乾燥から凍結まで、路面状況を検知するIoTタイヤの可能性 12枚目の写真・画像

インバウンド・地域活性

タイヤから接地面の情報を収集、解析し、路面情報やタイヤの状態を把握するタイヤセンシング技術「CAIS」。ブリヂストンが世界初の実用化を発表(11月25日、東京・広尾)
《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》 タイヤから接地面の情報を収集、解析し、路面情報やタイヤの状態を把握するタイヤセンシング技術「CAIS」。ブリヂストンが世界初の実用化を発表(11月25日、東京・広尾)

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. リニア新幹線、南アルプストンネル最後の工区着工へ

    リニア新幹線、南アルプストンネル最後の工区着工へ

  2. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

    「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  3. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  4. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  5. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  6. 東池袋駅直上部の再開発、高さ125m、新たに二つの広場も

  7. 新国立競技場、屋根鉄骨工事に向け施工検証、始まる

  8. 名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

  9. 「MARK IS(マークイズ)」開発着工へ、福岡市内最大規模、18年秋開業

  10. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発、各社の戦略は?

アクセスランキングをもっと見る

page top