乾燥から凍結まで、路面状況を検知するIoTタイヤの可能性 6枚目の写真・画像

インバウンド・地域活性

タイヤから接地面の情報を収集、解析し、路面情報やタイヤの状態を把握するタイヤセンシング技術「CAIS」。ブリヂストンが世界初の実用化を発表(11月25日、東京・広尾)
《ブリヂストン》 タイヤから接地面の情報を収集、解析し、路面情報やタイヤの状態を把握するタイヤセンシング技術「CAIS」。ブリヂストンが世界初の実用化を発表(11月25日、東京・広尾)

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  2. 仙台駅前/さくら野百貨店跡地利用、市が後押しへ

    仙台駅前/さくら野百貨店跡地利用、市が後押しへ

  3. 観光列車のトレンドは? 農村風景と地場産の農産物や食事が人気

    観光列車のトレンドは? 農村風景と地場産の農産物や食事が人気

  4. 【特別企画】訪日観光客2000万人突破と中小企業の生き残りを懸けた海外戦略[前編]

  5. 相模原市、「麻溝台・新磯野」土地区画整理事業で清水建設と近く仮契約

  6. 徳島上勝町から、地域産業活性化の原点を考える10の教訓

  7. 新宿住友ビル大規模改修、目玉は巨大アトリウム!

  8. 和歌山市駅前再開発、ホテルや図書館も

  9. 【規制緩和が生む新観光業:1】地方特化の通訳ガイドはじまる

  10. 渋谷区宇田川町計画(大規模複合ビル)、井の頭通りが変わるか?

アクセスランキングをもっと見る

page top