京急電鉄が緊急時の多言語対応強化!実証実験を実施 2枚目の写真・画像

IT業務効率

京急電鉄とヤマハが共同で実証実験中の「おもてなしガイド」の機能を活用。タブレットを用いて列車の遅延情報などについて多言語で音声案内を行う(画像はプレスリリースより)
京急電鉄とヤマハが共同で実証実験中の「おもてなしガイド」の機能を活用。タブレットを用いて列車の遅延情報などについて多言語で音声案内を行う(画像はプレスリリースより)

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 2018年の診療報酬改定、生き残りのカギはICT活用/国際モダンホスピタルショウ

    2018年の診療報酬改定、生き残りのカギはICT活用/国際モダンホスピタルショウ

  2. 熊本と台湾の小学校「ICTつながる学校」で国際交流、共同事業スタート

    熊本と台湾の小学校「ICTつながる学校」で国際交流、共同事業スタート

  3. 米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

    米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

  4. 「大量積載化」「自律化」進む、ドローンの産業活用最前線!

  5. ~中小工場のIoT化最前線:2~LCCを実現、武州工業の戦略とは?

  6. サービス業のIT利用最前線!1  老舗旅館がタブレットで変革

  7. 外食産業の生産性向上~テクノロジーを付加価値へとつなげるために

  8. 建物のスマートエネルギーシステム開発、AIを活用して最適エネ利用計画を作成

  9. ガラスに広告などの映像を投影可能…旭硝子「Glascene」

  10. 大林組、山岳トンネル切羽評価に人工知能を適用/ディープラーニングで専門家と同等の評価

アクセスランキングをもっと見る

page top