東京港湾臨港道路南北線で沈埋函の初出渠。国内最長の134m! 2枚目の写真・画像

インバウンド・地域活性

「通常なら10年、早くても8年はかかる工事。工期が厳しい中で精度の高い鋼殻を仕上げていただいた」と話す、関東整備局港湾空港部の加藤雅啓部長
「通常なら10年、早くても8年はかかる工事。工期が厳しい中で精度の高い鋼殻を仕上げていただいた」と話す、関東整備局港湾空港部の加藤雅啓部長

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

    「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  2. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

    成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  3. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  4. 日本油脂王子工場跡地開発、大型商業施設と共同住宅の建設へ

  5. 東芝大阪工場跡開発、スマートコミュニティ構想実現へ

  6. ■ニュース深掘り!■DMOの課題は予算、その対応は?

  7. 栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

  8. 造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

  9. ~着地型観光:1~外国人ウケする着地型観光のはじめ方(前編)

  10. 農業ベンチャーによるオールLED野菜工場、「富士ファーム」が今夏からフル稼働

アクセスランキングをもっと見る

page top