乾燥から凍結まで、路面状況を検知するIoTタイヤの可能性 31枚目の写真・画像

インバウンド・地域活性

タイヤから接地面の情報を収集、解析し、路面情報やタイヤの状態を把握するタイヤセンシング技術「CAIS」。ブリヂストンが世界初の実用化を発表(11月25日、東京・広尾)
《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》 タイヤから接地面の情報を収集、解析し、路面情報やタイヤの状態を把握するタイヤセンシング技術「CAIS」。ブリヂストンが世界初の実用化を発表(11月25日、東京・広尾)

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 熊本地震/被災した57号北側復旧ルートの二重峠トンネル、着工へ

    熊本地震/被災した57号北側復旧ルートの二重峠トンネル、着工へ

  2. 都営青山北町アパート跡地開発、90メートルの高層ビルを含む複合施設へ

    都営青山北町アパート跡地開発、90メートルの高層ビルを含む複合施設へ

  3. 【田舎にもっと外貨を!:4】農泊参入の最大のチャンスは今

    【田舎にもっと外貨を!:4】農泊参入の最大のチャンスは今

  4. 兵庫県の2号加古川橋架替、18年度事業認可をめざし都市計画変更へ

  5. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  6. 北海道北広島市、日本ハムへ提案のボールパーク構想公表/ショッピングモールやホテルも

  7. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  8. 名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

  9. 横浜ドームを実現する会、ドーム球場を経済活性化の起爆剤に!

  10. 日本油脂王子工場跡地開発、大型商業施設と共同住宅の建設へ

アクセスランキングをもっと見る

page top