記事アクセスランキング

デイリーランキング1〜10位

  1. 【新ものづくり・新サービス展:1】好調の観光業で光る独自製品 画像
    1

    【新ものづくり・新サービス展:1】好調の観光業で光る独自製品

    イベント

     補助金や海外進出支援など、国が積極的に中小企業の支援策を展開している。中でも、多くの事業者に活用されているのが「ものづくり補助事業」だ。過去3年間に渡ってたびたび補助金が公募され、さまざまなビジネスが世に生まれている。

  2. 【プロ人材と地方企業:2】町工場発のブランド、その販路を切り拓く先鋒 画像
    2

    【プロ人材と地方企業:2】町工場発のブランド、その販路を切り拓く先鋒

    人材

     新事業への参入、マーケットの変革への対応など、企業が新たなチャレンジを行うときには、その分野のプロフェッショナルが求められる。例えば、地域おこし事業において、地方創生リーダーを都市部から招聘するのはよくある話だ。

  3. 富裕層インバウンドの法則その4 画像
    3

    富裕層インバウンドの法則その4

    インバウンド・地域活性

    富裕層インバウンドが本格的になればなるほど彼らの存在感も増してくるはずだ、と私は常々考えている。なにせ、外国人の旅行ガイドは法制度上原則彼らしかできないのだから。

  4. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は? 画像
    4

    「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

    インバウンド・地域活性

    今年に入り、高速バスに「超豪華車両」の登場が続いている。先陣を切ったのは「ドリーム・スリーパー2」。超豪華車両は、主に東京~大阪間に投入される。東京~大阪というといかにも大動脈だが、実は高速バスにとって開拓が遅れていた市場だ。

  5. 沖縄の訪日観光客はなぜ、ICリストバンドを装着しているのか? 画像
    5

    沖縄の訪日観光客はなぜ、ICリストバンドを装着しているのか?

    IT業務効率

     沖縄最大の繁華街である国際通り――県庁の北口スクランブル交差点を起点に、およそ1キロ半の道路沿いに多くの土産店や飲食店が軒を連ね、連日、多くの観光客が訪れる那覇のメインストリートだ。

  6. 富裕層インバウンドの法則その3 画像
    6

    富裕層インバウンドの法則その3

    インバウンド・地域活性

    自社で人を出して毎日リサーチさせる「効率的なムダ」を観光協会や自治体も予算を振り向ける時期にきている。「想定ターゲットを絞りきる因数」を見つける、だれでも明日からできることーー富裕層インバウンドを捉える視点の有用な考え方としておさえておきたいところだ。

  7. 絶対回収するすごい方法! 画像
    7

    絶対回収するすごい方法!

    制度・ビジネスチャンス

    「回収なくして、売上なし」と言われるように、最終的に現金を回収してはじめて本当の売上と言える。営業マンは売っただけでだめで、回収まで責任を持ってこそ本物である。

  8. 本日の新聞から:トヨタがディーゼル、ホンダがシビックを復活、MRJ順調など 画像
    8

    本日の新聞から:トヨタがディーゼル、ホンダがシビックを復活、MRJ順調など

    制度・ビジネスチャンス

    トヨタ自動車が新開発のクリーンディーゼルエンジン搭載の『ランドクルーザープラド』を一部改良し、販売を開始したが、トヨタが国内でディーゼル乗用車を発売したのは8年ぶり。

  9. 11室の動くホテル、夜行高速バスの車両価格「い、い、いちおく!?」 画像
    9

    11室の動くホテル、夜行高速バスの車両価格「い、い、いちおく!?」

    インバウンド・地域活性

    1月18日から、東京と大阪の間で走り出す次世代型「動くホテル」。夜行高速バスでどこまで快適に過ごせるかを追求した「ドリームスリーパー東京大阪号」の発表会で、担当者にクルマの値段、ドライバーは専属か、ターゲットはなどを聞いた(写真12枚)。

  10. 渋谷区の
    10

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

    インバウンド・地域活性

     東京都渋谷区の「公衆トイレネーミングライツ事業」が、政府の創設による「日本トイレ大賞」の女性活躍担当大臣賞を受賞した。同事業は2009年度から始めた事業で、企業からスポンサーを募り公衆トイレの美化を進める。契約期間は最短3年、契約金額は年間10万円以…

デイリーランキング11〜20位

  1. レンタルバイク、外国人富裕層を捉えて急成長! 画像
    11

    レンタルバイク、外国人富裕層を捉えて急成長!

    インバウンド・地域活性

    昨年(2015年)は1900万人を突破し、前年比4割増と右肩上がりで増え続ける訪日外国人観光客。和食、買い物、観光などなど目的は多様化しているが、なかにはバイクツーリングを楽しんでいる外国人ライダーもいる。

  2. 狙え、インバウンド需要…ホテル業界の事業戦略を追う 画像
    12

    狙え、インバウンド需要…ホテル業界の事業戦略を追う

    インバウンド・地域活性

     爆発的に増加したインバウンド(訪日外国人旅行者)の効果で、大都市圏の宿泊施設がパンク寸前の状態になっている。設備投資を控えていたホテル業界各社は、宿泊需要の増加が見込まれる都内を中心に、既存店舗のリニューアルや新規出店に取り組んでいる。

  3. 紙ではなく金網の折り紙!? 熟練職人の遊び心によるアイデア商品 画像
    13

    紙ではなく金網の折り紙!? 熟練職人の遊び心によるアイデア商品

    インバウンド・地域活性

     石川金網(東京都荒川区)は2日、紙ではなく金網を使った折り紙「おりあみ/ORIAMI」を発表。世界初の金網製折り紙として、12月7日に発売を行う。

  4. HJHJアーカイブス:05「大ヒット『逃げ恥』に知る、若者の契約観」 画像
    14

    HJHJアーカイブス:05「大ヒット『逃げ恥』に知る、若者の契約観」

    人材

     HJHJアーカイブスでは、年末にもう一度振り返りたい記事をピックアップしてお届けします。第七回目は先月放送された最終話の余韻が未だ残る、あの人気ドラマに現代流の“契約”の価値観を見出したコラムです。

  5. 【中小工場のIoT化最前線:2】LCCを実現、武州工業の戦略とは? 画像
    15

    【中小工場のIoT化最前線:2】LCCを実現、武州工業の戦略とは?

    IT業務効率

     IoTは関連技術の発達とともに、どのビジネス分野においても避けては通れない重要な課題になってきた。

  6. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ 画像
    16

    セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

    インバウンド・地域活性

     滋賀県のベンチャー企業・シムスインターナショナルが「電動一輪バイク ONEWHEEL(ワンホイール) i-1」の市販を決定した。初年度となる今年は、テストモニター向けに200台の販売を行う。

  7. 昨年度の国産農畜産物輸出額、牛肉と緑茶は過去最高! 画像
    17

    昨年度の国産農畜産物輸出額、牛肉と緑茶は過去最高!

    海外進出

     輸出額100億円を超える国産農畜産物のうち、牛肉と緑茶が2016年に過去最高を更新したことが、財務省の貿易統計で分かった。和牛の認知度向上や世界的な和食ブームが追い風となり、消費を伸ばした。一方、リ

  8. 中小企業は「ストレスチェック制度」にどう対応し、活用していくべきか? 画像
    18

    中小企業は「ストレスチェック制度」にどう対応し、活用していくべきか?

    人材

     労働安全衛生法に基づく「ストレスチェック制度」が、2015年12月1日から施行された。これにより、50名以上の従業員を有する事業者に対し、年1回のストレスチェックと面接指導の実施が義務化された(50名未満の事業者の場合は、当面の間は努力義務となる)。

  9. 若者の米離れ、週1回以上は21%、「食べない」は何%? 画像
    19

    若者の米離れ、週1回以上は21%、「食べない」は何%?

    制度・ビジネスチャンス

     日本農業新聞が、東京都内の20歳代100人に米の消費に関する街頭調査を行ったところ、1カ月間に米を「食べない」割合が16%に上った。米を食べる頻度が「週1回未満」も9%と合計で25%を占め、若者の米

  10. 【果物お土産ビジネス:4】全てはホームページから始まった! 画像
    20

    【果物お土産ビジネス:4】全てはホームページから始まった!

    インバウンド・地域活性

     訪日外国人による旅行消費額の急増を受け、“食”の分野でもインバウンド需要への対応が急務となっている。訪日外国人旅行消費額は3兆4771億円となり、前年の2兆278億円と比べて71.5%の大幅増となった。

デイリーランキング21〜30位

  1. 21

    スズキ GSX250R、中国では即900台売れた!

    海外進出

    スズキ二輪事業本部の伊藤正義 本部長は、1月18日の『GSX250R』および『ジクサー』の新車発表会で、同社の二輪事業部の取り組みについて説明した。

  2. 22

    家畜バイオマスで水素、電気、温水を製造・供給。北海道で実証事業

    IT業務効率

     エア・ウォーター、鹿島、日鉄住金パイプライン&エンジニアリング(東京都品川区、浅井武社長)、日本エアープロダクツ(川崎市幸区、ウィルバー・モック社長)は24日、北海道鹿追町に家畜バイオマス由来の水素製造供給施設を共同で […]

  3. 23

    遊休物件のコテージが、シーズン稼働率9割を実現した理由

    インバウンド・地域活性

    瀬戸内海の小さな島にある1棟貸しのコテージが、インバウンドから注目を集め、シーズン中の稼働率は9割を達成している。元はシーズンオフに使われていなかったコテージが、なぜここまでの集客を行うに至ったのか?

  4. 24

    インバウンドと30代の女性のニーズは被るらしい

    インバウンド・地域活性

    先日、女性をターゲットとするメディアの編集者から「どうもインバウンドの外国人と30代の女性のニーズは被っているらしい」という話を聞きました。その時は「へぇ、そうなんですか」と感心して終わったのですが、ふと思い返してみると符合する事例が多数思い浮かびます。

  5. 25

    すばらしきドローン 現場はこう変わった!(建設会社編)

    IT業務効率

     様々なビジネスへの活用が期待されている小型無人飛行機「ドローン」。2013年12月、アメリカでネット通販最大手であるアマゾンが「ドローンを使った宅配構想」を発表して以来、各国でドローンビジネスが活性化。

  6. 26

    国内最大のベンチャーアワード、最終ノミネート14名が決定!

    人材

     今年も国内最大のベンチャーの祭典が迫ってきた。独立行政法人中小企業基盤整備機構(高田坦史理事長)主催の起業家表彰制度「Japan Venture Awards(ジャパンベンチャーアウォード)(略称:JVA)」の最終ノミネート者14名が決定した。 2000年の開始以来、15回目を迎え…

  7. 27

    叡山電鉄×「きんモザ」映画コラボで記念切符!

    インバウンド・地域活性

    叡山電鉄はこのほど、映画「きんいろモザイク Pretty Days」とのコラボレーション企画として、「きんモザ」キャラクターを描いた記念切符を発売すると発表した。まず2017年1月14日に第1弾を発売し、続いて2月18日に第2弾を発売する。

  8. 28

    ダンプの自動化に成功! 建設機械の自動運転

    IT業務効率

     鹿島は11日、建設機械の自動運転など無人化施工技術を核とした次世代の建設生産システムで、従来の振動ローラーとブルドーザーに続き、ダンプの自動化に成功したと発表した。大分市で施工中のダム堤体工事に、GPS(全地球測位シス […]

  9. 29

    リニア新幹線に向けて回転水平多軸式連続壁機を開発!

    IT業務効率

     ボーリング用機器・掘削機械の製造・販売を手掛ける東亜利根ボーリング(東京都港区、伊藤春彦社長)は、地中連続壁を構築する回転水平多軸式連続壁機「CMX-SE」=写真=を開発した。リニア中央新幹線の建設工事を見据えて開発し […]

  10. 30

    【中小工場のIoT化最前線:1】見える化で生産性を向上!

    IT業務効率

     以前から家電の世界などで盛り上がっていたIoTが、インダストリー4.0という名前とともに、工場での利用が本格化しはじめている。元々これはドイツから始まったムーブメントで、語源としては“第四次産業革命”といった意味合いになるだろうか。

page top