バックホールを無線化したアクセスポイント――インフラ工事不要のネットワーク 2枚目の写真・画像

IT業務効率

水平方向120度で16本のビームフォームにより、特定方向へ集中しての送受信が可能。電波干渉が少なく安定した広域Wi-Fiエリアを構築できる(画像は同社リリースより)。
水平方向120度で16本のビームフォームにより、特定方向へ集中しての送受信が可能。電波干渉が少なく安定した広域Wi-Fiエリアを構築できる(画像は同社リリースより)。

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. ~スマート林業:2~経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

    ~スマート林業:2~経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

  2. ~ITで攻めの農業:1~投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

    ~ITで攻めの農業:1~投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

  3. 世界初、花粉を作らないトルコギキョウ

    世界初、花粉を作らないトルコギキョウ

  4. 【3Dプリンターと製造業:3】企画・デザインはネットでワンストップ!

  5. 日本交通のタクシー、スマホ決済サービス「オリガミペイ」を導入

  6. デジタルものづくりの展示会「メイカーズバザール大阪」開催

  7. 中小企業向け指紋認証機能付きPC収納ボックス……マイナンバー対策

  8. サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:3

  9. 建築ドローン協会、将来的にはドローンスクールの立ち上げも

  10. サービス業のIT利用最前線!12 24時間スマホで把握、進化する介護付きホーム/アズパートナーズ

アクセスランキングをもっと見る

page top