【農業ワールド:1】ドローンやIoT、農家の今を変える技術 1枚目の写真・画像

イベント

TEADの「Mulsan DAX04」。タンク容量は10リットルと、認定を受けているドローンでは最も大きい。1フライト10分~15分で、約1ヘクタールへの散布が可能
TEADの「Mulsan DAX04」。タンク容量は10リットルと、認定を受けているドローンでは最も大きい。1フライト10分~15分で、約1ヘクタールへの散布が可能

編集部おすすめの記事

特集

イベント アクセスランキング

  1. アジア圏の若者世代の動向を注視せよ!/インバウンド・観光ビジネス総合展

    アジア圏の若者世代の動向を注視せよ!/インバウンド・観光ビジネス総合展

  2. “2S改善マラソン”が製造業の成長に~島根ものづくり工場管理実践塾

    “2S改善マラソン”が製造業の成長に~島根ものづくり工場管理実践塾

  3. 【農業ワールド:1】ドローンやIoT、農家の今を変える技術

    【農業ワールド:1】ドローンやIoT、農家の今を変える技術

  4. 【農業ワールド】ハウスに行かずとも照明や散水……農業自働化システム

  5. IoTは低コスト・低リスクの「スモールスタート」から!/ワイヤレスジャパン

  6. 飲食業の人材不足、最新の対策は?/外食ビジネスウィーク

  7. 【ウェアラブルEXPO】歩けば充電する発電インソール、10秒ごとに位置情報を発信

  8. 地下300メートルの世界を体験、地層処分の研究施設で

  9. 第二十八回伊藤園お~いお茶新俳句大賞表彰式開催

  10. IoTは「フレッシュなデータ」、その活かし方を考えよう!

アクセスランキングをもっと見る

page top