偽造品を見抜く真贋判定用UHFラベル 1枚目の写真・画像

IT業務効率

真贋判定用UHFラベルは既に実証実験を終えており、その際には海外でも人気の高い日本酒の偽造品対策とトレーサービリティを実現するという目的で使われた(撮影:防犯システム取材班)
真贋判定用UHFラベルは既に実証実験を終えており、その際には海外でも人気の高い日本酒の偽造品対策とトレーサービリティを実現するという目的で使われた(撮影:防犯システム取材班)

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 2018年の診療報酬改定、生き残りのカギはICT活用/国際モダンホスピタルショウ

    2018年の診療報酬改定、生き残りのカギはICT活用/国際モダンホスピタルショウ

  2. 準大手ゼネコンでインフラ点検ロボット開発進む、人力よりも効率的に作業

    準大手ゼネコンでインフラ点検ロボット開発進む、人力よりも効率的に作業

  3. 清水建設、地下水の流動を高度に解析する新技術!

    清水建設、地下水の流動を高度に解析する新技術!

  4. 新潟県見附市が電線地中化で低コストモデル工事実施へ

  5. タブレットを活用した小規模事業者の経営支援、広島で運用スタート

  6. 「Staple Pulse for HANJO HANJO」をご利用のお客様へ

  7. ニフティ、Wi-Fi経由で室内環境の見守りサービス

  8. 教育現場向けCodeMonkey日本上陸、管理画面で進捗管理

  9. ドル・元払いに対応、外国人特化の日本酒通販サイトオープン

  10. サービス業のIT利用最前線!7 “相席”したロボットの「居酒屋のおもてなし」

アクセスランキングをもっと見る

page top