トンネル工事用の切羽前方探査システム、3次元モニタリングで安全確保 1枚目の写真・画像

IT業務効率

切羽前方探査システム「S-BEAT」。地山を伝わる振動が岩盤性状の変化点で反射する現象を利用する
切羽前方探査システム「S-BEAT」。地山を伝わる振動が岩盤性状の変化点で反射する現象を利用する

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 日建連、土木工事のIoT対応強化へ/会員現場に実証フィールド用意

    日建連、土木工事のIoT対応強化へ/会員現場に実証フィールド用意

  2. 建退共の有識者検討会が制度のあり方提言、電子化ベースの掛金納付制度の早期導入を

    建退共の有識者検討会が制度のあり方提言、電子化ベースの掛金納付制度の早期導入を

  3. Skypeを利用したテレビ中継システム――動画中継コストが1/10に

    Skypeを利用したテレビ中継システム――動画中継コストが1/10に

  4. 東京駅日本橋口前・日本ビルの部分解体工事を公開

  5. 油と荷重に強いアスファルト舗装商品化、作業時間は半たわみ性の半分

  6. 沖縄の訪日観光客はなぜ、ICリストバンドを装着しているのか?

  7. ~ITで攻めの農業:1~投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

  8. トンネル切羽地質の自動評価システム、AIの画像認識技術を活用

  9. 北九州市でi-Con推進協が発足/中小企業の工事への導入が課題

  10. VRによるショッピングの未来、VRコマース

アクセスランキングをもっと見る

page top