乾燥から凍結まで、路面状況を検知するIoTタイヤの可能性 22枚目の写真・画像

インバウンド・地域活性

タイヤから接地面の情報を収集、解析し、路面情報やタイヤの状態を把握するタイヤセンシング技術「CAIS」。ブリヂストンが世界初の実用化を発表(11月25日、東京・広尾)
《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》 タイヤから接地面の情報を収集、解析し、路面情報やタイヤの状態を把握するタイヤセンシング技術「CAIS」。ブリヂストンが世界初の実用化を発表(11月25日、東京・広尾)

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 東京23区で唯一大学のなかった墨田区、「i専門職大学」開学へ!

    東京23区で唯一大学のなかった墨田区、「i専門職大学」開学へ!

  2. 岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

    岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

  3. 【オリンピックと業界認証:4】タクシー業界編

    【オリンピックと業界認証:4】タクシー業界編

  4. 日本武道館、増築・改修へ実施設計着手/20年東京五輪で柔道、空手の試合

  5. 【田舎にもっと外貨を!:2】日本中に自分の故郷を作るプロジェクト

  6. 札幌駅北口周辺で再開発計画、50階建てビルは道内最高層!

  7. 羽田空港跡地開発、2020年の新しい街づくりへ

  8. 造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

  9. これもカープの勢い? 広島駅の周辺開発が活発化!

  10. 羽田空港跡地第2ゾーン開発、計画概要を発表

アクセスランキングをもっと見る

page top