京急電鉄が緊急時の多言語対応強化!実証実験を実施 2枚目の写真・画像

IT業務効率

京急電鉄とヤマハが共同で実証実験中の「おもてなしガイド」の機能を活用。タブレットを用いて列車の遅延情報などについて多言語で音声案内を行う(画像はプレスリリースより)
京急電鉄とヤマハが共同で実証実験中の「おもてなしガイド」の機能を活用。タブレットを用いて列車の遅延情報などについて多言語で音声案内を行う(画像はプレスリリースより)

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. ~地方発ヒット商品の裏側~破綻しかけた老舗旅館を立て直す、IT化が生んだ“おもてなし”の新たな形

    ~地方発ヒット商品の裏側~破綻しかけた老舗旅館を立て直す、IT化が生んだ“おもてなし”の新たな形

  2. ~ITで攻めの農業:1~投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

    ~ITで攻めの農業:1~投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

  3. サービス業のIT利用最前線!3 手元のスマホを“高機能・多言語メニュー”に

    サービス業のIT利用最前線!3 手元のスマホを“高機能・多言語メニュー”に

  4. ドコモのキャッシュレス決済サービス「d払い」が4月に始まる!

  5. 米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

  6. 「カーシェアサービスをワンストップで」/NTTドコモの考えるシェアエコノミーとは?

  7. 大林組がIoTやAI活用のビル管理システムの開発へ、ウェルネス建築の一環

  8. 新潟県見附市が電線地中化で低コストモデル工事実施へ

  9. 電気設備各社、ロボ開発などで省力化施工へ取り組み強化

  10. 指先ひとつで支払い完了、ハウステンボスで指紋認証決算スタート

アクセスランキングをもっと見る

page top