乾燥から凍結まで、路面状況を検知するIoTタイヤの可能性 18枚目の写真・画像

インバウンド・地域活性

タイヤから接地面の情報を収集、解析し、路面情報やタイヤの状態を把握するタイヤセンシング技術「CAIS」。ブリヂストンが世界初の実用化を発表(11月25日、東京・広尾)
《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》 タイヤから接地面の情報を収集、解析し、路面情報やタイヤの状態を把握するタイヤセンシング技術「CAIS」。ブリヂストンが世界初の実用化を発表(11月25日、東京・広尾)

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 和歌山市駅前再開発、ホテルや図書館も

    和歌山市駅前再開発、ホテルや図書館も

  2. 千葉駅東口地区の再開発、中央部に「グランドモール」配置

    千葉駅東口地区の再開発、中央部に「グランドモール」配置

  3. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

    「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  4. 仙台駅前・さくら野百貨店跡地利用、市が後押しへ

  5. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  6. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  7. JR東海がリニア名古屋駅着工へ

  8. 大規模案件を直接受注、企業連合で大手に対抗する地方SE

  9. ふるさと納税返礼品でのお米、8割増の2.4万トンに。銘柄PRに活用

  10. 武蔵野会朝霞台中央総合病院、移転建替が起工、施工は清水建設

アクセスランキングをもっと見る

page top