乾燥から凍結まで、路面状況を検知するIoTタイヤの可能性 28枚目の写真・画像

インバウンド・地域活性

タイヤから接地面の情報を収集、解析し、路面情報やタイヤの状態を把握するタイヤセンシング技術「CAIS」。ブリヂストンが世界初の実用化を発表(11月25日、東京・広尾)
《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》 タイヤから接地面の情報を収集、解析し、路面情報やタイヤの状態を把握するタイヤセンシング技術「CAIS」。ブリヂストンが世界初の実用化を発表(11月25日、東京・広尾)

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 中国のクルーズ船に学べ! 船上にゴーカート

    中国のクルーズ船に学べ! 船上にゴーカート

  2. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

    ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  3. 名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

    名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

  4. 泉岳寺周辺地区再開発、「泉岳寺」も専門アドバイザーとして参加!

  5. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  6. ハイドランジア「筑紫の風」、希少な花色と重量感  

  7. 岩手医科大学が付属病院を移転新築、建設事業費550億円

  8. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  9. 官民連携で「国際クルーズ」拠点を整備、選ばれた6つの港とは?

  10. 「MARK IS(マークイズ)」開発着工へ、福岡市内最大規模、18年秋開業

アクセスランキングをもっと見る

page top