乾燥から凍結まで、路面状況を検知するIoTタイヤの可能性 5枚目の写真・画像

インバウンド・地域活性

タイヤから接地面の情報を収集、解析し、路面情報やタイヤの状態を把握するタイヤセンシング技術「CAIS」。ブリヂストンが世界初の実用化を発表(11月25日、東京・広尾)
《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》 タイヤから接地面の情報を収集、解析し、路面情報やタイヤの状態を把握するタイヤセンシング技術「CAIS」。ブリヂストンが世界初の実用化を発表(11月25日、東京・広尾)

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 月島三丁目北地区再開発、高さ約199メートルの超高層マンションを中心

    月島三丁目北地区再開発、高さ約199メートルの超高層マンションを中心

  2. 川越駅前にホテル建設、川越駅とデッキで接続/20年開業予定

    川越駅前にホテル建設、川越駅とデッキで接続/20年開業予定

  3. ~HJ HJ EYE:7~新しい「つながり」で始めるパブリックベンチャー

    ~HJ HJ EYE:7~新しい「つながり」で始めるパブリックベンチャー

  4. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  5. <シリーズ> 十年で6割超の市場を失った陶磁器産業 (課題編)

  6. 新さっぽろ駅周辺地区開発/大学や商業施設を開発

  7. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  8. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  9. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  10. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

アクセスランキングをもっと見る

page top