京急電鉄が緊急時の多言語対応強化!実証実験を実施 2枚目の写真・画像

IT業務効率

京急電鉄とヤマハが共同で実証実験中の「おもてなしガイド」の機能を活用。タブレットを用いて列車の遅延情報などについて多言語で音声案内を行う(画像はプレスリリースより)
京急電鉄とヤマハが共同で実証実験中の「おもてなしガイド」の機能を活用。タブレットを用いて列車の遅延情報などについて多言語で音声案内を行う(画像はプレスリリースより)

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 「コーヒー界のグーグル」が起こす、IT目線の生産性革命(前編)/ABC

    「コーヒー界のグーグル」が起こす、IT目線の生産性革命(前編)/ABC

  2. 東京五輪のマラソン、レジェンドが「遮熱性舗装」に太鼓判!

    東京五輪のマラソン、レジェンドが「遮熱性舗装」に太鼓判!

  3. 米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

    米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

  4. ~中小工場のIoT化最前線:1~見える化で生産性を向上!

  5. 【VRと中小企業:3】不動産の成約率を変えたVRプレゼン力

  6. ~シェア経済が生む新ビジネス:1~バッグを共有する世代の登場

  7. ~ITで攻めの農業:2~年間売上100万円超、農家の太陽光発電

  8. ~中小工場のIoT化最前線:2~LCCを実現、武州工業の戦略とは?

  9. ~地方発ヒット商品の裏側~破綻しかけた老舗旅館を立て直す、IT化が生んだ“おもてなし”の新たな形

  10. ImPACT/災害対応の重作業ロボ開発/二重旋回・複腕機構採用、適用範囲を拡大

アクセスランキングをもっと見る

page top