乾燥から凍結まで、路面状況を検知するIoTタイヤの可能性 28枚目の写真・画像

インバウンド・地域活性

タイヤから接地面の情報を収集、解析し、路面情報やタイヤの状態を把握するタイヤセンシング技術「CAIS」。ブリヂストンが世界初の実用化を発表(11月25日、東京・広尾)
《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》 タイヤから接地面の情報を収集、解析し、路面情報やタイヤの状態を把握するタイヤセンシング技術「CAIS」。ブリヂストンが世界初の実用化を発表(11月25日、東京・広尾)

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】地域プロデュース拠点となる道の駅、地方創生を目指す

    【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】地域プロデュース拠点となる道の駅、地方創生を目指す

  2. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

    「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  3. フランス語? 日本語とは思えない……宮崎県小林市が方言でPRムービー

    フランス語? 日本語とは思えない……宮崎県小林市が方言でPRムービー

  4. 京都市で歴史的建造物の曳家工事を公開、100年前のレンガ建物が元の位置に!

  5. 品川駅周辺まちづくり、品川新駅やリニア開業で再開発が加速!

  6. 1匹2000万円!? 新潟県で棚田育ちのニシキゴイ、海外富裕層の注目で輸出額倍増

  7. 狙え、インバウンド需要…ホテル業界の事業戦略を追う

  8. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  9. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  10. 和歌山市駅前再開発、ホテルや図書館も

アクセスランキングをもっと見る

page top