バックホールを無線化したアクセスポイント――インフラ工事不要のネットワーク 2枚目の写真・画像

IT業務効率

水平方向120度で16本のビームフォームにより、特定方向へ集中しての送受信が可能。電波干渉が少なく安定した広域Wi-Fiエリアを構築できる(画像は同社リリースより)。
水平方向120度で16本のビームフォームにより、特定方向へ集中しての送受信が可能。電波干渉が少なく安定した広域Wi-Fiエリアを構築できる(画像は同社リリースより)。

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. ~ITで攻めの農業:1~投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

    ~ITで攻めの農業:1~投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

  2. 【水産流通革命:1】多品種少量ニーズにITで応える

    【水産流通革命:1】多品種少量ニーズにITで応える

  3. 国交省、i-Con推進、ニーズとシーズのマッチングへ

    国交省、i-Con推進、ニーズとシーズのマッチングへ

  4. 大断面山岳トンネル工事、月進270メートル達成!過去最長記録!!

  5. サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:3

  6. 成長著しいカンボジアで日系IT企業がチャレンジする、屋内位置情報を使ったサービス

  7. ~ITで強い商店街を作る:4~地域カードで商店街の垣根を越える

  8. 【IoTツール最新事情:後編】中小経営者が今一番使いたいツール

  9. 農業・手作業だった誘引作業を簡単に行える機械が登場!

  10. 2018年の診療報酬改定、生き残りのカギはICT活用/国際モダンホスピタルショウ

アクセスランキングをもっと見る

page top