乾燥から凍結まで、路面状況を検知するIoTタイヤの可能性 30枚目の写真・画像

インバウンド・地域活性

タイヤから接地面の情報を収集、解析し、路面情報やタイヤの状態を把握するタイヤセンシング技術「CAIS」。ブリヂストンが世界初の実用化を発表(11月25日、東京・広尾)
《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》 タイヤから接地面の情報を収集、解析し、路面情報やタイヤの状態を把握するタイヤセンシング技術「CAIS」。ブリヂストンが世界初の実用化を発表(11月25日、東京・広尾)

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 【地方発ヒット商品の裏側】8人で広さ30haの有機米栽培、古代米浦部農園はなぜ成功した?

    【地方発ヒット商品の裏側】8人で広さ30haの有機米栽培、古代米浦部農園はなぜ成功した?

  2. 名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

    名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

  3. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

    日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  4. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  5. レンタルバイク、外国人富裕層を捉えて急成長!

  6. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  7. 造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

  8. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  9. 羽田空港跡地開発、2020年の新しい街づくりへ

  10. 東京・晴海五丁目西地区の選手村整備、着手へ

アクセスランキングをもっと見る

page top