乾燥から凍結まで、路面状況を検知するIoTタイヤの可能性 20枚目の写真・画像

インバウンド・地域活性

タイヤから接地面の情報を収集、解析し、路面情報やタイヤの状態を把握するタイヤセンシング技術「CAIS」。ブリヂストンが世界初の実用化を発表(11月25日、東京・広尾)
《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》 タイヤから接地面の情報を収集、解析し、路面情報やタイヤの状態を把握するタイヤセンシング技術「CAIS」。ブリヂストンが世界初の実用化を発表(11月25日、東京・広尾)

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 富裕層インバウンドの法則その6

    富裕層インバウンドの法則その6

  2. 福岡・ホークスタウンモール跡地の開発計画、メインは「MARK IS(マークイズ)」

    福岡・ホークスタウンモール跡地の開発計画、メインは「MARK IS(マークイズ)」

  3. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  4. 東京23区内の2016年度大規模開発、都心部で活況続く!

  5. 大和リゾート、インバウンドに向け都市型ホテル事業参入

  6. 常滑市の大規模展示場整備、展示会需要の取り込みを図る

  7. 千葉駅東口地区の再開発、中央部に「グランドモール」配置

  8. 札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

  9. 狙え、インバウンド需要…ホテル業界の事業戦略を追う

  10. 大分県の屋内スポーツ施設、ラグビーワールドカップまでに完成

アクセスランキングをもっと見る

page top