偽造品を見抜く真贋判定用UHFラベル 1枚目の写真・画像

IT業務効率

真贋判定用UHFラベルは既に実証実験を終えており、その際には海外でも人気の高い日本酒の偽造品対策とトレーサービリティを実現するという目的で使われた(撮影:防犯システム取材班)
真贋判定用UHFラベルは既に実証実験を終えており、その際には海外でも人気の高い日本酒の偽造品対策とトレーサービリティを実現するという目的で使われた(撮影:防犯システム取材班)

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. サービス業のIT利用最前線!4 利用者、事業者ともにハッピーな予約台帳

    サービス業のIT利用最前線!4 利用者、事業者ともにハッピーな予約台帳

  2. ドコモのキャッシュレス決済サービス「d払い」が4月に始まる!

    ドコモのキャッシュレス決済サービス「d払い」が4月に始まる!

  3. LINEがインドネシア大手銀行と提携、モバイル決済取引サービスを展開

    LINEがインドネシア大手銀行と提携、モバイル決済取引サービスを展開

  4. ボッシュ、スマートシティでもやはりメインはモビリティ/CES 2018

  5. 【水産流通革命:1】多品種少量ニーズにITで応える

  6. 国交省、ICT土工の費用を事後精算可能に

  7. VWグループ、IT部門を拡大/デジタル製品の開発を強化

  8. 中部整備局、ドローン使い港湾施設の被災状況調査試験実施/ひび割れ・段差を確認

  9. 戸田建設、技研(つくば市)にAI搭載ロボット導入/施設紹介に活用

  10. 熊谷組ら、不整地運搬車の自動走行技術開発/省人化で生産性向上

アクセスランキングをもっと見る

page top