東京港湾臨港道路南北線で沈埋函の初出渠。国内最長の134m! 2枚目の写真・画像

インバウンド・地域活性

「通常なら10年、早くても8年はかかる工事。工期が厳しい中で精度の高い鋼殻を仕上げていただいた」と話す、関東整備局港湾空港部の加藤雅啓部長
「通常なら10年、早くても8年はかかる工事。工期が厳しい中で精度の高い鋼殻を仕上げていただいた」と話す、関東整備局港湾空港部の加藤雅啓部長

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 【地方発ヒット商品の裏側】ベルサイユ宮殿の晩餐で使用された「ぎやまん陶」とは?

    【地方発ヒット商品の裏側】ベルサイユ宮殿の晩餐で使用された「ぎやまん陶」とは?

  2. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

    近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  3. みなとみらい21の新港地区客船ターミナル施設整備/ラグビーW杯に向けホテルも

    みなとみらい21の新港地区客船ターミナル施設整備/ラグビーW杯に向けホテルも

  4. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  5. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  6. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  7. 東京女子医科大学、河田町キャンパス再整備構想案/9年かけて更新

  8. 日本女子大学、目白キャンパス新図書館棟/設計は妹島和世氏

  9. 札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

  10. 相鉄の鶴ケ峰駅付近連続立体交差事業、地下方式採用/「開かずの踏切」5か所撤去へ

アクセスランキングをもっと見る

page top