旅館業の人材不足をどう解決すればいいのか/第3回 働き続けられる環境を整備する 4枚目の写真・画像

人材

(図3)1週間の平均労働時間の比較図(上)。宿泊施設接客の半数以上が45時間以上と答えている。サービス業(全般)と比べても高い。勤務時間を自由に選ぶことができた割合も宿泊施設接客は低い(下)。サービス業(全般)が自由に選ぶことができる割合が高いのに対し、宿泊施設接客が硬直的なことがわかる
(図3)1週間の平均労働時間の比較図(上)。宿泊施設接客の半数以上が45時間以上と答えている。サービス業(全般)と比べても高い。勤務時間を自由に選ぶことができた割合も宿泊施設接客は低い(下)。サービス業(全般)が自由に選ぶことができる割合が高いのに対し、宿泊施設接客が硬直的なことがわかる

編集部おすすめの記事

特集

人材 アクセスランキング

  1. 「中小企業の《経営論》」第9回:二代目、三代目経営者だからこそできること

    「中小企業の《経営論》」第9回:二代目、三代目経営者だからこそできること

  2. 旅館業の人材不足をどう解決すればいいのか?(第1回 状況編)

    旅館業の人材不足をどう解決すればいいのか?(第1回 状況編)

  3. ~社内コミュニケーションの秘訣~驚異の社員定着率78%はなぜできたのか?

    ~社内コミュニケーションの秘訣~驚異の社員定着率78%はなぜできたのか?

  4. ゼネコン大手5社、下請け業者の社保加入促進に本腰

  5. 岐阜県が建設業対象の企業認定制度創設/週休2日やICT活用でランク付け

  6. 事業承継の2017年問題:1  M&A成功のポイントはどこにある?

  7. TETSU-1グランプリ初開催! 鉄筋工日本一に松田優作さん

  8. 日建連/時間外労働、19年4月から年960時間以内に/人材確保競争を勝ち抜くためにも

  9. 地方と企業の悩み交換、引き受けます

  10. 東洋建設/働き方改革への取り組み強化/19年度末に全作業所で4週6閉所

アクセスランキングをもっと見る

page top