バックホールを無線化したアクセスポイント――インフラ工事不要のネットワーク 2枚目の写真・画像

IT業務効率

水平方向120度で16本のビームフォームにより、特定方向へ集中しての送受信が可能。電波干渉が少なく安定した広域Wi-Fiエリアを構築できる(画像は同社リリースより)。
水平方向120度で16本のビームフォームにより、特定方向へ集中しての送受信が可能。電波干渉が少なく安定した広域Wi-Fiエリアを構築できる(画像は同社リリースより)。

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 【中小工場のIoT化最前線:2】LCCを実現、武州工業の戦略とは?

    【中小工場のIoT化最前線:2】LCCを実現、武州工業の戦略とは?

  2. 着用型ロボットが活躍! 園地除雪がうぃ~んと楽に!!

    着用型ロボットが活躍! 園地除雪がうぃ~んと楽に!!

  3. 大断面山岳トンネル工事、月進270メートル達成!過去最長記録!!

    大断面山岳トンネル工事、月進270メートル達成!過去最長記録!!

  4. ロボスーツと疲労軽減ウエアを併用、重作業の負担軽減 竹中工務

  5. 【VRと中小企業:3】不動産の成約率を変えたVRプレゼン力

  6. 犬や猫の気持ちがわかるウェアラブルスーツが登場!

  7. リニア新幹線に向けて回転水平多軸式連続壁機を開発!

  8. 【中小工場のIoT化最前線:3】稼働状況も職員の体調も見える化!

  9. 農業・手作業だった誘引作業を簡単に行える機械が登場!

  10. 工事現場の「電子看板サービス」が登場、騒音・振動公開機能など搭載

アクセスランキングをもっと見る

page top