乾燥から凍結まで、路面状況を検知するIoTタイヤの可能性 8枚目の写真・画像

インバウンド・地域活性

タイヤから接地面の情報を収集、解析し、路面情報やタイヤの状態を把握するタイヤセンシング技術「CAIS」。ブリヂストンが世界初の実用化を発表(11月25日、東京・広尾)
《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》 タイヤから接地面の情報を収集、解析し、路面情報やタイヤの状態を把握するタイヤセンシング技術「CAIS」。ブリヂストンが世界初の実用化を発表(11月25日、東京・広尾)

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

    狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  2. 品川駅周辺まちづくり、品川新駅やリニア開業で再開発が加速!

    品川駅周辺まちづくり、品川新駅やリニア開業で再開発が加速!

  3. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  4. 名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

  5. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  6. 九州ワイン人気上昇! 遊休農地を活用。特区を活用!

  7. リニア新幹線の「神奈川県駅」(仮称)、地下3層構造

  8. 福岡・ホークスタウンモール跡地の開発計画、メインは「MARK IS(マークイズ)」

  9. 阪神なんば線淀川橋梁の改築計画案。現橋西側に新橋梁を整備

  10. 中野駅ビル計画、見直し検討へ?

アクセスランキングをもっと見る

page top