偽造品を見抜く真贋判定用UHFラベル 1枚目の写真・画像

IT業務効率

真贋判定用UHFラベルは既に実証実験を終えており、その際には海外でも人気の高い日本酒の偽造品対策とトレーサービリティを実現するという目的で使われた(撮影:防犯システム取材班)
真贋判定用UHFラベルは既に実証実験を終えており、その際には海外でも人気の高い日本酒の偽造品対策とトレーサービリティを実現するという目的で使われた(撮影:防犯システム取材班)

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 【ITで攻めの農業:1】投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

    【ITで攻めの農業:1】投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

  2. 【中小工場のIoT化最前線:2】LCCを実現、武州工業の戦略とは?

    【中小工場のIoT化最前線:2】LCCを実現、武州工業の戦略とは?

  3. 【ICTが変える高齢化社会:4】遠隔医療、シーズでなくニーズを

    【ICTが変える高齢化社会:4】遠隔医療、シーズでなくニーズを

  4. 大断面山岳トンネル工事、月進270メートル達成!過去最長記録!!

  5. 【スマート林業:4】誰にでも開かれた「材木屋」

  6. 【中小工場のIoT化最前線:3】稼働状況も職員の体調も見える化!

  7. すばらしきドローン 現場はこう変わった!(整備・点検編)

  8. 【今流スマホ予約・前編】“スマホ→即予約”が外食を変える!?

  9. 着用型ロボットが活躍! 園地除雪がうぃ~んと楽に!!

  10. Skypeを利用したテレビ中継システム――動画中継コストが1/10に

アクセスランキングをもっと見る

page top