【諏訪圏工業メッセ】求められる「価値を生む技術」! 部品メーカーには連携が必要 4枚目の写真・画像

インバウンド・地域活性

諏訪東京理科大学と諏訪産業集積研究センターの共同出展ブース。向かって左端は市川准教授
《撮影 高木啓》 諏訪東京理科大学と諏訪産業集積研究センターの共同出展ブース。向かって左端は市川准教授

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 富裕層インバウンドの法則その3

    富裕層インバウンドの法則その3

  2. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

    「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  3. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

    セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  4. 熊本桜町地区の大規模再開発、大型MICEのほかシネコンも

  5. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  6. 11室の動くホテル、夜行高速バスの車両価格「い、い、いちおく!?」

  7. 遊休物件のコテージが、シーズン稼働率9割を実現した理由

  8. 【着地型観光:4】アウトドア体験に日本文化の魅力をプラス!

  9. レンタルバイク、外国人富裕層を捉えて急成長!

  10. 険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

アクセスランキングをもっと見る

page top