乾燥から凍結まで、路面状況を検知するIoTタイヤの可能性 23枚目の写真・画像

インバウンド・地域活性

タイヤから接地面の情報を収集、解析し、路面情報やタイヤの状態を把握するタイヤセンシング技術「CAIS」。ブリヂストンが世界初の実用化を発表(11月25日、東京・広尾)
《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》 タイヤから接地面の情報を収集、解析し、路面情報やタイヤの状態を把握するタイヤセンシング技術「CAIS」。ブリヂストンが世界初の実用化を発表(11月25日、東京・広尾)

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. <シリーズ> 十年で6割超の市場を失った陶磁器産業 (課題編)

    <シリーズ> 十年で6割超の市場を失った陶磁器産業 (課題編)

  2. 中野区の新区役所庁舎基本設計、現庁舎の北西側に移転、改築

    中野区の新区役所庁舎基本設計、現庁舎の北西側に移転、改築

  3. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

    横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  4. 札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

  5. みなとみらい21の新港地区客船ターミナル施設整備/ラグビーW杯に向けホテルも

  6. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】小さな港町に数万人を集める「大洗ガルパンプロジェクト」(2)

  7. 造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

  8. 現役高校生が考える地域活性化ビジネス……千葉商科大「地元再発見コンテスト」が開催

  9. 高い評価の新潟米「新之助」、強気の値段設定はおいくら?

  10. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

アクセスランキングをもっと見る

page top