乾燥から凍結まで、路面状況を検知するIoTタイヤの可能性 26枚目の写真・画像

インバウンド・地域活性

タイヤから接地面の情報を収集、解析し、路面情報やタイヤの状態を把握するタイヤセンシング技術「CAIS」。ブリヂストンが世界初の実用化を発表(11月25日、東京・広尾)
《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》 タイヤから接地面の情報を収集、解析し、路面情報やタイヤの状態を把握するタイヤセンシング技術「CAIS」。ブリヂストンが世界初の実用化を発表(11月25日、東京・広尾)

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 大都市で知られていない「高速バス」の成長

    大都市で知られていない「高速バス」の成長

  2. 川崎市・新本庁舎の建設設計、概算工事費は約400億円

    川崎市・新本庁舎の建設設計、概算工事費は約400億円

  3. 大手が参入できない強みを生かした下諏訪の「温泉ストーブ」

    大手が参入できない強みを生かした下諏訪の「温泉ストーブ」

  4. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  5. これもカープの勢い? 広島駅の周辺開発が活発化!

  6. チタン製タンブラーほか8商品が三重グッドデザインに決定!

  7. 【田舎にもっと外貨を!:4】農泊参入の最大のチャンスは今

  8. パリに勝てるか? カジノはどうなる? 大阪府ら25年万博誘致へ

  9. 自動化できない「曲げ寸法公差1mm」を実現するハンマー職人

  10. 東京・泉岳寺駅周辺再開発、17年度に基本設計着手

アクセスランキングをもっと見る

page top