乾燥から凍結まで、路面状況を検知するIoTタイヤの可能性 3枚目の写真・画像

インバウンド・地域活性

タイヤから接地面の情報を収集、解析し、路面情報やタイヤの状態を把握するタイヤセンシング技術「CAIS」。ブリヂストンが世界初の実用化を発表(11月25日、東京・広尾)
《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》 タイヤから接地面の情報を収集、解析し、路面情報やタイヤの状態を把握するタイヤセンシング技術「CAIS」。ブリヂストンが世界初の実用化を発表(11月25日、東京・広尾)

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 東京23区で唯一大学のなかった墨田区、「i専門職大学」開学へ!

    東京23区で唯一大学のなかった墨田区、「i専門職大学」開学へ!

  2. 造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

    造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

  3. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

    世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  4. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  5. 11室の動くホテル、夜行高速バスの車両価格「い、い、いちおく!?」

  6. 千葉駅東口地区の再開発、中央部に「グランドモール」配置

  7. 那覇空港中長期構想、滑走路間にターミナルビル移設/旅客需要増加に対応

  8. 戸田建設がイチゴ栽培に進出。農業の6次化や住民参加も

  9. リニア新幹線、南アルプストンネル最後の工区着工へ

  10. 岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

アクセスランキングをもっと見る

page top