乾燥から凍結まで、路面状況を検知するIoTタイヤの可能性 5枚目の写真・画像

インバウンド・地域活性

タイヤから接地面の情報を収集、解析し、路面情報やタイヤの状態を把握するタイヤセンシング技術「CAIS」。ブリヂストンが世界初の実用化を発表(11月25日、東京・広尾)
《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》 タイヤから接地面の情報を収集、解析し、路面情報やタイヤの状態を把握するタイヤセンシング技術「CAIS」。ブリヂストンが世界初の実用化を発表(11月25日、東京・広尾)

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ~地方発 ヒット商品の裏側~女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

    ~地方発 ヒット商品の裏側~女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

  2. 阪神なんば線淀川橋梁の改築計画案。現橋西側に新橋梁を整備

    阪神なんば線淀川橋梁の改築計画案。現橋西側に新橋梁を整備

  3. ~田舎にもっと外貨を!:4~農泊参入の最大のチャンスは今

    ~田舎にもっと外貨を!:4~農泊参入の最大のチャンスは今

  4. 和歌山市駅前再開発、ホテルや図書館も

  5. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  6. 急速にFIT化するインバウンド市場。新しいタイプのバス商品が登場

  7. 相模原市、「麻溝台・新磯野」土地区画整理事業で清水建設と近く仮契約

  8. <シリーズ> 十年で6割超の市場を失った陶磁器産業 (課題編)

  9. ■ニュース深掘り!■DMOの課題は予算、その対応は?

  10. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

アクセスランキングをもっと見る

page top