乾燥から凍結まで、路面状況を検知するIoTタイヤの可能性 31枚目の写真・画像

インバウンド・地域活性

タイヤから接地面の情報を収集、解析し、路面情報やタイヤの状態を把握するタイヤセンシング技術「CAIS」。ブリヂストンが世界初の実用化を発表(11月25日、東京・広尾)
《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》 タイヤから接地面の情報を収集、解析し、路面情報やタイヤの状態を把握するタイヤセンシング技術「CAIS」。ブリヂストンが世界初の実用化を発表(11月25日、東京・広尾)

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

    「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  2. 富裕層インバウンドの法則その4

    富裕層インバウンドの法則その4

  3. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  4. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  5. これもカープの勢い? 広島駅の周辺開発が活発化!

  6. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  7. 険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

  8. 官民連携で「国際クルーズ」拠点を整備、選ばれた6つの港とは?

  9. 遊休物件のコテージが、シーズン稼働率9割を実現した理由

  10. 「恐怖の下り」判断を誤る…50キロのトレイルラン、記者が体験(3)

アクセスランキングをもっと見る

page top