乾燥から凍結まで、路面状況を検知するIoTタイヤの可能性 10枚目の写真・画像

インバウンド・地域活性

タイヤから接地面の情報を収集、解析し、路面情報やタイヤの状態を把握するタイヤセンシング技術「CAIS」。ブリヂストンが世界初の実用化を発表(11月25日、東京・広尾)
《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》 タイヤから接地面の情報を収集、解析し、路面情報やタイヤの状態を把握するタイヤセンシング技術「CAIS」。ブリヂストンが世界初の実用化を発表(11月25日、東京・広尾)

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ■ニュース深掘り!■改正風営法で変わる夜のインバウンド

    ■ニュース深掘り!■改正風営法で変わる夜のインバウンド

  2. 製薬会社のコールセンターに人工知能、電話の相手は「ワトソン」!

    製薬会社のコールセンターに人工知能、電話の相手は「ワトソン」!

  3. 愛知県小牧市で史跡センター建設。17年度着工へ

    愛知県小牧市で史跡センター建設。17年度着工へ

  4. 都営青山北町アパート跡地開発、90メートルの高層ビルを含む複合施設へ

  5. ふるさと納税返礼品でのお米、8割増の2.4万トンに。銘柄PRに活用

  6. 富山県ものづくり見本市――同時開催「コマ大戦」は田中精密工業が優勝

  7. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  8. 人工育成されたイセエビ稚エビの試験放流実施……三重県で調査目的としては国内初

  9. 札幌市内16年度の大規模建築計画/ホテル建設が増加

  10. ワイン以上に温度管理重要…中田英寿発案で日本酒セラー開発始動

アクセスランキングをもっと見る

page top