偽造品を見抜く真贋判定用UHFラベル 1枚目の写真・画像

IT業務効率

真贋判定用UHFラベルは既に実証実験を終えており、その際には海外でも人気の高い日本酒の偽造品対策とトレーサービリティを実現するという目的で使われた(撮影:防犯システム取材班)
真贋判定用UHFラベルは既に実証実験を終えており、その際には海外でも人気の高い日本酒の偽造品対策とトレーサービリティを実現するという目的で使われた(撮影:防犯システム取材班)

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. サービス業のIT利用最前線!1  老舗旅館がタブレットで変革

    サービス業のIT利用最前線!1  老舗旅館がタブレットで変革

  2. 米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

    米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

  3. サービス業のIT利用最前線!4 利用者、事業者ともにハッピーな予約台帳

    サービス業のIT利用最前線!4 利用者、事業者ともにハッピーな予約台帳

  4. サービス業のIT利用最前線!2 話題の“IoTホテル”が東京進出

  5. 【ICTが変える高齢化社会:4】遠隔医療、シーズでなくニーズを

  6. ~ITで攻めの農業:2~年間売上100万円超、農家の太陽光発電

  7. サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:1

  8. 「大量積載化」「自律化」進む、ドローンの産業活用最前線!

  9. 東京メトロ、デジタルサイネージを活用したバス案内の実証実験

  10. サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:3

アクセスランキングをもっと見る

page top