乾燥から凍結まで、路面状況を検知するIoTタイヤの可能性 4枚目の写真・画像

インバウンド・地域活性

タイヤから接地面の情報を収集、解析し、路面情報やタイヤの状態を把握するタイヤセンシング技術「CAIS」。ブリヂストンが世界初の実用化を発表(11月25日、東京・広尾)
《ブリヂストン》 タイヤから接地面の情報を収集、解析し、路面情報やタイヤの状態を把握するタイヤセンシング技術「CAIS」。ブリヂストンが世界初の実用化を発表(11月25日、東京・広尾)

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 名古屋市が「ノリタケの森」開発で地区計画素案を受理、ノリタケら4社が共同提案

    名古屋市が「ノリタケの森」開発で地区計画素案を受理、ノリタケら4社が共同提案

  2. ~規制緩和が生む新観光業:1~地方特化の通訳ガイドはじまる

    ~規制緩和が生む新観光業:1~地方特化の通訳ガイドはじまる

  3. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

    成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  4. 渋谷駅近くの2大プロジェクトの名称、「渋谷ストリーム」と「渋谷キャスト」に

  5. 熊本地震で被災した阿蘇神社の復旧工事、楼門解体作業が大詰め

  6. 東京五輪組織委が有明体操競技場を新築へ

  7. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  8. 規格外の有機野菜を約3割安く飲食店に提供、廃棄野菜の再生に

  9. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  10. どうなる「もんじゃストリート」? 月島三丁目北地区再開発

アクセスランキングをもっと見る

page top