記事アクセスランキング

デイリーランキング1〜10位

  1. 日本酒の名産地、イメージ断トツの県は? 画像
    1

    日本酒の名産地、イメージ断トツの県は?

    インバウンド・地域活性

     日本酒の名産地は新潟県とイメージする人が最も多いことが、酒文化研究所の調べで分かった。「さっぱりと切れ口のある味わいや銘柄名に『越』を冠した酒が豊富など、産地の印象に統一感がある」と同研究所は要因を

  2. NHK大河「おんな城主 直虎」幻想的なおとぎ話のなかの生々しい経営ドラマ 画像
    2

    NHK大河「おんな城主 直虎」幻想的なおとぎ話のなかの生々しい経営ドラマ

    制度・ビジネスチャンス

    今年スタートしたNHK大河『おんな城主 直虎』。脚本は連続テレビ小説『ごちそうさん』(NHK)の森下佳子。主人公の井伊直虎を演じるのは柴咲コウ。井伊家という小さな家族をいかにして守るのか?というテーマが見えてきたことで現代的な会社経営の話となってきている。

  3. 【地方発ヒット商品の裏側】海外アパレルも注目する世界一薄いシルク「フェアリー・フェザー」 画像
    3

    【地方発ヒット商品の裏側】海外アパレルも注目する世界一薄いシルク「フェアリー・フェザー」

    インバウンド・地域活性

     純白な光沢により、かつて東洋一と称された“川俣シルク”。その生産地から2012年、世界一薄く、そして軽いシルク「フェアリー・フェザー」が誕生した。

  4. サービス業のIT利用最前線!2 話題の“IoTホテル”が東京進出 画像
    4

    サービス業のIT利用最前線!2 話題の“IoTホテル”が東京進出

    IT業務効率

    今回は、最先端IoTデバイスを駆使したスマートホステル「&AND HOSTEL ASAKUSA NORTH」に焦点を当てる。「宿泊体験そのもの」が、観光目的にもなるような先進的なサービス空間を提供しているのが特徴だ

  5. ゼネコン大手5社、下請け業者の社保加入促進に本腰 画像
    5

    ゼネコン大手5社、下請け業者の社保加入促進に本腰

    人材

     専門工事業者の社会保険加入促進に本腰を入れ始めたゼネコン大手5社。元請として、社会保険加入の原資となる法定福利費を下請業者に行き渡らせることが取り組みの柱となっている。

  6. ~あたらしい訪問型ビジネス:4~いつもと同じ環境の中での“アイケア” 画像
    6

    ~あたらしい訪問型ビジネス:4~いつもと同じ環境の中での“アイケア”

    制度・ビジネスチャンス

    かつては「メガネチェーン御三家」として順調に成長を遂げてきたメガネスーパー。しかし安売り店との競合に競り負け、創業以来の危機に陥ってしまう。そんな逆風のなか、2016年には9年ぶりに黒字化を達成。このV字回復の秘訣のひとつが「訪問販売」であるという。

  7. ~社内コミュニケーションの秘訣~驚異の社員定着率78%はなぜできたのか? 画像
    7

    ~社内コミュニケーションの秘訣~驚異の社員定着率78%はなぜできたのか?

    人材

    連載第四回は、飲食店や結婚式場を運営するサービス・飲食業「一家ダイニングプロジェクト」の武長太郎社長です。近代的な合理経営では否定されがちな家族的経営で、結束で理念や文化を社員全員と共有しています。

  8. ■ニュース深掘り!■DMOの課題は予算、その対応は? 画像
    8

    ■ニュース深掘り!■DMOの課題は予算、その対応は?

    インバウンド・地域活性

     地域の観光事業を振興する中で、事業者や地域住民の調整役となるDMO。彼らの運用や設立に役立てるために、観光庁は観光協会などを対象にアンケート調査「国内外の観光地域づくり体制に関する調査業務の報告書」を実施。

  9. NHK大河『真田丸』最終回にビジネスパーソンが学ぶべきこと 画像
    9

    NHK大河『真田丸』最終回にビジネスパーソンが学ぶべきこと

    人材

     日曜夜8時から一年間にわたって放送されてきた大河ドラマ『真田丸』(NHK)が、12月18日、ついに最終回を向かえる。

  10. リニア新幹線南アルプストンネル導水路を建設、全体工程7年想定 画像
    10

    リニア新幹線南アルプストンネル導水路を建設、全体工程7年想定

    制度・ビジネスチャンス

     ◇工事用道路は工期3年見込む  JR東海が進めているリニア中央新幹線(東京・品川~名古屋間)の南アルプストンネル建設に合わせて行う大井川流域の水環境保全対策の一環で、TBMとNATMを併用して構築する導水路トンネル(延 […]

デイリーランキング11〜20位

  1. 福岡・ホークスタウンモール跡地の開発計画、メインは「MARK IS(マークイズ)」 画像
    11

    福岡・ホークスタウンモール跡地の開発計画、メインは「MARK IS(マークイズ)」

    インバウンド・地域活性

     三菱地所は、福岡ヤフオクドームに隣接する福岡市中央区のホークスタウンモール跡地の複合開発計画の概要を発表した。大規模商業施設に加え、28階建ての高層分譲マンション2棟も建設する。規模は総延べ約19万7300平方メートル […]

  2. 【Sakeの海外戦略:1】世界に広がる日本酒、注目のマーケットは? 画像
    12

    【Sakeの海外戦略:1】世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

    海外進出

     原材料の生産から加工までを国内で実施していることから、重点品目として国の輸出拡大方針の対象に。海外における日本食レストランの増加もあって、ここ数年で急速に輸出量を増やしているのが日本酒だ。

  3. 名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ! 画像
    13

    名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

    インバウンド・地域活性

     ◇市議会が関連予算案承認  昨年6月から継続審査になっていた名古屋城の天守閣木造復元に向けた関連予算案が23日、名古屋市議会で可決された。市は今後、技術提案・交渉方式(設計交渉・施工タイプ)のプロポーザルで優先交渉権者 […]

  4. 西新宿五丁目再開発、160メートルのビルやコミュニティー広場も 画像
    14

    西新宿五丁目再開発、160メートルのビルやコミュニティー広場も

    制度・ビジネスチャンス

     東京都は6日、JR新宿駅の北西に位置する新宿区西新宿の密集市街地(約2・4ヘクタール)で再開発を計画している「西新宿五丁目北地区防災街区整備事業組合」の設立を認可した。総延べ床面積14万4640平方メートルの再開発ビル […]

  5. 幕張新都心若葉住宅地区の開発第2弾、1万人規模の街づくり 画像
    15

    幕張新都心若葉住宅地区の開発第2弾、1万人規模の街づくり

    インバウンド・地域活性

     ◇総延べ10万平米のマンション群  三井不動産レジデンシャルなどデベロッパー7社が千葉市の幕張新都心若葉住宅地区(美浜区若葉3ほか、敷地面積17・6ヘクタール)で進める開発計画の第2弾が始動する。17年1月にも総延べ床 […]

  6. 【地方発ヒット商品の裏側】人工乳房から人工ボディパーツへ、そして世界へ――池山メディカルジャパン 画像
    16

    【地方発ヒット商品の裏側】人工乳房から人工ボディパーツへ、そして世界へ――池山メディカルジャパン

    インバウンド・地域活性

    名古屋市名東区の池山メディカルジャパンが独自技術を駆使して製造する人工乳房は、その品質の高さから乳がんで乳房を失ってしまった多くの女性患者からの支持を集めている。

  7. 仙台駅前・さくら野百貨店跡地利用、市が後押しへ 画像
    17

    仙台駅前・さくら野百貨店跡地利用、市が後押しへ

    インバウンド・地域活性

     JR仙台駅前の「さくら野百貨店仙台店」(仙台市青葉区)が2月下旬に経営破綻したことを受け、民間事業者らによる跡地利活用の検討が今後本格化しそうだ。奥山恵美子仙台市長は14日の定例記者会見で、担当部局が跡地再整備の情報収 […]

  8. [特Aをねらえ! 良食味米新事情] 14年産14銘柄 西日本の躍進目立つ 画像
    18

    [特Aをねらえ! 良食味米新事情] 14年産14銘柄 西日本の躍進目立つ

    インバウンド・地域活性

    「米の食味ランキング」で、最高位「特A」を獲得する産地銘柄米が、近年増加傾向。良食味米のイメージが根強い東北・北陸に、北海道や西日本の産地が割って入り、「特A」の常連となりつつある。

  9. 【インバウンドビジネス総合展:1】青森の小さな村に訪日客を呼ぶために 画像
    19

    【インバウンドビジネス総合展:1】青森の小さな村に訪日客を呼ぶために

    イベント

    訪日客におけるリピーターが増加する中で、その目的地がゴールデンルートから地方へと推移しつつある。その集客を地域で行うためのヒントとなるものとして、青森県佐井村での取り組みを題材としたセミナーが、All About Japanと大日本印刷の各担当者によって行われた。

  10. 千葉駅東口地区の再開発、中央部に「グランドモール」配置 画像
    20

    千葉駅東口地区の再開発、中央部に「グランドモール」配置

    インバウンド・地域活性

     JR千葉駅東口(千葉市中央区)で延べ2・5万平方メートル規模の再開発ビルを計画している「千葉駅東口地区市街地再開発組合」(湯浅太郎理事長)は10月31日、事業推進支援や保留床の取得、建物の設計や施工などを行う特定業務代 […]

デイリーランキング21〜30位

  1. 21

    【インバウンド向けホステル浸透中!:4】プリンスホテルのおもてなしは、???が違う!

    インバウンド・地域活性

     増加する訪日外国人旅行者に向けて、ホステルの開業やリノベーションが相次いでいる。中には、インバウンドに特化した内装やサービスに力を入れているところもあるが、現場では一体どのような演出が、外国人旅行者に求められているのか?

  2. 22

    【ITで強い商店街を作る:4】地域カードで商店街の垣根を越える

    IT業務効率

     各店や各商店街、各ショッピングセンターが個別、独自に発行するのが一般的なポイントカード事業。「MORIO-J(モリオジェイ)」カードは、岩手県・盛岡地域の複数の商店街が連携し、どの商店街でも利用できる地域共通ポイントカードとして注目される。

  3. 23

    【ITで強い商店街を作る:2】烏山方式、その継続する力とは?

    インバウンド・地域活性

     商店街で買い物をしてスタンプを貯めると、割引券がもらえたり抽選会で抽選ができたり。商店街を活性化させるスタンプ事業は、烏山駅前通り商店街(「えるも~る烏山」)が他に先駆けていち早く取り組み始めたものだ。通称、“烏山方式”と呼ばれている。

  4. 24

    【果物お土産ビジネス:2】外国人と農園、両方に効く検疫支援

    制度・ビジネスチャンス

     4月20日に日本政府観光局が発表した2015年度の訪日外国人数は、前年度と比べ45.6%増の2135万9000人。さらに、14年に「外国人旅行者向け消費税免税制度」が改正され、食料品が免税対象となった。

  5. 25

    八重洲二丁目中地区再開発、インターナショナルスクール誘致も

    インバウンド・地域活性

     東京都中央区の八重地二丁目中地区再開発準備組合(尾島雄三郎理事長)は、東京駅前外堀通り沿いの一画約2・2ヘクタールで計画している第1種市街地再開発事業の環境影響評価書案を作成した。オフィスフロアや居住・滞在施設、バスタ […]

  6. 26

    首都圏Look at/千葉県臨海部でホテル開発加速、観光振興の追い風受け

    インバウンド・地域活性

     千葉県の臨海部で大型ホテルの開発が勢いを増している。国内外の観光客を魅了する東京ディズニーリゾートの集客が好調なほか、幕張メッセ(千葉市美浜区)が2020年東京五輪の競技会場となるなど、県内の観光振興に追い風が吹いているためだ。

  7. 27

    「日本酒オイシイネ」、関西の酒蔵でインバウンド急増!

    インバウンド・地域活性

     酒造メーカーが観光客向けに公開する酒蔵の資料館や記念館が、訪日外国人(インバウンド)から人気を集めている。年間来場者数の約3割をインバウンドが占める所もある。メーカー各社は、パンフレットやホームペー

  8. 28

    大断面山岳トンネル工事、月進270メートル達成!過去最長記録!!

    IT業務効率

     鹿島は25日、NATMによる掘削断面110平方メートル以上の大断面山岳トンネル工事で、月間掘進距離が過去最長となる270メートルを達成したと発表した。2台のドリルジャンボを使った削孔や独自のコンクリート吹き付け手法など […]

  9. 29

    新橋駅前ビル周辺再開発、輝きを取り戻せるか?

    インバウンド・地域活性

     東京・新橋駅の東口にある「新橋駅前ビル」を中心とした再開発の検討が本格的に始まった。同ビル管理組合を含む地権者らが再開発準備組合の前身となる「新橋駅東口地区再開発協議会」を立ち上げた。鉄道やバスなどの交通インフラが集積 […]

  10. 30

    狙え、インバウンド需要…ホテル業界の事業戦略を追う

    インバウンド・地域活性

     爆発的に増加したインバウンド(訪日外国人旅行者)の効果で、大都市圏の宿泊施設がパンク寸前の状態になっている。設備投資を控えていたホテル業界各社は、宿泊需要の増加が見込まれる都内を中心に、既存店舗のリニューアルや新規出店に取り組んでいる。

page top