乾燥から凍結まで、路面状況を検知するIoTタイヤの可能性 30枚目の写真・画像

インバウンド・地域活性

タイヤから接地面の情報を収集、解析し、路面情報やタイヤの状態を把握するタイヤセンシング技術「CAIS」。ブリヂストンが世界初の実用化を発表(11月25日、東京・広尾)
《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》 タイヤから接地面の情報を収集、解析し、路面情報やタイヤの状態を把握するタイヤセンシング技術「CAIS」。ブリヂストンが世界初の実用化を発表(11月25日、東京・広尾)

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

    ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  2. ムラサキウニ、キャベツで養殖したところ、高級食材に!

    ムラサキウニ、キャベツで養殖したところ、高級食材に!

  3. 埼玉発「野菜すし」登場! ベジタリアンから訪日客まで

    埼玉発「野菜すし」登場! ベジタリアンから訪日客まで

  4. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発、各社の戦略は?

  5. バスツアーも「超豪華バス」の波。高速バスとの違いは?

  6. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  7. ■ニュース深掘り!■中野から考える、都市部の駅前再開発

  8. スラムを住みたい街に変えた復興術-ジョンソンタウン編-

  9. 那覇空港ビルディングで際内連結ターミナルビルが起工、18年12月完成へ

  10. 仙台駅前/さくら野百貨店跡地利用、市が後押しへ

アクセスランキングをもっと見る

page top