乾燥から凍結まで、路面状況を検知するIoTタイヤの可能性 29枚目の写真・画像

インバウンド・地域活性

タイヤから接地面の情報を収集、解析し、路面情報やタイヤの状態を把握するタイヤセンシング技術「CAIS」。ブリヂストンが世界初の実用化を発表(11月25日、東京・広尾)
《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》 タイヤから接地面の情報を収集、解析し、路面情報やタイヤの状態を把握するタイヤセンシング技術「CAIS」。ブリヂストンが世界初の実用化を発表(11月25日、東京・広尾)

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

    「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  2. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  3. ウレタン樹脂充てん型の道路凍結抑制舗装、標準仕様確立

    ウレタン樹脂充てん型の道路凍結抑制舗装、標準仕様確立

  4. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  5. ブライダル市場で勝ち抜くキーワードは「なし婚」「少人数婚」「外国人」

  6. 大規模案件を直接受注、企業連合で大手に対抗する地方SE

  7. 仙台駅前・さくら野百貨店跡地利用、市が後押しへ

  8. 険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

  9. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  10. 岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

アクセスランキングをもっと見る

page top