記事アクセスランキング

デイリーランキング1〜10位

  1. ~地方発ヒット商品の裏側~破綻しかけた老舗旅館を立て直す、IT化が生んだ“おもてなし”の新たな形 画像
    1

    ~地方発ヒット商品の裏側~破綻しかけた老舗旅館を立て直す、IT化が生んだ“おもてなし”の新たな形

    IT業務効率

     リーマンショックで致命的に傾いた経営。その売り上げをわずか6年間で6割向上させた老舗旅館がある。神奈川県鶴巻温泉に2件残された温泉旅館のひとつ「元湯陣屋」。創業は大正7年。元々は三井財閥が接待の場に使っていた別荘だった。

  2. 羽田空港第2旅客ターミナル国際線対応施設、南側増築で機能強化 画像
    2

    羽田空港第2旅客ターミナル国際線対応施設、南側増築で機能強化

    インバウンド・地域活性

     日本空港ビルデングは、羽田空港第2旅客ターミナルで計画している国際線対応施設の建設工事の安全祈願祭を26日に現地で行った。10月6日に本格着工する。設計・監理は梓設計・安井建築設計事務所・ペリクラークペリアーキテクツジ […]

  3. 日本空港ビル「羽田空港P4本館駐車場増築/駐車台数を600台増やす 画像
    3

    日本空港ビル「羽田空港P4本館駐車場増築/駐車台数を600台増やす

    制度・ビジネスチャンス

     日本空港ビルデングは17年12月27日、「東京国際空港(羽田)P4本館駐車場増築工事」の設計・施工者を大成建設に決めたと発表した。5月から指名・公募併用型見積もり合わせで発注手続きを進めてきた。契約金額は非公表。1月中 […]

  4. 岐阜県中津川市/リニア車両基地周辺、官民連携で新たなまちづくり 画像
    4

    岐阜県中津川市/リニア車両基地周辺、官民連携で新たなまちづくり

    インバウンド・地域活性

     ◇官民連携で新たなまちづくり  岐阜県中津川市は、リニア中央新幹線に関連した「中部総合車両基地周辺土地利用計画策定、公園・道の駅基本設計業務委託」をオリエンタルコンサルタンツに委託した。新たな観光資源として期待される中 […]

  5. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く 画像
    5

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    インバウンド・地域活性

     2020年東京五輪終了後も建設業界が成長を続けていくには、ビジネスモデルの転換や海外市場の開拓が不可欠になりそうだ。シンクタンク各社の建設関係担当者へのインタビューから市場動向と業界の将来像を読み解く。

  6. 2018 観光産業の潮流、押さえておきたい4つの波 画像
    6

    2018 観光産業の潮流、押さえておきたい4つの波

    インバウンド・地域活性

    2017年は数字の上ではいざなぎ景気を超える好景気となりました。2018年はどんな年になるのか。今回は、インバウンドをはじめ観光産業において、今年押さえておきたい4つのトレンドをピックアップ。その変化と進化、そして今年起こる新たな波を紹介します

  7. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層! 画像
    7

    世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

    インバウンド・地域活性

     東京都港区のJR浜松町駅西口で計画されている世界貿易センタービルの建て替えを中心とする大規模開発「浜松町二丁目4地区A街区」=完成イメージ=が本格的に動きだした。計画を推進する世界貿易センタービルディング、鹿島、東京モ […]

  8. 地球温暖化が今後のビジネスに与える影響……池上彰が分かりやすく解説 画像
    8

    地球温暖化が今後のビジネスに与える影響……池上彰が分かりやすく解説

    イベント

     池上彰氏は「COP21を契機に 環境問題で日本が果たせる役割・可能性」というタイトルで講演を行った。パリで行われたCOP21では、京都議定書に代わる新しい国際的な枠組みが議論された。COP21に取材に行った池上氏により、地球温暖化と関連ビジネスについて解説が行われた。

  9. 名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ! 画像
    9

    名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

    インバウンド・地域活性

     ◇市議会が関連予算案承認  昨年6月から継続審査になっていた名古屋城の天守閣木造復元に向けた関連予算案が23日、名古屋市議会で可決された。市は今後、技術提案・交渉方式(設計交渉・施工タイプ)のプロポーザルで優先交渉権者 […]

  10. 日本レーベンが札幌市中央区にサ高住複合施設を計画。医療施設併設、11月着工めざす 画像
    10

    日本レーベンが札幌市中央区にサ高住複合施設を計画。医療施設併設、11月着工めざす

    インバウンド・地域活性

     高齢者住宅事業などを手掛ける日本レーベン(札幌市)は、札幌市中央区で計画しているサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)を主体とする複合施設「ウィステリア南1条」=完成イメージ=の新築工事に11月着手する。設計は自社で行う […]

デイリーランキング11〜20位

  1. ~Sakeの海外戦略:1~世界に広がる日本酒、注目のマーケットは? 画像
    11

    ~Sakeの海外戦略:1~世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

    海外進出

     原材料の生産から加工までを国内で実施していることから、重点品目として国の輸出拡大方針の対象に。海外における日本食レストランの増加もあって、ここ数年で急速に輸出量を増やしているのが日本酒だ。

  2. 五反田駅の東口に10階建ての新ビル/アトレとホテルメッツ予定 画像
    12

    五反田駅の東口に10階建ての新ビル/アトレとホテルメッツ予定

    インバウンド・地域活性

    JR東日本の東京支社と同社グループの日本ホテル、アトレはこのほど、五反田駅(東京都品川区)の東口に新しいビルを建設すると発表した。12月上旬から工事に着手し、2020年春の完成を目指す。

  3. なぜスーパーホテルは2度も「日本経営品質賞」を受賞できたのか? その秘密を探る 画像
    13

    なぜスーパーホテルは2度も「日本経営品質賞」を受賞できたのか? その秘密を探る

    制度・ビジネスチャンス

    2015年度の「日本経営品質賞」(大規模部門受賞)に、大阪市のスーパーホテルが選出された。顧客視点から経営を見直し、自己革新を通じて顧客の求める価値を創造し続ける組織に与えられる大賞である。

  4. 日本油脂王子工場跡地開発(東京都北区)、ホームセンターのLIXILビバが参画 画像
    14

    日本油脂王子工場跡地開発(東京都北区)、ホームセンターのLIXILビバが参画

    インバウンド・地域活性

     ◇施工は新日本建設ら、商業施設や共同住宅整備  大和ハウス工業ら3社が東京都北区の日本油脂(現日油)王子工場跡地(約2・9ヘクタール)で計画している開発事業が、11月末から順次着工する。敷地中央には三井住友ファイナンス […]

  5. 小田原城天守閣改修見学会開く、最上階に天守七尊の仏教空間再現 画像
    15

    小田原城天守閣改修見学会開く、最上階に天守七尊の仏教空間再現

    インバウンド・地域活性

     神奈川県小田原市は6日、耐震補強のため改修工事が行われている小田原城天守閣の内部を報道陣に公開した。13~14年に行われた調査によって、江戸時代の天守閣最上階に「天守七尊」と呼ばれる摩利支天をはじめとする7体の神仏像が […]

  6. 栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も 画像
    16

    栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

    インバウンド・地域活性

     栃木県は15日、一般競争入札(WTO対象)を14日に開札した「総合スポーツゾーン新スタジアム新築工事」の落札者を、133億円で鹿島・増渕組・渡辺建設・那須土木・磯部建設・浜屋組JVに決めた。入札には大林組・東武建設・中 […]

  7. 白金高輪駅近くで、新たな再開発計画、街づくりに向けた動き活発化 画像
    17

    白金高輪駅近くで、新たな再開発計画、街づくりに向けた動き活発化

    インバウンド・地域活性

     東京都港区の東京メトロ南北線・都営地下鉄三田線の白金高輪駅近くで、新たな再開発計画が動きだした。同区内では少ない木造住宅密集(木密)地域とされる「三田五丁目地区」で、防災性の向上を目指す地権者らが8月末に「三田五丁目地 […]

  8. 【倒産情報】アートヴィレッヂ民事再生法適用申請――負債総額39億8000万円 画像
    18

    【倒産情報】アートヴィレッヂ民事再生法適用申請――負債総額39億8000万円

    制度・ビジネスチャンス

     アートヴィレッヂ(資本金5000万円、墨田区石原4-15-4、代表赤池輝子氏)は、4月22日に東京地裁へ民事再生法の適用を申請した。 負債総額は39億8000万円。

  9. 羽田空港跡地開発、「にほん文化体験館」などインバウンド/地方創生拠点も 画像
    19

    羽田空港跡地開発、「にほん文化体験館」などインバウンド/地方創生拠点も

    インバウンド・地域活性

     羽田空港の沖合展開や再拡張によって創出された空港跡地(東京都大田区羽田空港1、2)の開発に向けた動きが活発化している。跡地の第1ゾーン(約16・5ヘクタール)では1日、約540億円を投じて総延べ約12・5万平方メートル […]

  10. “2S改善マラソン”が製造業の成長に~島根ものづくり工場管理実践塾 画像
    20

    “2S改善マラソン”が製造業の成長に~島根ものづくり工場管理実践塾

    イベント

     「工場で2S改善を始めたところ、数年後に工場の生産能力が向上し、受注が増え、大きく成長したという企業が実は決して少なくないのです」。

デイリーランキング21〜30位

  1. 21

    名古屋市、リニア駅周辺まちづくりの方向性案公表/“広場”が中心にあるまち

    インバウンド・地域活性

     名古屋市は20日、リニア中央新幹線名古屋駅の東・西地区を対象にした「リニア駅周辺のまちづくりの方向性(案)」を公表した。6月に非公開で行った地権者説明会の資料。両地区とも、開削工法で建設されるリニア駅の上部空間を広場に […]

  2. 22

    どうなる「もんじゃストリート」? 月島三丁目北地区再開発

    インバウンド・地域活性

     東京都中央区の「月島三丁目地区再開発準備組合」が計画している「(仮称)月島三丁目北地区市街地再開発事業」の施設計画が固まった。高さ約199メートルの超高層マンションを中心とした施設群(総延べ床面積約14・5万平方メート […]

  3. 23

    「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

    インバウンド・地域活性

    高校野球はなぜ長い間、日本人の心を掴んできたのでしょうか? そのシステムの不思議を経済学の視点で分析したのが中島隆信さんの『高校野球の経済学』です。仕組みは不合理なのに日本に不可欠な存在であり続けているーーそれは中小企業経営のあり方に似ていないでしょうか?

  4. 24

    「道の駅」の民間設置解禁へ…民間の資金・ノウハウ活用

    インバウンド・地域活性

     国土交通省は、現在は公共機関に限定している一般道の休憩施設「道の駅」の設置主体を、民間事業者にも広げることを決めた。道の駅を地方創生や災害時の応急復旧活動の新たな拠点施設としてさらに発展させるため、民間の資金やノウハウ […]

  5. 25

    旅館業の人材不足をどう解決すればいいのか/第3回 働き続けられる環境を整備する

    人材

    連載第3回は成功事例編として二つの旅館の先進事例から「働き続けられる環境を整備する』をおおくりする。伊勢志摩の「ばさら邸」と鶴巻温泉の「陣屋」を参照しながら、採用や教育、賃金の問題を解決し業績向上につなげた道筋をたどる

  6. 26

    国内建設市場は19年にピーク? 建設関連100社アンケート

    制度・ビジネスチャンス

     日刊建設工業新聞社は、ゼネコンや建築設計事務所、建設コンサルタントなど建設関連100社の経営者を対象に、建設市場の動向や環境変化への対応で注力する取り組み、成長が期待できる事業分野・領域などについてアンケートした。

  7. 27

    新橋駅前ビル周辺再開発、輝きを取り戻せるか?

    インバウンド・地域活性

     東京・新橋駅の東口にある「新橋駅前ビル」を中心とした再開発の検討が本格的に始まった。同ビル管理組合を含む地権者らが再開発準備組合の前身となる「新橋駅東口地区再開発協議会」を立ち上げた。鉄道やバスなどの交通インフラが集積 […]

  8. 28

    「MARK IS(マークイズ)」開発着工へ、福岡市内最大規模、18年秋開業

    インバウンド・地域活性

     三菱地所が福岡市中央区地行浜の福岡ヤフオクドーム隣接地で進めるホークスタウンモール跡地複合再開発計画の商業施設棟「MARK IS(マークイズ) 福岡ももち」が着工を迎え1日、現地で地鎮祭が開かれた。建物規模はS一部RC […]

  9. 29

    成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

    インバウンド・地域活性

     成田空港の周辺9市町と国土交通省、千葉県、成田国際空港会社で構成する「成田空港に関する四者協議会」は成田空港の機能強化について、既存のB滑走路を北側に延伸し、その南側に第3滑走路(C滑走路)を整備する方針を固めた。20 […]

  10. 30

    ~日本式介護の輸出:1~有望国は中国! タイ、マレーシアも注目

    海外進出

     中国をはじめとするアジア諸国で高齢化が問題となっている。国連は人口に占める65歳以上の比率が7%を超えると高齢化社会、14%を超えると高齢社会、21%を超えると超高齢社会と定義した。

page top