記事アクセスランキング

デイリーランキング1〜10位

  1. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ 画像
    1

    横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

    インバウンド・地域活性

     横浜スタジアム(岡村信悟社長)は、横浜市のJR関内駅前にある横浜スタジアム(中区横浜公園)の観客席を6000席増設するなどの増築・改修工事に12月初めにも着手する。設計・施工は清水建設が担当。20年2月末の完成を目指す […]

  2. 「おもてなし規格認証」で会社が変わる!地域が変わる!/1 北九州編 画像
    2

    「おもてなし規格認証」で会社が変わる!地域が変わる!/1 北九州編

    おもてなし規格認証

    全国各地で「おもてなし規格認証」のムーブメントが始まっています。「サービスの品質」を「見える化」することで、サービスに関わる企業の活力に繋がっているのがその理由です。連載ではおもてなし規格認証で「変わる」地域と会社をピックアップ、第1回目は北九州です

  3. 【地方発ヒット商品の裏側】8人で広さ30haの有機米栽培、古代米浦部農園はなぜ成功した? 画像
    3

    【地方発ヒット商品の裏側】8人で広さ30haの有機米栽培、古代米浦部農園はなぜ成功した?

    インバウンド・地域活性

     広さは30ヘクタールと東京ドーム6個分以上の農地に、有機栽培で育てられた米、麦、大豆。それをわずか8人の人手で手掛けている農園がある。群馬県藤岡市にある古代米浦部農園。

  4. ヤマト運輸、車両長25mの連結トレーラを日本初導入へ/ドライバー不足対応で 画像
    4

    ヤマト運輸、車両長25mの連結トレーラを日本初導入へ/ドライバー不足対応で

    人材

    ヤマト運輸は9月19日、ドライバー不足対応と効率的な幹線輸送を目的に、車両長25mの「スーパーフルトレーラ25」を日本初導入し、年内に厚木、中部、関西の各ゲートウェイ(GW)間で運行開始すると発表した。

  5. 【本音で訊く! マイナンバーの深層&真相&新相(3)】番号制度担当室長が語る本音! 画像
    5

    【本音で訊く! マイナンバーの深層&真相&新相(3)】番号制度担当室長が語る本音!

    制度・ビジネスチャンス

    マイナンバーの深層・真相・新相について、さまざまな業界の識者やオピニオンリーダーにご意見をうかがう本企画。マイナンバー制度設計の本丸である内閣府 大臣官房番号制度担当室長 内閣官房 内閣審議官の向井治紀氏にうかがった。

  6. 造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針 画像
    6

    造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

    インバウンド・地域活性

     ◇防災公園隣接地に大学誘致へ  東京・豊島区と都市再生機構は、豊島区内にある造幣局東京支局(敷地面積3・2ヘクタール)の跡地開発で、先行整備する防災公園の実施設計・施工・管理運営を一体的に担う事業コンソーシアムを選定す […]

  7. 常磐道・福島側4車線化工事に着手/早期復興に弾み、20年度完成へ 画像
    7

    常磐道・福島側4車線化工事に着手/早期復興に弾み、20年度完成へ

    インバウンド・地域活性

     15年3月に全線開通した常磐自動車道の一部区間を4車線化する建設工事がいよいよ始まった。東日本高速道路は17日、いわき中央インターチェンジ(IC、福島県いわき市)~広野IC(同広野町)間(延長26・6キロ)の4車線化と […]

  8. 建設現場のワークライフバランス、入札評価に活用へ 画像
    8

    建設現場のワークライフバランス、入札評価に活用へ

    制度・ビジネスチャンス

     国土交通省は、直轄工事現場でのワークライフバランス(WLB=仕事と家庭の調和)推進を加速させる。WTO政府調達協定対象工事の入札で、女性活躍などWLBに関する法定の優良企業認定制度を活用した評価を16年度から一部工事で […]

  9. 環七地下広域調節池の石神井川区間を工事。集中豪雨にも効果を発揮! 画像
    9

    環七地下広域調節池の石神井川区間を工事。集中豪雨にも効果を発揮!

    制度・ビジネスチャンス

     東京都財務局は10日、低入札価格調査を行っていた「環状七号線地下広域調節池(石神井川区間)工事」の落札者を650億円で大成建設・鹿島・大林組・京急建設JVに決めた。技術提案型総合評価方式の適用案件。予定価格は712億7 […]

  10. ~日本式介護の輸出:1~有望国は中国! タイ、マレーシアも注目 画像
    10

    ~日本式介護の輸出:1~有望国は中国! タイ、マレーシアも注目

    海外進出

     中国をはじめとするアジア諸国で高齢化が問題となっている。国連は人口に占める65歳以上の比率が7%を超えると高齢化社会、14%を超えると高齢社会、21%を超えると超高齢社会と定義した。

デイリーランキング11〜20位

  1. 主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む 画像
    11

    主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

    制度・ビジネスチャンス

     主要ゼネコン26社の17年3月期決算が15日出そろった。売上高は微減・微増が大半を占めた。売り上げ計上した工事の採算を示す完成工事総利益(粗利益)率は、公表ベースで22社が前期より改善。本業のもうけを示す営業損益で21 […]

  2. 「鳥取だから」できた医療シミュレーターロボット/テムザック技術研究所 画像
    12

    「鳥取だから」できた医療シミュレーターロボット/テムザック技術研究所

    イベント

    医療機器展示会「MEDTEC Japan 2017」で、ひときわ異彩を放っていたブースがあった。医療サポートシミュレーターロボット「mikoto」を展示していたテムザック技術研究所だ。この「mikoto」製作には、産学連携、地域創生など、さまざまなプロジェクトが関わっていた

  3. ~国産家具を世界へ!:3~中国・韓国市場は高級家具で勝負 画像
    13

    ~国産家具を世界へ!:3~中国・韓国市場は高級家具で勝負

    海外進出

     近年、国産の木製家具は大きな変革の時代へと突入した。住宅事情やライフスタイルの変化から大型で豪華な婚礼家具が減少する一方、中国やベトナムなどの安価な輸入家具と厳しい競争を強いられている。

  4. 日本油脂王子工場跡地開発、大型商業施設と共同住宅の建設へ 画像
    14

    日本油脂王子工場跡地開発、大型商業施設と共同住宅の建設へ

    インバウンド・地域活性

     東京都北区にある日本油脂(現日油)の王子工場跡地(2・9ヘクタール)開発が動きだす。敷地をA、B街区に分け、A街区には三井住友ファイナンス&リースとLIXILビバが延べ約1万平方メートル規模の商業施設、B街区には大和ハ […]

  5. 岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか? 画像
    15

    岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

    インバウンド・地域活性

     野村不動産を代表企業に、JR西日本不動産開発、奥村組の3者で構成する企業グループは14日、JR岡山駅前で市街地再開発事業の検討を進めている「岡山市駅前町一丁目2番3番4番地区市街地再開発準備組合」と事業協力に関する協定 […]

  6. 道路舗装大手7社の16年4~9月期決算。増収2社、営業増益2社 画像
    16

    道路舗装大手7社の16年4~9月期決算。増収2社、営業増益2社

    制度・ビジネスチャンス

     道路舗装大手7社の16年4~9月期決算が出そろった。東日本大震災の高速道路復旧工事をめぐる独占禁止法違反の影響で増収は2社。民間工事の競争が激化し、営業増益も2社にとどまった。第3四半期以降の営業停止を見込み、17年3 […]

  7. 野村不動産、東芝青梅事業所跡開発/売却額は100億円 画像
    17

    野村不動産、東芝青梅事業所跡開発/売却額は100億円

    制度・ビジネスチャンス

     野村不動産は、東芝から取得した東芝青梅事業所跡地(東京都青梅市、約12ヘクタール)に3棟の物流施設を順次整備する。9月には初弾として延べ約6万平方メートル規模の施設の建設工事に取り掛かる。設計・施工は錢高組が担当。18 […]

  8. ~リピーターを呼ぶお土産、強さの秘訣:3~下鴨茶寮の粉しょうゆ 画像
    18

    ~リピーターを呼ぶお土産、強さの秘訣:3~下鴨茶寮の粉しょうゆ

    インバウンド・地域活性

     創業160年という京都の老舗料亭「下鴨茶寮」でまた一つ、この地を代表するお土産が生まれた。きっかけは、放送作家として知られる小山薫堂氏の一言から。

  9. 「中小企業の《経営論》」第17回:社員が辞めていってしまう社長が一生懸命に変えたこと 画像
    19

    「中小企業の《経営論》」第17回:社員が辞めていってしまう社長が一生懸命に変えたこと

    制度・ビジネスチャンス

     多くの人が新卒で入社して定年まで勤め上げる大企業とは違い、中小企業の場合は、常に社員の定着ということが課題になります。

  10. 事業承継と親族後継者の「学び」 画像
    20

    事業承継と親族後継者の「学び」

    人材

    今日の中小企業の最大の問題でもある、円滑な事業承継による存続と発展。問題は、「うまく受け継ぐ」ことだけにあるのではない。広い意味での「学び」をどう位置づけ、実行するかにより、事業承継と世代交代の「成否」も相当に左右されると痛感する。

デイリーランキング21〜30位

  1. 21

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    インバウンド・地域活性

     2020年東京五輪終了後も建設業界が成長を続けていくには、ビジネスモデルの転換や海外市場の開拓が不可欠になりそうだ。シンクタンク各社の建設関係担当者へのインタビューから市場動向と業界の将来像を読み解く。

  2. 22

    羽田空港跡地開発、2020年の新しい街づくりへ

    インバウンド・地域活性

     東京都大田区の「羽田空港跡地第1ゾーン」(約16・5ヘクタール)の開発が始まった。都市再生機構が施行する「羽田空港跡地地区土地区画整理事業」の初弾工事がスタートし、24日に現地で起工式が開かれた。造成工事の施工は森本組 […]

  3. 23

    近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

    インバウンド・地域活性

     近畿大学が大阪府大阪狭山市の医学部と付属病院を堺市南区三原台1に移転する計画で、設計者を久米設計に決め基本設計を進めていることが明らかになった。新キャンパスの面積は約11・8ヘクタールで、大阪府と堺市は府営三原台第1住 […]

  4. 24

    戸田建設本社ビル建替は都市再生特区活用で……東京・中央区議会

    インバウンド・地域活性

     東京・京橋で計画されている戸田建設本社ビル「TODA BUILDING」とブリヂストン旧本社ビル「ブリヂストンビル」の二つの建て替え事業の詳細が明らかになった。建て替えに当たっては、都市再生特別地区を活用。16年2~3 […]

  5. 25

    三菱地所が福岡・ホークスタウン再開発、延べ13万平米の大型商業施設を整備

    インバウンド・地域活性

     ◇近く竹中工務店で解体着手/18年度開業めざす  三菱地所は3月31日、ヤフオクドームに隣接する商業施設「ホークスタウンモール」(福岡市中央区)の再開発計画の概要を発表した。同日閉館した既存施設を全面的に解体撤去し、新 […]

  6. 26

    北海道新幹線の工事計画が変更、札幌駅直前までトンネルに

    インバウンド・地域活性

    鉄道建設・運輸施設整備支援機構(鉄道・運輸機構)は6月30日、新函館北斗~札幌間で建設中の北海道新幹線について、工事計画を一部変更すると発表した。長万部駅(北海道長万部町)を高架にするほか、手稲トンネルを札幌駅(札幌市北区)の近くまで延ばす。

  7. 27

    ドローンのモーターは中国製ばかり、ツカサ電工が防水・防塵で勝負

    IT業務効率

     ツカサ電工(東京都中野区、高橋博之社長)は、産業用飛行ロボット(ドローン)用ブラシレスDCモーター「DS―4010=写真」シリーズを開発した。定格出力900ワットタイプを12月に発売。2017年初から600ワット、1200ワット、2500ワットタイプ…

  8. 28

    ドラマ「架空OL日記」を見て、OLの日常をしみじみ味わう

    人材

    「会社のOLが何を考えているのか、イマイチよくわからないんだよね」ーーそんな悩みを抱えている管理職の男性に是非見てほしいのが、ドラマ『架空OL日記』だ。本作は、お笑い芸人のバカリズム(升野英知)が原作・脚本を手がける連続ドラマだ

  9. 29

    国内建設市場は19年にピーク? 建設関連100社アンケート

    制度・ビジネスチャンス

     日刊建設工業新聞社は、ゼネコンや建築設計事務所、建設コンサルタントなど建設関連100社の経営者を対象に、建設市場の動向や環境変化への対応で注力する取り組み、成長が期待できる事業分野・領域などについてアンケートした。

  10. 30

    売上1億円のカベ、10億円のカベってなに?(続編)

    IT業務効率

    プロフェッショナル・コラムの新しい寄稿者は、7月に新書『忙しい社長を救う経理改革の教科書』を上梓した会計士兼経営者の李 日生(り はるき)さんです。第二回目は、売上10億円のカベを突破するための分業のススメです。

page top