乾燥から凍結まで、路面状況を検知するIoTタイヤの可能性 16枚目の写真・画像

インバウンド・地域活性

タイヤから接地面の情報を収集、解析し、路面情報やタイヤの状態を把握するタイヤセンシング技術「CAIS」。ブリヂストンが世界初の実用化を発表(11月25日、東京・広尾)
《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》 タイヤから接地面の情報を収集、解析し、路面情報やタイヤの状態を把握するタイヤセンシング技術「CAIS」。ブリヂストンが世界初の実用化を発表(11月25日、東京・広尾)

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 【地方発ヒット商品の裏側】水管理システムとシートシャッター、その共通点とは? ……小松電機産業

    【地方発ヒット商品の裏側】水管理システムとシートシャッター、その共通点とは? ……小松電機産業

  2. 栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

    栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

  3. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

    狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  4. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  5. 堺市ほか、大阪モノレール延伸を府に要望、投資額2000億円超

  6. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  7. 都営青山北町アパート跡地開発、90メートルの高層ビルを含む複合施設へ

  8. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  9. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】大人の女性の本当の声を届けたい……COAKI

  10. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

アクセスランキングをもっと見る

page top