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む 画像
    2

    主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

    制度・ビジネスチャンス

     主要ゼネコン26社の17年3月期決算が15日出そろった。売上高は微減・微増が大半を占めた。売り上げ計上した工事の採算を示す完成工事総利益(粗利益)率は、公表ベースで22社が前期より改善。本業のもうけを示す営業損益で21 […]

  3. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く 画像
    3

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    インバウンド・地域活性

     2020年東京五輪終了後も建設業界が成長を続けていくには、ビジネスモデルの転換や海外市場の開拓が不可欠になりそうだ。シンクタンク各社の建設関係担当者へのインタビューから市場動向と業界の将来像を読み解く。

  4. ~日本式介護の輸出:1~有望国は中国! タイ、マレーシアも注目 画像
    4

    ~日本式介護の輸出:1~有望国は中国! タイ、マレーシアも注目

    海外進出

     中国をはじめとするアジア諸国で高齢化が問題となっている。国連は人口に占める65歳以上の比率が7%を超えると高齢化社会、14%を超えると高齢社会、21%を超えると超高齢社会と定義した。

  5. ■ニュース深掘り!■DMOの課題は予算、その対応は? 画像
    5

    ■ニュース深掘り!■DMOの課題は予算、その対応は?

    インバウンド・地域活性

     地域の観光事業を振興する中で、事業者や地域住民の調整役となるDMO。彼らの運用や設立に役立てるために、観光庁は観光協会などを対象にアンケート調査「国内外の観光地域づくり体制に関する調査業務の報告書」を実施。

  6. ドラマ「ゆとりですがなにか 純米吟醸純情編」骨太に描かれる若者の“労働観” 画像
    6

    ドラマ「ゆとりですがなにか 純米吟醸純情編」骨太に描かれる若者の“労働観”

    人材

    本作の面白味は、年長者達と若者の対立ではなく、入社2年目の社員や就活に悩む女子大生といったゆとり世代最後尾にあたる若者世代同士の衝突を中心に描いていることだ。近年のTVドラマでは描かれない「若者にとっての『働く』とはどういうことか」がしっかりと描かれている

  7. 春日/後楽園駅前地区再開発、教育機関の開校などでランドマークへ 画像
    7

    春日/後楽園駅前地区再開発、教育機関の開校などでランドマークへ

    インバウンド・地域活性

     東京都文京区の「春日・後楽園駅前地区市街地再開発組合」(杉田明治理事長)が計画している南・北・西の3街区の再開発ビル群(総延べ床面積18万平方メートル)のうち、南街区の再開発ビルの工事が本格的に始まる。15年12月に開 […]

  8. 名古屋市・錦二丁目7番街区再開発、超高層マンションで街を活性化 画像
    8

    名古屋市・錦二丁目7番街区再開発、超高層マンションで街を活性化

    インバウンド・地域活性

     名古屋市は25日、16年度第2回都市計画審議会を開き、錦二丁目7番第1種市街地再開発事業の決定、平針住宅地区計画の変更などを提案、いずれも原案通り承認された。超高層マンションを建設、都心居住の促進でまちの活性化を図る同 […]

  9. 【外国人技能実習生:3】中国とベトナムの実習生最新事情 画像
    9

    【外国人技能実習生:3】中国とベトナムの実習生最新事情

    制度・ビジネスチャンス

     外国人技能実習生制度に今年4月、「技能実習2号移行対象職種」として、新たに自動車整備とビルクリーニングが追加された。今後これらの職種では1人の実習生が、最長3年間に渡って実習を受けることができる。

  10. 【地方創生】課題は人材不足、住みやすさで地元を活性化……金沢市 山野市長 画像
    10

    【地方創生】課題は人材不足、住みやすさで地元を活性化……金沢市 山野市長

    インバウンド・地域活性

    「北陸企業10社キャリアセミナー」(主催:ビズリーチ、トーマツベンチャーサポート)にて、石川県金沢市長 山野之義氏が基調講演を行った。

デイリーランキング11〜20位

  1. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発、各社の戦略は? 画像
    11

    「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発、各社の戦略は?

    インバウンド・地域活性

    今年に入り、高速バスに「超豪華車両」の登場が続いている。先陣を切ったのは「ドリーム・スリーパー2」。超豪華車両は、主に東京~大阪間に投入される。東京~大阪というといかにも大動脈だが、実は高速バスにとって開拓が遅れていた市場だ。

  2. ~社歌コン 応募社の横顔:5~朝礼を変えたラップ社歌-岡山のOA販売 画像
    12

    ~社歌コン 応募社の横顔:5~朝礼を変えたラップ社歌-岡山のOA販売

    人材

    岡山を拠点にする文具専門店「うさぎや」を5店舗展開する「クラブン」では、朝礼のときに社員みんなで社歌を歌います。2015年の夏のある日、いつものように社歌を歌い終えたあと、社長の伊澤正信さんが言いました。「この歌は古すぎる。社歌をラップにするぞ!」

  3. 「駆け出しのころ」――佐藤工業代表取締役専務執行役員・宮本雅文氏 画像
    13

    「駆け出しのころ」――佐藤工業代表取締役専務執行役員・宮本雅文氏

    マネジメント

     入社したのはオイルショックの影響を受ける少し前で、土木、建築、事務を合わせて450人くらいと多くが採用された年でした。東京・水道橋での入社式に出た後、そのまま午後2時ごろの特急電車に乗りました。配属先の富山支店に向かう […]

  4. 三代目社長のHANJO記:第3話――職人バカになるな! 客にとっての便利を考える/矢場とん 画像
    14

    三代目社長のHANJO記:第3話――職人バカになるな! 客にとっての便利を考える/矢場とん

    人材

    連載「三代目社長のHANJO記」では、新たな発想やマネージメントで歴史をつなぐ中小企業経営者の姿を伝える。第3話は、名古屋で有名な「矢場とん」三代目 代表取締役社長 鈴木拓将氏に話を聞く

  5. 牧草地を夏のみの“農地キャンプ場”に…千葉・加藤牧場 画像
    15

    牧草地を夏のみの“農地キャンプ場”に…千葉・加藤牧場

    インバウンド・地域活性

     千葉県市原市の加藤牧場は、所有する牧草地6ヘクタールのうち2.5ヘクタールで農地法上の「一時転用」が許可され、今夏もオートキャンプ場に変身した。牧草が夏枯れする5月から8月末までの期間限定営業で、森

  6. ~Sakeの海外戦略:2~酒蔵ツアーに見る海外ニーズ 画像
    16

    ~Sakeの海外戦略:2~酒蔵ツアーに見る海外ニーズ

    インバウンド・地域活性

     海外に進出する日本酒を、国内から、しかも訪日客の視点から見たら、どう見えるのか。訪日客向け日本酒の酒蔵ツアー会社「アンカーマン」を起業した和田直人社長はこう語る。

  7. 常滑市・大規模展示場整備のWTO入札公告。予定価格は341億 画像
    17

    常滑市・大規模展示場整備のWTO入札公告。予定価格は341億

    インバウンド・地域活性

     愛知県は5日、「愛知県大規模展示場整備事業」の総合評価一般競争入札を公告する。WTO対象。愛知県常滑市セントレアの中部国際空港島に延べ床面積8万6000平方メートルの展示場=外観イメージ=を整備する事業。設計から施工ま […]

  8. 職場を盛り上げる取り組みが集結…「第2回 グッド・アクション」表彰式 画像
    18

    職場を盛り上げる取り組みが集結…「第2回 グッド・アクション」表彰式

    マネジメント

     2月9日、企業が独自に実施している人材育成、コミュニケーション活性、社員のモチベーション向上に繋がる取り組みを発掘する「第2回 グッド・アクション」の表彰式が都内で開催された。

  9. 国交省が交通誘導警備員を直接工事費に。実績とかい離、計上方法見直し 画像
    19

    国交省が交通誘導警備員を直接工事費に。実績とかい離、計上方法見直し

    制度・ビジネスチャンス

     国土交通省は、16年度から適用する直轄土木工事の積算基準で、従来は共通仮設費の中で積み上げていた「交通誘導警備員」を直接工事費に変更する。現行の積算方法で、交通誘導警備員の経費に支出実績とのかい離があったことに伴う措置 […]

  10. 日建連、建設技能者の情報を一元管理する「就労履歴管理システム」の仕様を検討 画像
    20

    日建連、建設技能者の情報を一元管理する「就労履歴管理システム」の仕様を検討

    マネジメント

     日本建設業連合会(日建連)は28日、建設技能者の技能・資格・就業履歴などを一元管理する「就労履歴管理システム」の仕様を検討する推進本部(本部長・村田誉之大成建設社長)の初会合を東京・八丁堀の本部で開いた。

デイリーランキング21〜30位

  1. 21

    ~社歌コン 応募社の横顔:4~1人でも社歌、人生を叫ぶ-岩手の自動車整備工

    人材

    たくさん仕事をしたけど、全然もうかっちゃいねぇ!――。一瞬、「えっ」と思ってしまう、このアヴァンギャルドな社歌動画を投稿していただいたのは、岩手県で自動車整備などを手掛ける「コアカ自動車」です。

  2. 22

    インドネシアでの太陽熱利用の空調システム普及へ向け、国内で調査委託

    海外進出

    環境省が一般競争入札を公告環境省は、8月31日、「平成27年度インドネシアにおけるコベネフィット型太陽熱利用空調システム普及可能性に係る調査委託業務」の一…

  3. 23

    17年上半期の建設業倒産は過去20年で最少/4.9%減、9年連続マイナス

    制度・ビジネスチャンス

     東京商工リサーチがまとめた2017年上半期(1~6月)の建設業の倒産は784件(前年同期比4・9%減)と上半期としては9年連続で前年同期を下回った。負債総額は719億2700万円(23・3%減)。4年連続の減少で、上半 […]

  4. 24

    仙台駅前/さくら野百貨店跡地利用、市が後押しへ

    インバウンド・地域活性

     JR仙台駅前の「さくら野百貨店仙台店」(仙台市青葉区)が2月下旬に経営破綻したことを受け、民間事業者らによる跡地利活用の検討が今後本格化しそうだ。奥山恵美子仙台市長は14日の定例記者会見で、担当部局が跡地再整備の情報収 […]

  5. 25

    サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:4

    IT業務効率

    観光庁が2016年度に実施した「宿泊業の生産性向上推進事業」。その内容について詳細に紹介する連載の最終回は、IT機器の導入や作業効率などに焦点をあてた改善の取り組みを中心に、日本生産性本部の二人のコンサルタントに今後の展望について語ってもらう。

  6. 26

    民泊用? 遠隔操作できるタブレットドアホン

    IT業務効率

     インベスターズクラウドは19日、Qrio社と技術提携したことを発表した。同社のスマートドアホン「TATERU kit」と、Qrio社が開発するスマートロック「Qrio Smart Lock」を連携して、民泊サービスなどでの活用を目指していく。

  7. 27

    「鳥取砂丘らっきょう」と「江戸崎かぼちゃ」、共通点は?

    制度・ビジネスチャンス

     地域固有の気候風土や伝統製法と結び付いた農産品の名称を、地理的表示(GI)として保護する制度が始まって1年。登録産品は、前年よりも高価格で取引されるなどプラス効果が早くも表れている。ただ、これまでに

  8. 28

    埼玉県が都内との鉄道網強化を提案…大江戸線など延伸要望

    インバウンド・地域活性

     埼玉県が県知事名義で国土交通大臣に対して、東京圏の鉄道整備に対する要望を提出した。

  9. 29

    愛知県小牧市が新図書館の基本設計案を明示、市中心部のランドマークに

    インバウンド・地域活性

     愛知県小牧市は、新図書館の基本設計案を明らかにした。規模はS一部RC造地下1階地上3階建て延べ7940平方メートル。

  10. 30

    ~社歌コン 応募社の横顔:6~社長を感動させた職人の結束-高知の竹材製造

    人材

    100年以上の歴史の中でも、こんなのは初めての体験でしたね。職人が一緒になって歌っているのを見て感動しましたし、連帯感を生むには良いイベントだったと思います。

page top