乾燥から凍結まで、路面状況を検知するIoTタイヤの可能性 27枚目の写真・画像

インバウンド・地域活性

タイヤから接地面の情報を収集、解析し、路面情報やタイヤの状態を把握するタイヤセンシング技術「CAIS」。ブリヂストンが世界初の実用化を発表(11月25日、東京・広尾)
《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》 タイヤから接地面の情報を収集、解析し、路面情報やタイヤの状態を把握するタイヤセンシング技術「CAIS」。ブリヂストンが世界初の実用化を発表(11月25日、東京・広尾)

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 品川駅周辺まちづくり、品川新駅やリニア開業で再開発が加速!

    品川駅周辺まちづくり、品川新駅やリニア開業で再開発が加速!

  2. 兵庫県・芦屋高校跡地、老人ホームとして活用で事業予定者決定

    兵庫県・芦屋高校跡地、老人ホームとして活用で事業予定者決定

  3. リニア新幹線の「神奈川県駅」(仮称)、地下3層構造

    リニア新幹線の「神奈川県駅」(仮称)、地下3層構造

  4. 小岩駅北口地区再開発、にぎわいあふれる市街地へ!

  5. 成田空港、航空機発着回数/旅客数が過去最高を更新 2016年度

  6. 富裕層インバウンドの法則その7

  7. 東日本大震災5年、「実感できる復興」へ全力。業界の役割なお大きく

  8. 【オリンピックと業界認証:3】ホテル・旅館業編

  9. 建設業界、公共工事急減に悲鳴…激しい地域格差も

  10. 首都圏Look at/都内に200m超ビル続々/都心のスカイライン様変わり

アクセスランキングをもっと見る

page top