乾燥から凍結まで、路面状況を検知するIoTタイヤの可能性 27枚目の写真・画像

インバウンド・地域活性

タイヤから接地面の情報を収集、解析し、路面情報やタイヤの状態を把握するタイヤセンシング技術「CAIS」。ブリヂストンが世界初の実用化を発表(11月25日、東京・広尾)
《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》 タイヤから接地面の情報を収集、解析し、路面情報やタイヤの状態を把握するタイヤセンシング技術「CAIS」。ブリヂストンが世界初の実用化を発表(11月25日、東京・広尾)

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

    ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  2. 中国のクルーズ船に学べ! 船上にゴーカート

    中国のクルーズ船に学べ! 船上にゴーカート

  3. 堺市ほか、大阪モノレール延伸を府に要望、投資額2000億円超

    堺市ほか、大阪モノレール延伸を府に要望、投資額2000億円超

  4. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  5. 岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

  6. 名古屋市・錦二丁目7番街区再開発、超高層マンションで街を活性化

  7. 造幣局東京支局跡地の開発、2エリアに分け地区整備検討へ

  8. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  9. フランス語? 日本語とは思えない……宮崎県小林市が方言でPRムービー

  10. 十条駅西口地区再開発、40階建て、低層部に商業・業務施設、上層部に住宅

アクセスランキングをもっと見る

page top