乾燥から凍結まで、路面状況を検知するIoTタイヤの可能性 22枚目の写真・画像

インバウンド・地域活性

タイヤから接地面の情報を収集、解析し、路面情報やタイヤの状態を把握するタイヤセンシング技術「CAIS」。ブリヂストンが世界初の実用化を発表(11月25日、東京・広尾)
《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》 タイヤから接地面の情報を収集、解析し、路面情報やタイヤの状態を把握するタイヤセンシング技術「CAIS」。ブリヂストンが世界初の実用化を発表(11月25日、東京・広尾)

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

    「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  2. 北海道新幹線の工事計画が変更、札幌駅直前までトンネルに

    北海道新幹線の工事計画が変更、札幌駅直前までトンネルに

  3. 仙台駅前/さくら野百貨店跡地利用、市が後押しへ

    仙台駅前/さくら野百貨店跡地利用、市が後押しへ

  4. 都営青山北町アパート跡地開発、90メートルの高層ビルを含む複合施設へ

  5. 劇団四季が名古屋駅徒歩10分圏に新劇場、10月着工で16年秋オープンへ

  6. 新国立競技場に行灯型照明! 折り紙や障子で日本らしさ演出!!

  7. 原宿駅改修、五輪前に完了?

  8. 3人に1人が高齢者の高知県から平均67.4歳のアイドルデビュー

  9. 累計8万部の「島根自虐カレンダー」、16年版は「都構想」宣言

  10. 開孔径が梁せいの半分以下、熊谷組が基礎梁貫通孔補強工法開発

アクセスランキングをもっと見る

page top