東京メトロで「お忘れ物自動通知サービス」の実証実験/「なくすを、なくす」 1枚目の写真・画像

IT業務効率

サービスのイメージ。専用タグから発信される位置情報をアンテナが受信すると、紛失箇所が持ち主に通知される仕組み。ちなみに東京メトロの2016年における1日あたりの忘れ物受領件数は1835件、返還率は約29%に留まっているという。東京メトロではこのシステムを活用して、忘れ物の早期発見・引渡しに努めたいとしている。
《出典 東京地下鉄》 サービスのイメージ。専用タグから発信される位置情報をアンテナが受信すると、紛失箇所が持ち主に通知される仕組み。ちなみに東京メトロの2016年における1日あたりの忘れ物受領件数は1835件、返還率は約29%に留まっているという。東京メトロではこのシステムを活用して、忘れ物の早期発見・引渡しに努めたいとしている。

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. ~中小工場のIoT化最前線:2~LCCを実現、武州工業の戦略とは?

    ~中小工場のIoT化最前線:2~LCCを実現、武州工業の戦略とは?

  2. ~中小工場のIoT化最前線:3~稼働状況も職員の体調も見える化!

    ~中小工場のIoT化最前線:3~稼働状況も職員の体調も見える化!

  3. ~ITで攻めの農業:1~投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

    ~ITで攻めの農業:1~投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

  4. 【IoTツール最新事情:前編】本音で語る、中小企業のイチオシとは?

  5. 大林組、AI活用技術の開発体制強化/AIやIoTで生産性を向上

  6. 米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

  7. 東京五輪のマラソン、レジェンドが「遮熱性舗装」に太鼓判!

  8. 【VRと中小企業:4】鋳物職人の五感を継承する最先端OJT

  9. 【VRと中小企業:3】不動産の成約率を変えたVRプレゼン力

  10. 歩行ナビやビーコンの開発推進、国交省が駅・施設のバリアフリー情報や無線LAN情報等をオープンデータ化

アクセスランキングをもっと見る

page top