乾燥から凍結まで、路面状況を検知するIoTタイヤの可能性 18枚目の写真・画像

インバウンド・地域活性

タイヤから接地面の情報を収集、解析し、路面情報やタイヤの状態を把握するタイヤセンシング技術「CAIS」。ブリヂストンが世界初の実用化を発表(11月25日、東京・広尾)
《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》 タイヤから接地面の情報を収集、解析し、路面情報やタイヤの状態を把握するタイヤセンシング技術「CAIS」。ブリヂストンが世界初の実用化を発表(11月25日、東京・広尾)

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 中国のクルーズ船に学べ! 船上にゴーカート

    中国のクルーズ船に学べ! 船上にゴーカート

  2. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】地域の暮らしに根差したブランドで街おこし…群言堂 松場大吉氏

    【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】地域の暮らしに根差したブランドで街おこし…群言堂 松場大吉氏

  3. 斜陽産業に光! 多治見タイルのコト戦略

    斜陽産業に光! 多治見タイルのコト戦略

  4. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  5. 11室の動くホテル、夜行高速バスの車両価格「い、い、いちおく!?」

  6. 西広島駅西地区再開発、期待される広島市の西の玄関口

  7. 栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

  8. 羽田空港跡地開発、2020年の新しい街づくりへ

  9. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  10. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

アクセスランキングをもっと見る

page top