乾燥から凍結まで、路面状況を検知するIoTタイヤの可能性 3枚目の写真・画像

インバウンド・地域活性

タイヤから接地面の情報を収集、解析し、路面情報やタイヤの状態を把握するタイヤセンシング技術「CAIS」。ブリヂストンが世界初の実用化を発表(11月25日、東京・広尾)
《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》 タイヤから接地面の情報を収集、解析し、路面情報やタイヤの状態を把握するタイヤセンシング技術「CAIS」。ブリヂストンが世界初の実用化を発表(11月25日、東京・広尾)

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 仙台駅前/さくら野百貨店跡地利用、市が後押しへ

    仙台駅前/さくら野百貨店跡地利用、市が後押しへ

  2. ■ニュース深掘り!■改正風営法で変わる夜のインバウンド

    ■ニュース深掘り!■改正風営法で変わる夜のインバウンド

  3. 造幣局東京支局跡地開発、文化交流施設整備事業者を公募

    造幣局東京支局跡地開発、文化交流施設整備事業者を公募

  4. ~地元から日本を盛り上げるキーパーソン~地域プロデュース拠点となる道の駅、地方創生を目指す

  5. 羽田空港跡地開発、2020年の新しい街づくりへ

  6. 畳の復活へ追い風! 海外での“日本ブーム”が「TATAMI」を復権させるか?

  7. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  8. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  9. 「インバウンドというだけでは儲からない」/インバウンド・観光ビジネス総合展

  10. 8兆円のインバウンド市場を獲得せよ!~地域観光商品とB2B商談会~

アクセスランキングをもっと見る

page top