乾燥から凍結まで、路面状況を検知するIoTタイヤの可能性 19枚目の写真・画像

インバウンド・地域活性

タイヤから接地面の情報を収集、解析し、路面情報やタイヤの状態を把握するタイヤセンシング技術「CAIS」。ブリヂストンが世界初の実用化を発表(11月25日、東京・広尾)
《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》 タイヤから接地面の情報を収集、解析し、路面情報やタイヤの状態を把握するタイヤセンシング技術「CAIS」。ブリヂストンが世界初の実用化を発表(11月25日、東京・広尾)

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 【地方発ヒット商品の裏側】海外アパレルも注目する世界一薄いシルク「フェアリー・フェザー」

    【地方発ヒット商品の裏側】海外アパレルも注目する世界一薄いシルク「フェアリー・フェザー」

  2. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

    「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  3. 空き家シェアで“周南版トキワ荘”が誕生! シバザクラがきっかけ

    空き家シェアで“周南版トキワ荘”が誕生! シバザクラがきっかけ

  4. 日本油脂王子工場跡地開発、大型商業施設と共同住宅の建設へ

  5. 堺市ほか、大阪モノレール延伸を府に要望、投資額2000億円超

  6. 福岡市の西部市場跡地売却、白十字病院に/フィットネス広場も整備

  7. 札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

  8. 北海道北広島市、日本ハムへ提案のボールパーク構想公表/ショッピングモールやホテルも

  9. 日本武道館、増築・改修へ実施設計着手/20年東京五輪で柔道、空手の試合

  10. 茶を世界に発信、静岡で全国まつりで品評会受賞者を表彰

アクセスランキングをもっと見る

page top