乾燥から凍結まで、路面状況を検知するIoTタイヤの可能性 31枚目の写真・画像

インバウンド・地域活性

タイヤから接地面の情報を収集、解析し、路面情報やタイヤの状態を把握するタイヤセンシング技術「CAIS」。ブリヂストンが世界初の実用化を発表(11月25日、東京・広尾)
《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》 タイヤから接地面の情報を収集、解析し、路面情報やタイヤの状態を把握するタイヤセンシング技術「CAIS」。ブリヂストンが世界初の実用化を発表(11月25日、東京・広尾)

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減、バス業界の今後は?:2

    「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減、バス業界の今後は?:2

  2. 京都市で歴史的建造物の曳家工事を公開、100年前のレンガ建物が元の位置に!

    京都市で歴史的建造物の曳家工事を公開、100年前のレンガ建物が元の位置に!

  3. 栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

    栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

  4. 十条駅西口地区再開発、40階建て、低層部に商業・業務施設、上層部に住宅

  5. 地方の行政官と話がしたい! 北海道天塩町の副町長

  6. 羽田空港跡地開発、2020年の新しい街づくりへ

  7. 上信越道・北野牧トンネル、巨大な岩塊の撤去工事開始!

  8. ■ニュース深掘り!■DMOの課題は予算、その対応は?

  9. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  10. 【田舎にもっと外貨を!:4】農泊参入の最大のチャンスは今

アクセスランキングをもっと見る

page top