ホンダS660のラインに導入された「1G装置」「インナー治具工法」を取材した 1枚目の写真・画像

インバウンド・地域活性

手作業エリア(写真手前)と溶接ロボットエリア(写真奥)。インナー治具で仮組みしたS660のボディがロボットエリアに運ばれ、スポット溶接が済むと再び手作業エリアに戻ってくる(7月23日、四日市市上海老町の八千代工業四日市製作所にて)
《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》 手作業エリア(写真手前)と溶接ロボットエリア(写真奥)。インナー治具で仮組みしたS660のボディがロボットエリアに運ばれ、スポット溶接が済むと再び手作業エリアに戻ってくる(7月23日、四日市市上海老町の八千代工業四日市製作所にて)

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  2. “派手好き”インバウンド、演出の工夫を探る!

    “派手好き”インバウンド、演出の工夫を探る!

  3. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

    なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

  4. 虎ノ門・麻布台地区再開発、高さ330m複合ビルなど総延べ82万平米計画

  5. 【オリンピックと業界認証:4】タクシー業界編

  6. 「コメの文化」と我が国のバス事業

  7. ■ニュース深掘り!■DMOの課題は予算、その対応は?

  8. 自由成型したCF複合パネルで耐震補強……大成建設ら、トンネル補強技術を応用

  9. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  10. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

アクセスランキングをもっと見る

page top