国交省が復興CMの検証・評価でポイント整理、発注者ニーズの達成や活用可能性を評価 1枚目の写真・画像

制度・ビジネスチャンス

東日本大震災の復興まちづくりでは、事業の早期着手と事業期間の短縮などを目的に、民間のノウハウを活用しながらコストプラスフィー契約・オープンブック方式などを標準化した「復興CM方式」を導入した
東日本大震災の復興まちづくりでは、事業の早期着手と事業期間の短縮などを目的に、民間のノウハウを活用しながらコストプラスフィー契約・オープンブック方式などを標準化した「復興CM方式」を導入した

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

    主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

  2. 【外国人技能実習生:3】中国とベトナムの実習生最新事情

    【外国人技能実習生:3】中国とベトナムの実習生最新事情

  3. 宮崎県/防災拠点庁舎建設3件入札公告/建築はWTO対象

    宮崎県/防災拠点庁舎建設3件入札公告/建築はWTO対象

  4. SCなどの商業施設開業動向、17年下期予定は25カ所/リモデルや中小型化にシフト

  5. 建コン協ら3団体、技術者単価の引き上げを末松信介国交副大臣に要望

  6. 17年上半期の建設業倒産は過去20年で最少/4.9%減、9年連続マイナス

  7. 「鳥取砂丘らっきょう」と「江戸崎かぼちゃ」、共通点は?

  8. 六角形段ボールで資材費減! 隙間を省くほかPRスペースも拡大

  9. 日清食品が滋賀県栗東市に新工場、50%以上の省人化でコスト削減

  10. 国交省が交通誘導警備員を直接工事費に。実績とかい離、計上方法見直し

アクセスランキングをもっと見る

page top