乾燥から凍結まで、路面状況を検知するIoTタイヤの可能性 19枚目の写真・画像

インバウンド・地域活性

タイヤから接地面の情報を収集、解析し、路面情報やタイヤの状態を把握するタイヤセンシング技術「CAIS」。ブリヂストンが世界初の実用化を発表(11月25日、東京・広尾)
《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》 タイヤから接地面の情報を収集、解析し、路面情報やタイヤの状態を把握するタイヤセンシング技術「CAIS」。ブリヂストンが世界初の実用化を発表(11月25日、東京・広尾)

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  2. 北海道北広島市、日本ハムへ提案のボールパーク構想公表/ショッピングモールやホテルも

    北海道北広島市、日本ハムへ提案のボールパーク構想公表/ショッピングモールやホテルも

  3. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

    世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  4. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  5. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  6. 国土交通省が「道の駅」を17駅追加登録、1134駅に

  7. 東芝大阪工場跡開発、スマートコミュニティ構想実現へ

  8. 東京下町の上野観光連盟が、AI自動翻訳サービス導入を決めた理由とは?

  9. 白金高輪駅近くで、新たな再開発計画、街づくりに向けた動き活発化

  10. 那覇空港中長期構想、滑走路間にターミナルビル移設/旅客需要増加に対応

アクセスランキングをもっと見る

page top