ホンダS660のラインに導入された「1G装置」「インナー治具工法」を取材した 1枚目の写真・画像

インバウンド・地域活性

手作業エリア(写真手前)と溶接ロボットエリア(写真奥)。インナー治具で仮組みしたS660のボディがロボットエリアに運ばれ、スポット溶接が済むと再び手作業エリアに戻ってくる(7月23日、四日市市上海老町の八千代工業四日市製作所にて)
《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》 手作業エリア(写真手前)と溶接ロボットエリア(写真奥)。インナー治具で仮組みしたS660のボディがロボットエリアに運ばれ、スポット溶接が済むと再び手作業エリアに戻ってくる(7月23日、四日市市上海老町の八千代工業四日市製作所にて)

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 徳島上勝町から、地域産業活性化の原点を考える10の教訓

    徳島上勝町から、地域産業活性化の原点を考える10の教訓

  2. 千葉駅東口地区の再開発、中央部に「グランドモール」配置

    千葉駅東口地区の再開発、中央部に「グランドモール」配置

  3. 富裕層インバウンドの法則その7

    富裕層インバウンドの法則その7

  4. 仙台駅前/さくら野百貨店跡地利用、市が後押しへ

  5. 泉岳寺周辺地区再開発、「泉岳寺」も専門アドバイザーとして参加!

  6. 大阪城パークセンター、旧第四師団司令部庁舎はどう変わるのか?

  7. 富山の伝統工芸・高岡銅器がスペインのデザイナーとコラボ、“手で曲がる器”生む

  8. 観光地化、多様性、閑静さ…生き残る商店街、人気の秘密はどこに?

  9. 11月24日は「和食の日」

  10. 【回転窓】日本一人口の少ない町に…

アクセスランキングをもっと見る

page top