乾燥から凍結まで、路面状況を検知するIoTタイヤの可能性 12枚目の写真・画像

インバウンド・地域活性

タイヤから接地面の情報を収集、解析し、路面情報やタイヤの状態を把握するタイヤセンシング技術「CAIS」。ブリヂストンが世界初の実用化を発表(11月25日、東京・広尾)
《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》 タイヤから接地面の情報を収集、解析し、路面情報やタイヤの状態を把握するタイヤセンシング技術「CAIS」。ブリヂストンが世界初の実用化を発表(11月25日、東京・広尾)

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

    ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  2. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

    日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  3. 春日/後楽園駅前地区再開発、教育機関の開校などでランドマークへ

    春日/後楽園駅前地区再開発、教育機関の開校などでランドマークへ

  4. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  5. 斜陽産業に光! 多治見タイルのコト戦略

  6. 千葉駅東口地区の再開発、中央部に「グランドモール」配置

  7. 【地方発ヒット商品の裏側】海外アパレルも注目する世界一薄いシルク「フェアリー・フェザー」

  8. 大手町二丁目再開発、東京駅日本橋口で高さ日本一の大型開発が始動!

  9. 堺市ほか、大阪モノレール延伸を府に要望、投資額2000億円超

  10. 中国のクルーズ船に学べ! 船上にゴーカート

アクセスランキングをもっと見る

page top