乾燥から凍結まで、路面状況を検知するIoTタイヤの可能性 28枚目の写真・画像

インバウンド・地域活性

タイヤから接地面の情報を収集、解析し、路面情報やタイヤの状態を把握するタイヤセンシング技術「CAIS」。ブリヂストンが世界初の実用化を発表(11月25日、東京・広尾)
《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》 タイヤから接地面の情報を収集、解析し、路面情報やタイヤの状態を把握するタイヤセンシング技術「CAIS」。ブリヂストンが世界初の実用化を発表(11月25日、東京・広尾)

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

    近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  2. 見えてきた! 品川新駅の骨格、京浜東北線北行きのオーバークロス高架橋

    見えてきた! 品川新駅の骨格、京浜東北線北行きのオーバークロス高架橋

  3. <シリーズ> 十年で6割超の市場を失った陶磁器産業 (課題編)

    <シリーズ> 十年で6割超の市場を失った陶磁器産業 (課題編)

  4. 九州一丸で輸出 JA宮崎経済連九経連が新会社

  5. 都営青山北町アパート跡地開発、90メートルの高層ビルを含む複合施設へ

  6. 千葉駅東口地区の再開発、中央部に「グランドモール」配置

  7. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  8. ~地方発ヒット商品の裏側~町工場の技術が生んだ「魔法のフライパン」

  9. 小田原市民ホール整備事業、大屋根と町家の屋根で伝統を表現

  10. 造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

アクセスランキングをもっと見る

page top