「たかだか10分の差」。舞鶴市長、北陸新幹線舞鶴ルートの必要性を強調 1枚目の写真・画像

インバウンド・地域活性

舞鶴市の多々見市長は北陸新幹線舞鶴ルートの必要性を説明。山陰新幹線との共用区間と位置付けて整備すべきとした。
《撮影 草町義和》 舞鶴市の多々見市長は北陸新幹線舞鶴ルートの必要性を説明。山陰新幹線との共用区間と位置付けて整備すべきとした。

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

    世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  2. 2018 観光産業の潮流、押さえておきたい4つの波

    2018 観光産業の潮流、押さえておきたい4つの波

  3. 東京駅前八重洲一丁目東地区再開発/特定業務代行者公募手続き開始

    東京駅前八重洲一丁目東地区再開発/特定業務代行者公募手続き開始

  4. 相次ぐ新設バスターミナル。FIT化進展への対応は十分か?

  5. 川越駅前にホテル建設、川越駅とデッキで接続/20年開業予定

  6. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  7. 地域を“アゲる”観光行政、“サゲる”観光行政

  8. 新さっぽろ駅周辺地区開発/大学や商業施設を開発

  9. 沖縄徳洲会/湘南鎌倉総合医療センター建設/4棟延べ3.3万平米

  10. 【東北の農林水産業は復活する!】 福島の林業に働き手を呼び戻す、絆の積み木と放射線防護ジャケット

アクセスランキングをもっと見る

page top