乾燥から凍結まで、路面状況を検知するIoTタイヤの可能性 15枚目の写真・画像

インバウンド・地域活性

タイヤから接地面の情報を収集、解析し、路面情報やタイヤの状態を把握するタイヤセンシング技術「CAIS」。ブリヂストンが世界初の実用化を発表(11月25日、東京・広尾)
《ブリヂストン》 タイヤから接地面の情報を収集、解析し、路面情報やタイヤの状態を把握するタイヤセンシング技術「CAIS」。ブリヂストンが世界初の実用化を発表(11月25日、東京・広尾)

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. リニア新幹線、南アルプストンネル最後の工区着工へ

    リニア新幹線、南アルプストンネル最後の工区着工へ

  2. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

    「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  3. 【地方発ヒット商品の裏側】鋳物ホーロー鍋の勢力図を塗り替えた「バーミキュラ」

    【地方発ヒット商品の裏側】鋳物ホーロー鍋の勢力図を塗り替えた「バーミキュラ」

  4. 水揚げ新鮮魚介が直接届くオーナー制度が登場! 漁業活性化へ

  5. 和歌山市の市民文化交流センター計画、和歌山城を意識した外装デザインに!

  6. 岐阜県庁舎整備、総延べ8.9万平米想定、16年度に設計プロポ

  7. 100km超走る! 埼玉県秩父市などで「トレイルラン」

  8. 東京都中央卸売市場の千客万来施設6街区整備・運営、万葉倶楽部に

  9. 【震災5年-これまでとこれから】日本学術会議会長・大西隆氏/過去の災害の教訓生かす

  10. 豊洲に高さ180mのマンション、東京ガスの現所有地に計画

アクセスランキングをもっと見る

page top