乾燥から凍結まで、路面状況を検知するIoTタイヤの可能性 1枚目の写真・画像

インバウンド・地域活性

タイヤから接地面の情報を収集、解析し、路面情報やタイヤの状態を把握するタイヤセンシング技術「CAIS」。ブリヂストンが世界初の実用化を発表(11月25日、東京・広尾)
《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》 タイヤから接地面の情報を収集、解析し、路面情報やタイヤの状態を把握するタイヤセンシング技術「CAIS」。ブリヂストンが世界初の実用化を発表(11月25日、東京・広尾)

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 三菱地所がホテルと空港事業を強化/専門事業グループ新設

    三菱地所がホテルと空港事業を強化/専門事業グループ新設

  2. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  3. 8兆円のインバウンド市場を獲得せよ!~地域観光商品とB2B商談会~

    8兆円のインバウンド市場を獲得せよ!~地域観光商品とB2B商談会~

  4. 札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

  5. 川越駅前にホテル建設、川越駅とデッキで接続/20年開業予定

  6. 相次ぐ新設バスターミナル。FIT化進展への対応は十分か?

  7. 栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

  8. 東芝大阪工場跡開発、スマートコミュニティ構想実現へ

  9. 「フォーシーズンズホテル京都」がオープン、4年以内に沖縄も!

  10. 追手門学院、東芝大阪工場跡地に新キャンパスを計画

アクセスランキングをもっと見る

page top