イメージは「球磨地方の森」…JR九州の新観光列車、2017年夏頃から運行 3枚目の写真・画像

インバウンド・地域活性

『かわせみ やませみ』専用車両の外観は今年4月に発表されている。
《出典 九州旅客鉄道》 『かわせみ やませみ』専用車両の外観は今年4月に発表されている。

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 相鉄の鶴ケ峰駅付近連続立体交差事業、地下方式採用/「開かずの踏切」5か所撤去へ

    相鉄の鶴ケ峰駅付近連続立体交差事業、地下方式採用/「開かずの踏切」5か所撤去へ

  2. JR春日井駅南東地区再開発、駅南側の活性化を図る

    JR春日井駅南東地区再開発、駅南側の活性化を図る

  3. 東京下町の上野観光連盟が、AI自動翻訳サービス導入を決めた理由とは?

    東京下町の上野観光連盟が、AI自動翻訳サービス導入を決めた理由とは?

  4. 栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

  5. 東海地区に22店舗、スーパー「トミダヤ」が再生支援要請……地域経済活性化支援機構が応じる

  6. 岐阜県中津川市/リニア車両基地周辺、官民連携で新たなまちづくり

  7. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  8. インバウンド牽引するインフラ・鉄道を地方創生のカギに

  9. 追手門学院、東芝大阪工場跡地に新キャンパスを計画

  10. 「コナミクリエイティブセンター銀座」、スマホ向けゲームの開発拠点に!

アクセスランキングをもっと見る

page top