飛翔音でドローンを検知――理経が米ドローンシールド社システムの販売開始 1枚目の写真・画像

IT業務効率

集積した音を解析し、データベースと照合してドローンの接近を検知する。センサーを複数箇所に設置して一元管理することも可能だ(画像はプレスリリースより)
集積した音を解析し、データベースと照合してドローンの接近を検知する。センサーを複数箇所に設置して一元管理することも可能だ(画像はプレスリリースより)

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 路面下の劣化箇所、時速80キロ走行で3D情報を収集!

    路面下の劣化箇所、時速80キロ走行で3D情報を収集!

  2. サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:1

    サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:1

  3. AIの未来、2030年には常識を備えた「執事ロボ」が!

    AIの未来、2030年には常識を備えた「執事ロボ」が!

  4. 準大手ゼネコンでインフラ点検ロボット開発進む、人力よりも効率的に作業

  5. 国交省が土木工事の積算基準を改定。ICT建機の経費上乗せ、「橋梁保全工事」新設

  6. 堀江貴文、IoT時代の経営語る!「色んなものを捨てなきゃ」

  7. 国交省・森昌文技監「既にオープンイノベーションの動きは始まっている」

  8. 米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

  9. アメリカから考える日本版シェアリングエコノミーの未来:前編

  10. 国産OSの灯は消えない――TOPPERSプロジェクト

アクセスランキングをもっと見る

page top