公共工事激減でも建設業が元気なまち(岩手県紫波町) 1枚目の写真・画像

インバウンド・地域活性

2015年、PFI手法(BTO方式)で整備された国内最大級の木造3階建て新庁舎。構造躯体へは100%町産木材を活用で輸送コストも削減
2015年、PFI手法(BTO方式)で整備された国内最大級の木造3階建て新庁舎。構造躯体へは100%町産木材を活用で輸送コストも削減

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

    「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  2. ~地方発 ヒット商品の裏側~女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

    ~地方発 ヒット商品の裏側~女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

  3. 新国立競技場、屋根鉄骨工事に向け施工検証、始まる

    新国立競技場、屋根鉄骨工事に向け施工検証、始まる

  4. ~着地型観光:4~アウトドア体験に日本文化の魅力をプラス!

  5. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  6. リニア新幹線、南アルプストンネル最後の工区着工へ

  7. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  8. 川崎駅西口開発、オフィス棟とホテル棟を計画

  9. 渋谷区宇田川町計画(大規模複合ビル)、井の頭通りが変わるか?

  10. 東池袋駅直上部の再開発、高さ125m、新たに二つの広場も

アクセスランキングをもっと見る

page top