乾燥から凍結まで、路面状況を検知するIoTタイヤの可能性 8枚目の写真・画像

インバウンド・地域活性

タイヤから接地面の情報を収集、解析し、路面情報やタイヤの状態を把握するタイヤセンシング技術「CAIS」。ブリヂストンが世界初の実用化を発表(11月25日、東京・広尾)
《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》 タイヤから接地面の情報を収集、解析し、路面情報やタイヤの状態を把握するタイヤセンシング技術「CAIS」。ブリヂストンが世界初の実用化を発表(11月25日、東京・広尾)

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 8兆円のインバウンド市場を獲得せよ!~地域観光商品とB2B商談会~

    8兆円のインバウンド市場を獲得せよ!~地域観光商品とB2B商談会~

  2. 大分県がユニークなPR動画をまたも公開!今回はミュージカル仕立てのエンターティメント

    大分県がユニークなPR動画をまたも公開!今回はミュージカル仕立てのエンターティメント

  3. 造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

    造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

  4. 高い評価の新潟米「新之助」、強気の値段設定はおいくら?

  5. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  6. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  7. 宮崎県都農町、特産食材を生かした「キセキのレシピ」募集!

  8. 日本女子大学、目白キャンパス新図書館棟/設計は妹島和世氏

  9. 東芝大阪工場跡開発、スマートコミュニティ構想実現へ

  10. 日本油脂王子工場跡地開発、大型商業施設と共同住宅の建設へ

アクセスランキングをもっと見る

page top