バックホールを無線化したアクセスポイント――インフラ工事不要のネットワーク 2枚目の写真・画像

IT業務効率

水平方向120度で16本のビームフォームにより、特定方向へ集中しての送受信が可能。電波干渉が少なく安定した広域Wi-Fiエリアを構築できる(画像は同社リリースより)。
水平方向120度で16本のビームフォームにより、特定方向へ集中しての送受信が可能。電波干渉が少なく安定した広域Wi-Fiエリアを構築できる(画像は同社リリースより)。

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. ~中小工場のIoT化最前線:1~見える化で生産性を向上!

    ~中小工場のIoT化最前線:1~見える化で生産性を向上!

  2. マイカーやめて自動運転タクシーへ、日本人の半数以上が選択の可能性

    マイカーやめて自動運転タクシーへ、日本人の半数以上が選択の可能性

  3. 木材を利用した3Dプリントサービスがスタート!

    木材を利用した3Dプリントサービスがスタート!

  4. 首都高速会社、IoTやAIの活用でインフラ管理を高度化。外販でフィービジネスも

  5. ドローンのモーターは中国製ばかり、ツカサ電工が防水・防塵で勝負

  6. ガラスに広告などの映像を投影可能…旭硝子「Glascene」

  7. 人型ロボット「Pepper」が会社の受付や顧客管理をこなす!

  8. 【動画PRの成功術:1】プロに学ぶ成功への5つのプロセス

  9. 全国初!銀行内に銀行が開設。横浜銀、東日本銀の立川支店に店舗

  10. 米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

アクセスランキングをもっと見る

page top