乾燥から凍結まで、路面状況を検知するIoTタイヤの可能性 20枚目の写真・画像

インバウンド・地域活性

タイヤから接地面の情報を収集、解析し、路面情報やタイヤの状態を把握するタイヤセンシング技術「CAIS」。ブリヂストンが世界初の実用化を発表(11月25日、東京・広尾)
《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》 タイヤから接地面の情報を収集、解析し、路面情報やタイヤの状態を把握するタイヤセンシング技術「CAIS」。ブリヂストンが世界初の実用化を発表(11月25日、東京・広尾)

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

    ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  2. 品川駅周辺まちづくり、品川新駅やリニア開業で再開発が加速!

    品川駅周辺まちづくり、品川新駅やリニア開業で再開発が加速!

  3. JR小岩駅南側の再開発、リングロードの整備と一体で

    JR小岩駅南側の再開発、リングロードの整備と一体で

  4. 東京23区内の大規模建築計画/大型計画は一息ついた

  5. 東京・JR小岩駅南口再開発、今春にも準備組合設立

  6. バスツアーも「超豪華バス」の波。高速バスとの違いは?

  7. 【地方発ヒット商品の裏側】海外アパレルも注目する世界一薄いシルク「フェアリー・フェザー」

  8. 名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

  9. 栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

  10. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

アクセスランキングをもっと見る

page top