記事アクセスランキング

デイリーランキング1〜10位

  1. 筑波大学の産学連携、「世界初」の取り組みに注目! 画像
    1

    筑波大学の産学連携、「世界初」の取り組みに注目!

    制度・ビジネスチャンス

    大学と民間企業が連携して新しいイノベーションを創出する。そんな「産学連携」という動きが、日本の大学・研究機関で盛んに行われている。今回は産学連携を積極的に進めている筑波大学を訪問し、MAFの研究で有名な沼田治教授に話を聞く。

  2. カナモトら3社、建機の人型操作ロボット開発! 危険地域でも作業可能に 画像
    2

    カナモトら3社、建機の人型操作ロボット開発! 危険地域でも作業可能に

    IT業務効率

     カナモトは、KGフローテクノ(東京都港区、渡部純社長)と富士建(佐賀市、牧薗博文社長)と共同で、建設機械を遠隔操作できる人型ロボット「DOKA ROBO」を開発した。油圧ショベルなどの建機に載せることで、災害時の危険地 […]

  3. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く 画像
    3

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    インバウンド・地域活性

     2020年東京五輪終了後も建設業界が成長を続けていくには、ビジネスモデルの転換や海外市場の開拓が不可欠になりそうだ。シンクタンク各社の建設関係担当者へのインタビューから市場動向と業界の将来像を読み解く。

  4. ~日本式介護の輸出:1~有望国は中国! タイ、マレーシアも注目 画像
    4

    ~日本式介護の輸出:1~有望国は中国! タイ、マレーシアも注目

    海外進出

     中国をはじめとするアジア諸国で高齢化が問題となっている。国連は人口に占める65歳以上の比率が7%を超えると高齢化社会、14%を超えると高齢社会、21%を超えると超高齢社会と定義した。

  5. 日本工営がシンガポールで水力発電事業 画像
    5

    日本工営がシンガポールで水力発電事業

    海外進出

     日本工営は、シンガポールの水力発電事業投資会社アイロンモントハイドロに今月中に出資する。同社への出資を通じて東南アジア各国で中小水力発電事業の開発と運営に参画する。出資額は11億円。8日にアイロンモントハイドロと合意し […]

  6. 【ご当地キャラの仕掛け人に訊く!】頭の社は出雲大社ではなかった……しまねっこ 画像
    6

    【ご当地キャラの仕掛け人に訊く!】頭の社は出雲大社ではなかった……しまねっこ

    インバウンド・地域活性

    「ご当地キャラの仕掛け人に訊く!」シリーズ第2弾は「しまねっこ」にスポットをあてる。

  7. サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:3 画像
    7

    サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:3

    IT業務効率

    観光庁が2016年に実施した「宿泊業の生産性向上推進事業」。宿泊業経営者自身が改善による成功体験を作ることを目標に、改善点の決定から改善アプローチを実施。ワークショップではそのフォローアップを行う。このワークショップより生まれた改善事例と意識変化を見ていく。

  8. 仙台駅前/さくら野百貨店跡地利用、市が後押しへ 画像
    8

    仙台駅前/さくら野百貨店跡地利用、市が後押しへ

    インバウンド・地域活性

     JR仙台駅前の「さくら野百貨店仙台店」(仙台市青葉区)が2月下旬に経営破綻したことを受け、民間事業者らによる跡地利活用の検討が今後本格化しそうだ。奥山恵美子仙台市長は14日の定例記者会見で、担当部局が跡地再整備の情報収 […]

  9. 「完全自動運行ドローン」を業務活用する/国際ドローン展 画像
    9

    「完全自動運行ドローン」を業務活用する/国際ドローン展

    イベント

    オペレーターが張り付かなくてもあらかじめ設定された飛行ルートを自動的に飛んでくれる「自律型」ドローンに注目が集まっている。『完全自動運行』の最大の目的は人件費の削減である。

  10. ゼネコン大手5社、下請け業者の社保加入促進に本腰 画像
    10

    ゼネコン大手5社、下請け業者の社保加入促進に本腰

    人材

     専門工事業者の社会保険加入促進に本腰を入れ始めたゼネコン大手5社。元請として、社会保険加入の原資となる法定福利費を下請業者に行き渡らせることが取り組みの柱となっている。

デイリーランキング11〜20位

  1. サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:1 画像
    11

    サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:1

    IT業務効率

    日本経済の喫緊の課題であるサービス産業の「生産性向上」はいかにして実現するのか?「宿泊業の生産性向上推進事業」の中心的役割を担った、日本生産性本部 主席経営コンサルタントである、鈴木康雄氏と熊木登氏に、宿泊業に題をとり話を聞く。

  2. ~Sakeの海外戦略:1~世界に広がる日本酒、注目のマーケットは? 画像
    12

    ~Sakeの海外戦略:1~世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

    海外進出

     原材料の生産から加工までを国内で実施していることから、重点品目として国の輸出拡大方針の対象に。海外における日本食レストランの増加もあって、ここ数年で急速に輸出量を増やしているのが日本酒だ。

  3. 【地方発ヒット商品の裏側】気象センサーが生み出す理想のワイン……山梨県・三澤農場の葡萄作りへの挑戦 画像
    13

    【地方発ヒット商品の裏側】気象センサーが生み出す理想のワイン……山梨県・三澤農場の葡萄作りへの挑戦

    インバウンド・地域活性

     2015年4月、山梨大学ワイン科学研究センターが文部科学省の支援事業として、葡萄農場に気象センサーを設置した。

  4. 子どもが病気になったら…そのときワーキングマザーは 画像
    14

    子どもが病気になったら…そのときワーキングマザーは

    ライフ

     医師・病院検索サイトのドクター・オウチーノは、首都圏在住の既婚女性に「子育てと病院」に関する調査を実施。約8割が子どものかかりつけの医師を決めており、子どもが病気になった場合は7割の母親が「仕事を休む」と回答した。

  5. NHK大河「おんな城主 直虎」幻想的なおとぎ話のなかの生々しい経営ドラマ 画像
    15

    NHK大河「おんな城主 直虎」幻想的なおとぎ話のなかの生々しい経営ドラマ

    制度・ビジネスチャンス

    今年スタートしたNHK大河『おんな城主 直虎』。脚本は連続テレビ小説『ごちそうさん』(NHK)の森下佳子。主人公の井伊直虎を演じるのは柴咲コウ。井伊家という小さな家族をいかにして守るのか?というテーマが見えてきたことで現代的な会社経営の話となってきている。

  6. 新橋駅前ビル周辺再開発、輝きを取り戻せるか? 画像
    16

    新橋駅前ビル周辺再開発、輝きを取り戻せるか?

    インバウンド・地域活性

     東京・新橋駅の東口にある「新橋駅前ビル」を中心とした再開発の検討が本格的に始まった。同ビル管理組合を含む地権者らが再開発準備組合の前身となる「新橋駅東口地区再開発協議会」を立ち上げた。鉄道やバスなどの交通インフラが集積 […]

  7. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ 画像
    17

    セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

    インバウンド・地域活性

     滋賀県のベンチャー企業・シムスインターナショナルが「電動一輪バイク ONEWHEEL(ワンホイール) i-1」の市販を決定した。初年度となる今年は、テストモニター向けに200台の販売を行う。

  8. 【ギフト・ショー】ハシゴ・脚立の老舗が作ったオシャレな脚立が独り暮らしに人気 画像
    18

    【ギフト・ショー】ハシゴ・脚立の老舗が作ったオシャレな脚立が独り暮らしに人気

    イベント

     ハシゴと脚立のトップブランド「ピカ コーポレーション」は、カラフルな小型脚立「GEM STEP」を出展。

  9. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は? 画像
    19

    「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

    インバウンド・地域活性

    2016年春から夏にかけてバス業界に大きな変化が起こった。中国からのインバウンド・ツアーが急減し、貸切バスの稼働率が低下したのだ。中国からのツアーへの依存度が大きかった事業者では、稼働は半減したという。インバウンドはバス業界にとって一時的な現象だったのか?

  10. ~社歌コン 応募社の横顔:21~ラテンが繋ぐ社員の輪-北海道の建設会社 画像
    20

    ~社歌コン 応募社の横顔:21~ラテンが繋ぐ社員の輪-北海道の建設会社

    人材

    ドローンやVRといったICTの導入で、建設事業者の現場がいわゆる3Kというイメージから変わりつつあります。この現状を社歌動画で若い人たちに訴えようとしたのが、北海道札幌市で建設事業を手掛ける一二三北路株式会社です。

デイリーランキング21〜30位

  1. 21

    熊谷ラグビー場改修設計、W杯開催前18年の完成を目指す

    インバウンド・地域活性

     埼玉県は、ECI(アーリー・コントラクター・インボルブメント)方式を適用する「熊谷ラグビー場改修工事設計技術協力業務委託」の公募型プロポーザルで、設計技術協力事業者(施工予定者)を清水建設に決めた。契約金額は193万5 […]

  2. 22

    西日暮里駅前地区再開発、JRと舎人ライナーのアクセス向上も

    インバウンド・地域活性

     東京都荒川区のJR西日暮里駅の北東側で再開発事業を計画している「西日暮里駅前地区市街地再開発準備組合」は、再開発ビルの施設計画の概要をまとめた。全体の延べ床面積は約15万4000~16万2000平方メートル、最高高さは […]

  3. 23

    国交省が4月から社保未加入の2次以下下請も排除、指導の猶予期間設定

    人材

     国土交通省は、元請・1次下請を対象に行っている社会保険未加入業者の直轄工事からの排除措置を、4月から2次以下の下請業者にも拡大する。元請と2次以下の下請は直接の契約関係がないため、元請が加入指導する猶予期間を設け、期間 […]

  4. 24

    川崎・キングスカイフロント、客室200室のホテル建設!

    インバウンド・地域活性

     大和ハウス工業は1日、川崎市川崎区の「殿町3丁目地区(キングスカイフロント)」のA地区(敷地面積約4万6000平方メートル)で計画している一体的な開発事業「(仮称)Dプロジェクト川崎殿町」の一環で、敷地の一部にホテルを […]

  5. 25

    狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

    インバウンド・地域活性

     爆発的に増加したインバウンド(訪日外国人旅行者)の効果で、大都市圏の宿泊施設がパンク寸前の状態になっている。設備投資を控えていたホテル業界各社は、宿泊需要の増加が見込まれる都内を中心に、既存店舗のリニューアルや新規出店に取り組んでいる。

  6. 26

    ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』に見る“契約”の価値観

    制度・ビジネスチャンス

     秋クールの新作ドラマが出揃ったが、一番の注目作は『逃げるは恥だが役に立つ』(以下『逃げ恥』)だろう。本作はTBS系で夜10時から放送されている契約結婚をモチーフとしたドラマだ。

  7. 27

    東池袋駅直上部の再開発、子育て支援施設や医療モールも

    インバウンド・地域活性

     東京都豊島区の東京メトロ有楽町線東池袋駅直上部で第1種市街地再開発事業を計画している「東池袋四丁目2番街区市街地再開発準備組合」は今秋の本組合設立を目指す。近く東京都から都市計画決定が告示される見通し。18年度の権利変 […]

  8. 28

    四日市港湾、霞4号幹線の橋桁を「浜出し」

    インバウンド・地域活性

     中部地方整備局四日市港湾事務所が四日市港(三重県)で整備を進めている臨港道路「霞4号幹線」の一部となる橋桁を陸上から海上に積み出す「浜出し」作業が28日、愛知県半田市の瀧上工業第二工場内で行われた。約1時間かけて重さ5 […]

  9. 29

    ~健康経営が生む新ビジネス:3~オフィス訪問の野菜販売が好調!

    制度・ビジネスチャンス

    健康経営の一環として、社食や自動販売機のラインナップなどから、従業員の食生活を改善しようという動きが出ている。オフィスの自販機にスティック野菜などをストックする「OFFICE DE YASAI」も、このようなニーズから取引先を増やしているようだ。

  10. 30

    ~スマート林業:2~経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

    IT業務効率

     いま、林業分野でICT(情報通信技術)の活用が急務となっている。いわゆる「スマート林業」と呼ばれる最先端の林業施策だが、実際のところ、まだ全国の自治体で存分に有効活用されているとは言いがたい。

page top