乾燥から凍結まで、路面状況を検知するIoTタイヤの可能性 2枚目の写真・画像

インバウンド・地域活性

タイヤから接地面の情報を収集、解析し、路面情報やタイヤの状態を把握するタイヤセンシング技術「CAIS」。ブリヂストンが世界初の実用化を発表(11月25日、東京・広尾)
《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》 タイヤから接地面の情報を収集、解析し、路面情報やタイヤの状態を把握するタイヤセンシング技術「CAIS」。ブリヂストンが世界初の実用化を発表(11月25日、東京・広尾)

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 西日暮里駅前地区再開発、JRと舎人ライナーのアクセス向上も

    西日暮里駅前地区再開発、JRと舎人ライナーのアクセス向上も

  2. 仙台駅前・さくら野百貨店跡地利用、市が後押しへ

    仙台駅前・さくら野百貨店跡地利用、市が後押しへ

  3. 日本油脂王子工場跡地開発、大型商業施設と共同住宅の建設へ

    日本油脂王子工場跡地開発、大型商業施設と共同住宅の建設へ

  4. 狙え、インバウンド需要…ホテル業界の事業戦略を追う

  5. 東京女子医大の足立区移転、高度医療提供できる施設へ

  6. 東京・晴海五丁目西地区の選手村整備、着手へ

  7. 札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

  8. 中部国際空港の複合施設、これまでに例のない新しい空間へ

  9. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  10. ■ニュース深掘り!■DMOの課題は予算、その対応は?

アクセスランキングをもっと見る

page top