偽造品を見抜く真贋判定用UHFラベル 1枚目の写真・画像

IT業務効率

真贋判定用UHFラベルは既に実証実験を終えており、その際には海外でも人気の高い日本酒の偽造品対策とトレーサービリティを実現するという目的で使われた(撮影:防犯システム取材班)
真贋判定用UHFラベルは既に実証実験を終えており、その際には海外でも人気の高い日本酒の偽造品対策とトレーサービリティを実現するという目的で使われた(撮影:防犯システム取材班)

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 新潟県見附市が電線地中化で低コストモデル工事実施へ

    新潟県見附市が電線地中化で低コストモデル工事実施へ

  2. 米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

    米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

  3. 外食産業の生産性向上~テクノロジーを付加価値へとつなげるために

    外食産業の生産性向上~テクノロジーを付加価値へとつなげるために

  4. 日産リーフの航続距離が1.3倍に? 2016年米国モデル

  5. ドイツのボッシュ、IoTの可能性を紹介する新サイトを立ち上げ

  6. 熊本城の石垣撤去で遠隔操縦装置導入、自動化、自律化へ

  7. 屋内用ロボット介護機器、安川電機が発表

  8. オフロード法2014年適合の大型油圧ショベル――キャタピラー

  9. オーク情報システムが警備会社向け新システム開発、現場警備員の管理効率向上

  10. 路面下の劣化箇所、時速80キロ走行で3D情報を収集!

アクセスランキングをもっと見る

page top